またまたお久しぶりの更新です。(`◇´)ゞ

 

日本では「中国人のマナー違反」のニュース
(バラエティとしての映像)がやたらに

流されていますが、

 

深センでは、ここ数年で急激にマナーが

良くなっています。(^~^)

列の割り込みなどは、ほとんど見ないし、

特に地下鉄の乗降は、本当に楽になりました。

 

関連過去記事:

深センの良いところって何ですか? (2015-09-09)

 

深セン地下鉄が啓蒙する

「先下后上 (xian1 xia4 hou4 shang4)」

「先降り、後乗り」ができるようになったのですね。

 

日本のように、電車の混雑時にドア付近の人が

一度ホームに降りて、下車する人を通してから

また電車に乗るような芸当はできないですが。

 

※あれは、日本ならでは、だと思います。

用もない駅で一度電車を降りたら、ドアを

閉められて置いて行かれる可能性(リスク)

ありますからね…。(-。-;)

 

日本人が思っている以上に、中国人(特に若者)は

新しいことを取り入れるスピードが速いです。

 

--------------------------------- 

でも、エレベーターでは未だもってマナーが

悪い人が多く、イラッとすることがあります。(-_-#)

 

1階が最下階のエレベーターなのに、1階で

降りる人を待たずに乗り込んでくる!!(@_@;)

 

地下にフロアはないのだから、

エレベーターが1階に着いたら

乗っている人は全員降りるでしょ!ヾ(`o´)

 

降りる人を先に降ろした方が、

押し合ったり人にぶつかったりせず、

自分も楽に乗れるって思わないのかなぁ。

(; ̄_ ̄)=3

 

バスや電車がきちんと走っていない時代に、

「とにかく来たら乗れ!」的な考えが当たり前

なのは理解できるのですが。

 

そこそこ立派なビルにある会社に勤めていて、

そこそこきれいな服を着ているのに、

「我、先に!」が直らないのはホント残念…。

┐(´д`)┌

 

 ---------------------------------

そして、この「とにかく乗れ!」精神のためなのか、

単に注意力がないのか、

エレベーターが上に行くのか下に行くのかを

確認しないで乗る人も結構います。

 

とあるショッピングセンターは、地下1階のスーパー以外は

閑古鳥が鳴いているのですが、(店も少ないし人もいない)

私はときどき散歩がてらに(笑)エレベーターで

上まで行くことがあります。

(各階のフロアをうろうろしてからスーパーまで降りる)

 

1階で「△(上行き)」のボタンを押してエレベーターを

待っていると、スーパーに行くと思われるカートを

引いたオバサンが来て「▽(下行き)」ボタンを

押すのですが、上行きのエレベーターが来ると

私と一緒に乗っちゃう。(^o^;)

 

で、「B1(地下1階)」のボタンを押すものの、

当然エレベーターは上向きに動き始めて、

案の定「なにこれ、上行きなの?」とばかりに

騒ぎ出すんですね~。(*_*;)

 

これ、オバサンに限らず若い人でも、

上階のレストランに行こうとしたのに、
エレベーターが地下駐車場に着いて

「えっ!?」って言っている人も見ます。

すごくおおらか、なのかな…。(^_^;ゞ

 

ちょっとおもしろいと思うのが、普通行先の

間違いに気づいたら途中階のボタンを押して、

とにかくいったんエレベーターを降りますよね!?

(で、別のエレベーターやエスカレーターで

 目的階まで行く)

 

ほとんどの中国人は間違えたまま最上階(最下階)

まで行っちゃう。(笑)

(といっても上は5階、下は地下2階くらいですが)

よっぽど「途中で降りること」に抵抗があるん

でしょうか…。(=_=)

 

 ---------------------------------

これ↑は、まだ微笑ましい(?)話ですが、

やっぱりエレベーターでの困ったちゃん。


深センは高層ビル(30階くらい)が当たり前なので、

エレベーターも複数あって、止まる階が

分かれていたりするのですが。

 

1階(最下階)で

偶数階に止まるエレベーターと、

奇数階に止まるエレベーターのボタンを

両方押す人がいる!Σ(゜д゜;)

 

で、自分の目的でないエレベーターが来ると

「あ~あ、まだ来ない」的に一瞥するのみ。 

 

エレベーターに人が乗っていたならともかく、

空で無駄に移動されると、上の方で待っている

人には超迷惑なんですけど!\(*`∧´)/

 

 

エレベーターと呼び出しボタンの関係が

わかっていないのでしょうか…。(;一_一)

スマホは使いこなすのに、システマティックな

ものの考え方が全くないんですかねぇ。

 

特に今時のエレベーターは、各階や籠内で

押されたボタンにより、どのエレベーターを

下げるか上げるか、プログラミングされていると

思うんですけどね。

 

せっかくインフラや機械の性能が良くなっても、

利用者が使いこなせなければ、まったく

意味がないんだなぁ~、と実感。ε=(。・д・。)

(いや、私のスマホもそんなものだけど…)

 

---------------------------------

と、思っていたら、中国ローカルでは

もっとびっくりする事実が!Σ(゜д゜;)

 

ブログ村の「中国情報」ランキングでも常に上位で、
最近アメーバ公式ブロガーにもなった、

「中国の生活漫画を描いてる、りょう」さんの

大人気ブログです。\(^o^)/

 

エレベーターを呼ぶときに、

上と下のボタンを両方押す人がいる!!(・_・;)

 

お年寄りが機械が苦手な人が多いと言っても、

「△」「▽」ボタンの意味(使い方)がわからない

これはなかなか衝撃的でした。Σ( ̄ロ ̄lll)

 

日本は1964年の東京オリンピックの時に

英語が通じないためにピクトグラム(絵文字)を

開発したんだそうです。

(「非常口」のマークなどが有名)

車椅子←これも日本発祥。

 

日本は漫画やアニメの影響なのか、

絵やイラストが身近にあって、多くの人が

ピクトグラムやマークを理解し使っていると思います。

(携帯メールの「絵文字」もドコモが最初らしい)

ニコニコ←こんなのとか。(懐かしい)

(^o^;)←こんなものまで。(笑い+汗)

 

絵のイメージがわからない、

イラストが共通言語にならない、

となると、中国のエレベーターには中国語で

「上」「下」ボタンをつけなければならない!?

 

あ、でも中国は地方によって言葉が全然違うし…。

(上下の漢字くらいは同じかな)

説明書きを付けたところで、そんなの読む人

まずいないし。(笑)

 

って、決して馬鹿にしてるわけじゃないんですよ。

日本の常識ではまったく考えもつかないことが

広~い中国には山ほどあるんですよね…。(; ̄_ ̄)=3

(逆にそこに中国ビジネスのヒントがある…かも!?)

 

 

もしかしたらエレベーターの上下ボタンを

両方押したおばあちゃんは、単純に機械を

まったく信用していないだけなのかもしれない。

だから、いちいち人に聞くのかな~。(`∀´)

 

でも、エレベータが来て誰も乗っていなかったら

どうするんだろう…。

一人でエレベーターに乗って、機械と向き合って、

上か下かを判断するのでしょうか?(^o^;)

 

無人のエレベーターをやり過ごして、

「次のエレベーターに人が乗っているのを待つ」

に一票、かな…。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

---------------------------------

リブログの余談:

 

今回、アメブロの新しい「リブログ」機能を

使ってみました。

(以前から他のブログにある「トラックバック」に

 似たもので、自動的に記事や写真を引用

 できるもの!?)

 

ブログ記事の題名の頭に、リブログマークが

つくようです。

もしかして、元記事の題名を勝手に変えたら

まずいのかしら…。(;一_一)

 

トラックバックも良くわかってないのですが、

元記事の先様にご迷惑がかからないか、ちょっと心配!?

わかる人なら悪い使い方もできるようなので、

今までどおり単純なリンクにするか検討が必要なようです。

 

参考HP:

『アメブロを仕事で活用するためのアイデアノート』by松本さん

アメブロの新機能「リブログ」について調べてみました (2016-05-25)

 

 

 

 

 

↓にほんブログ村に参加しています。

たまぁにしか更新していないのに、

応援クリック本当にありがとうございます。m(_ _)m

りょうさん他、大人気の中国&深センブログも

こちら↑から。ヽ(・∀・)ノ

 

 

AD

コメント(6)