前回の記事で「自販機」の写真をたくさん

載せたのですが、

 

※読んでいない方は、先にお読みください~。(*^o^*)

深セン「自販機」写真館

 

フェイスパック(顔用美容マスク)販売機

中身がちょっと変わっていたようで、

今回よく見てみました。

↑右上2つは「LINE」のキャラクターですね。
ハングル語もあって韓国産のようです。
(1袋11元=約190円)

 

でも中国ってLINEは遮断されてて使えない

ですよねー。(;一_一)
このキャラクターって、なんだと思われてるの

かしら…。

 

左下の黄色いパッケージには

「Animal Tiger Wrinkle  Mask」とあって、

これって日本で1~2年くらい前に流行ったヤツかな?
パックシートに動物の顔や歌舞伎の隈取が

 印刷されていて、有名人がパックをした姿を

 SNSに載せたりした)

 

東京の流行が深センに来るまでには
1~2年かかるのね!?(`・ω・´)ゞ

 

みんな韓国製のものばかりかな…。
と下の方を見てみたら、あ、日本製品!?


↑中段の右側2つ、「贅沢ジュレのシートマスク」

とあります。

調べてみたら、日本の化粧品メーカーUtenaの

もののようです。

 

日本のネット上では3回分で500~700円
この自販機では19元=約320円!?

おかしいな~、と思ったら、箱から出して
1回分ずつ売っている
んですねー。(^o^;)

 

そういえば以前地下鉄で見かけた、大荷物を

運ぶ水客。(転売目的で香港から商品を運ぶ人)
カバンから大量の花王のフェイスパック

見えてましたが、箱から出されてました。(`∀´)

(箱はかさ張るし、潰れちゃうからねー)

 


安いものから高いものまで、なかなかの

ラインナップですが、やっぱり誰が何で

自販機で買うんだろう…と思っていたら、

 

この自販機を使っている人を見ましたよ!

Σ(゚Д゚≡゚Д゚)

↑20代前半とおぼしき女の子2人が
近づいて行きます。(・∀・)

 

↑腰をかがめて何か覗き込んでます。
何やってるのかな…。(・・?

 

↑モニターに表示されているスケール。
どうやら肌色、水分量、脂分量などの

肌質データのようです。(*_*;)

 

さっきの自販機を覗き込んだときに、
センサーでデータをとって分析するんだ!?(*'0'*)

 


↑そして当然、おススメのフェイスパックが

表示されます。


女の子たちは二人とも、この肌質チェックをして

笑い合っていました。(´∀`)
たぶん「やだ~、私、脂が多いわ~」

「私は肌ガサガサよ~」なんて言ってるんだろうなー。

(うん、女子はどこも変わらんね…)

 

二人ともおススメの中からパックを選んで、

まとめてお支払い。

現金も入るようですが、やっぱり当たり前のように

スマホの電子マネーです。 (^~^)


(中国版LINEペイのWeChatペイと、
 ネット通販(アリババ)などで多用されてる

 アリペイが使えるようです)

 

----------------------------

電子マネーの余談:

電子マネーと言えば、小銭を持ち歩く必要がない、

素早く支払できる、などが利点かと思いますが。

 

最近(ここ半年くらい)深センの大手スーパーでも

みんなスマホ払いなのだけど、準備が遅いので

(合計金額が出てからスマホをカバンから

 取り出して操作し始める)

支払いにむしろ時間がかかるのよ~。(-з-)

超のんびり中国人(華南人)…。( ´△`)

 

そしてもっと都会の上海では驚愕の事実が!?

参考web:『アジアビジネスなう』

中国人「石焼~~~きいも~」→wechat/アリペイ対応可
http://iyota.asia/imo/

↑移動販売も電子マネー対応が当たり前…。(@_@;)

----------------------------

 

この自販機も、ただただ商品を売るだけでなく、
肌質チェックといった遊びや話題を作る機能

備えているのですね。

ゲーセンで皆で心理テストゲームとかやって

盛り上がる感じと同じかな。

 

いやぁ、ホント中国都市部は進んでるわぁ~。

  ( ̄ー ̄)

 

北京の(上海説あり)地下鉄の中で
フェイスパックをし始めちゃった女性
は、

デートの前に、この自販機で肌質チェックしたら

「肌が汚い!」とか判断されて慌ててパックを

したのかも…!?

 

参考web:

【映像】 中国、北京地下鉄の車内で「顔パック」をする美人
www.youtube.com/watch?v=8im2yCGbe5k

↑しかも、パックをしたまま地下鉄を降りていく…。

Σ( ̄ロ ̄lll)
日本人の想像をはるかに超えるよ、中国人。

 

 

----------------------------

ちょっと前の自販機写真を見つけたので、

追加でご紹介。o(^-^)o

 

映画館の中(チケットを買うカウンターの横)に

ありました。↓(写真が暗くてスミマセン)

3Dメガネ販売機

日本でも3D映画って見たことないんで

知らないんですけど、(^_^;ゞ
日本ではチケット代にメガネ代も入っているらしい。

 

参考web:『TOHO CINEMAS』

よくあるお問い合わせ> 3Dメガネについて

http://help.tohotheater.jp/category/show/31

 

「次回3Dメガネを持参すると100円引き」

ってことは、メガネ代は100円だから、みんな

一律で簡素なものでしょうね。

 

一方、深センのこの自販機では、↓

男性用、女性用、子供用(男女)の区別が

あって、色もデザインも多くあるようです。

(折りたたみ式のものもある!)(^人^)

 

値段も10元~30元(約170~510円)

くらいと幅があります。

 

映画館の中は真っ暗なんだから、

色やデザインに凝ったって仕方ないじゃん、

というツッコミはさておき、Σ\( ̄ー ̄;)

 

人と同じものは嫌

少しでもオシャレをしたい!(子供にさせたい!)
という気持ちが伝わってきますね。

でも、オシャレな(?)3Dメガネをかけたまま、

外を歩いてそうでコワい…。( ´△`)

(っていうか、危険…)

 

 

関連過去記事:

深センほっこり写真館 (2015-11-28)

↑シリーズ(?)第1弾。かわいい写真を集めました。

【写真追加】続・深センほっこり写真館 (2015-12-08)

↑ようやく重要な写真を追加できました!(〃∇〃)

深セン「自販機」写真館 (2016-05-10)

↑同じ広東省のブロガーさんよりコメントで

「恵州は自動販売機は無いですね…」と言われました。
中国は、地域差も激しいです…。(>_<)

 

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。

クリックして応援よろしくお願いします~。m(_ _)m

 

 

 

 

 

AD

コメント(4)