離活(リカツ)の背景には? | 復縁屋・別れさせ屋 無料相談20年のACgroup 三島社長ブログ

復縁屋・別れさせ屋 無料相談20年のACgroup 三島社長ブログ

復縁屋 別れさせ屋ACグループ 無料相談アドバイス・助言集の三島ブログ 方法や料金、成功確率、口コミ評判、復縁屋の仕組み解説します 元彼氏彼女、夫妻(夫婦関係)との失恋浮気 既婚者の彼氏と奥さん不倫略奪愛 エーシーグループ成功の鍵・伝家の宝刀


テーマ:

離活…すべきか、見送るべきか?



『人生の再スタートを切るための、離婚に向けた活動』


それが、離活(リカツ)です。


離婚することは、決して悪いことではありませんが、


些細な問題を解決する努力もせずに、何かあれば離婚だ…という


低次元な夫婦トラブルを抱えているようではダメです。


●さまざまな努力をしてきたが、どうしても相性が悪い


●相手が浮気をやめない


●相手からの暴力がひどい


●人生をかけていいくらいの好きな人が、他にできてしまった


●離婚して、残された人生を謳歌したい


●離婚して、自分の才能を試したい


などなど、それ相応の大きな理由がない限り、離婚に踏み切るべきではありません。


夫婦喧嘩の延長で離婚しているようでは、次のパートナーを見つけたとしても、


同じことの繰り返しになってしまうでしょう。


離活(リカツ)は、


離婚を軽視する意味合いの言葉ではない のです。


あくまで、離婚できずに悩んでいた方や、離婚することで何かを変えたい方のために


離活があるのでしょう。


夫婦間から、『忍耐』という言葉を取り去ると、


そこには、お互いへの不平不満、自分本位な要求ばかりが目立つようになります。


それでは、夫婦の関係がうまくいくはずもありません。



激しく離婚したい思いがないのであれば、


そして、まだ離婚するということに迷いがあるのであれば、


焦って離婚する必要は全くなく、


逆に、自分自身や、これまでの夫婦関係を見直し、


新しい気持ちで夫婦をやり直すことも大切なのです。


つまり、一時の感情に流された形での離婚は避けるべきと言えるでしょう。



離婚することは、新しい人生を切り開くため“一つの手段”です。


離婚しなくても、新しい自分を見つけ、人生のターニングポイントを設けることもできるわけです。


リカツを考えている人でも、まだ、いくつかの道が残されているかもしれません。











復縁・別れさせ屋ミシマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス