招かれざる客

テーマ:

昨年末の暮れのことです。


私は、毎日仕事に明け暮れていました。


同居している息子一家は、大晦日から嫁さんの実家へ行くと聞いていたし


長女は、年末年始は、仕事が入っているようなので


我が家には、来ないみたいだし・・・


次女は、この1月に出産を控えているので我が家には、来ない予定でした。


このお正月は、子供達は、誰もいなくて夫と二人でのんびりと過ごせるはず?でした。


ところが、大晦日の前日に夫から


「お袋を連れてくるけどいい?」


とか言われてしまいました。しょぼん


お袋・・・つまり私にとっては、姑にあたる人です。


姑は、実の娘と暮らしています。


夫の妹の旦那様は、昨年の6月に癌でなくなってしまいました。


お正月は、喪中なので姑を我が家に送り込んできたのです。爆弾


いいも悪いも義妹が、そう決めたのだから仕方ありません。


私の意見なんて言える立場ではありません。


家を建ててからというもの姑は、もう何度も我が家で


お正月を過ごしています。


でも今回は、私達夫婦と姑との3人での年越しです。


嫌で嫌で仕方ありませんが、姑が長生きをしている以上は、


この生活は、延々と続くわけです。むっ


スーパーでの仕事は、年末は、特に忙しくて・・・・


朝8時~夕方6時頃まで仕事でした。


姑が、昨年の5月に我が家に来たときには、


「麺類・・・が食べられなくなった!」


と言うのです。


それをまた今回も強調して言うものだから・・・


麺類は、作っても姑には、出せません。パンチ!


でも・・・我が家では、大晦日は、年越しそばを食べると決めているのです。


でも姑は、そばを食べないというので別にご飯を用意しました。


ほんと・・・面倒くさいです。爆弾


ほんとなら夫と二人でのんびりと正月を過ごすはずだったのに


とんでもありません。


どうしてそんなに我侭が、言えるのでしょうか?


今までは、一緒に出かけた時には、


ラーメンやうどんやそばばかり食べていたのに


ここへきてどうして食べられなくなったのかは、不思議で仕方ありません。


それに姑は、他にも好き嫌いが、多いのです。メラメラ


焼き魚の  ぶりは、絶対に食べません。


それに  さんまも食べません。


食卓に出してもそれには、手をつけなくて残したまんまです。


我が家での姑の生活は、朝早く起きて座敷に座っています。


朝ごはんの支度が、出来てから姑に食べさせると少したってから


姑は、ベッドに入って寝てしまいます。


それが、お昼頃まで寝ています。ぐぅぐぅ


昼ごはんを作って声をかけるとそれをさっさと食べてから


またベッドに入ります。


そして夕方の5時ごろになると姑は、起きてきてテレビをみています。


晩御飯を6時ごろ食べるとその後は、少しの時間だけテレビを見て


7時ごろには、もうベッドに入って寝ています。


つまりは・・・食べて・・・寝る・・食べて・・・寝る・・・の生活です。


体のどこかが、悪いわけではないのですが、


とにかくよく寝ます。いえ・・・寝るばかりの生活です。ぐぅぐぅ


まるで生まれたばかりの赤ちゃんとおんなじです。


いえね・・・姑は、おむつをしているのであかちゃんと同じなんですが、汗


違うところといえば口が、達者だということです。


口うるさくいうのは、今までとなんらかわりありません。


寝てばかりいるのに食べるのは、きちんと食べるのです。


これがあと何年続くのでしょうね。しょぼん