いい×× 悪い××

テーマ:

書かないですねぇ。いやいかんいかんと反省ならサルでも出来るけれど。。



ということでいいせっくす してますか?ええ、唐突ですがやっぱいいせっくす をたんまりしなきゃいけないよね。ということでこのブログはしばらくいいせっくすの話に終始するでしょう。ほんとか?


せっくす は人間探究の旅です。

まずどんなにお互い話しをしても、なにか構えた壁があったりしてさ、人と人って遠いのよね。でも近づけるのがせっくすだったりします。

せっくすは言葉も越えられるんですね。もちろん言葉は大事です。でもせっくすは言葉より相手を思えるし、言葉よりさらけ出すんですね。肌をふれあうってのはそういうことです。元来個々の人間は散らばる星のように遠い存在。へたしたらすれ違うだけで気付かないくらい。そこをお互いの存在を認めて、お互いを共有して、快感にひたるなんて素敵。そうひたりましょう。せっくす中は構えたってしかたないんです。パンツ脱いじゃうんですから。

んじゃいい せっくす ってどういうの?悪いせっくすって?
ここからはWAKAの独断と偏見、調子のいい意見です。


いいせっくすは相手をみます。そして自分をみます。猿じゃないんだからやればいいってわけじゃない。お互いの存在を確かに感じます。バーチャルじゃだめだめ。
相手をみるっていうのは相手をいたわれるかってこと。ただの性の対象としてだけじゃなくてもっと深い人間関係を築けるか、築きたいか。

つまりもっとその人を知りたいか入り込みたいか。

あんまり深入りしたくない相手ならしないのが無難です。穴があれば入れたいとか何が何でもむしゃぶりつきたいなんてのは、実際つまらない。

人には色んな天秤があるはずです。たとえば金銭面で秤にかけたり優先度でかけたり。
恋愛でもそういう打算はあるでしょう。ちゃんと計るべきです。

一時の激情に流される、それも仕方ないかもしれませんが、いや流されないことです。後悔はどんなときも来るかもしれません。まぁ後悔なんてアホらしいと僕は思うタイプですが。しかし秤にもかけず考えもなしにしたことは、その後悔もひどいものでしょう。

僕はいろいろ計算して思います。「どんな秤にかけも抱きたかったのだからしかたない」


不倫にとって(僕は不倫なんて言葉くそっくらえなんだけど)、奥さん以外のせっくすはリスクだといえるでしょう。それは守りたいものとかの天秤ですね。もちろん、僕だって壊したくないものは壊したくありません。

だけどね、深く知りたくなったり共有したくなるような出会いがあるんだYO!僕の天秤は揺れます。ここで揺れなければ僕は決して先へ行きません。行ったということは、とびきりいい女だったんだからしかたない。


そして僕はいいせっくすがしたい。それはただやるんじゃなく、お互いをさらけ出し一方的じゃなく喜ぶ。僕はとくに女性が感じていくのをみるのが好きです。その前のお付き合いで人柄に惹かれてからのことです。ここまできたら僕はその女性が好きになっているのだから(好きじゃない人には天秤は揺れない。リスクをとりやしない)その人に目いっぱいの夜(昼の場合もあるがw)を与えたい。与えて僕も貰うのです。二人でなしえる。一人じゃないぞ。


いいせっくすは二人で築くのです。それまでの流れやなにかでお互いを知っていく。物理的なことを知り合うというのじゃなく、精神的なこと、存在という面で深く。

逆に悪いせっくすは一人で完結するせっくすです(おなにーはよい。一人で完結しよう)

AD

コメント(3)