夜のお菓子

テーマ:

なんか休みがちですねぇここ。いやはやカラダが弱いものでゴホゴホっ。



ところで、誰かの喜ぶ顔っていいですよね。そりゃ誰でもってわけじゃなくて、なんかまったく見ず知らずの人が喜び満面だとわけもなくムッとしてみたりして。ええ、世界平和までは考えておりません、心の狭いwakaです。


まぁ喜ぶ顔が見たいのはやっぱり自分が好きな人でしょ。好きな人に喜んでもらいたい。

んじゃどんな時に喜んでもらえるか。

プレゼントなんて喜んでもらえますね。特にツボを押さえたやつね。相手の喜ぶ顔を浮かべて選ぶといいね。

あと言葉だね。褒めたりさ。そこまでしなくてもほんの些細な言葉で喜んだ顔を見れたりするよね。そういう時はこちらも幸せだったり穏やかなときだ。


なんだか長くなりそうなのでこのへんで強引に今日のテーマに持っていくとですね、「夜の喜ばせ方」についてです。なんだそりゃ。

別に夜じゃなくったて朝だって昼だっていつだって喜ばせていいんですけどね、ふつうズバリを書きたくないときは「夜の~」って書きますものね。「夜のお菓子 うなぎパイ」とかね(うなぎパイの会社春華堂さん によると、そういう意味じゃないようだがどうだかね)。

ま、そんなことはどうでもいいんですがやっぱり愛し合ってるとき相手の喜ぶ顔みたいよね。え?見たくない?つうか興味ない?自分がよければ?そんなやつはチンコ切っちまえ!女性なら栓しちまえ!


僕はねぇ結構相手が喜んでなんぼってのがあってさ、相手が感じれば感じるほどこっちも感じるんですよね。興奮する。なんかオヤジくさいかもしんないけどさ、高校生のころからそうだったのよ、まぁ!

だからいろいろ研究したり(いや研究はオオゲサだけれども)、努力したり(いや努力もオオゲサだけども)日々磨いているわけですよ夜の寝技。

そのためには汗だくになったり、手指がつったり、腰痛が悪化したりしてもいいんですよ。もう、はぁはぁいってくれたりぴくぴくしてくれれば、幸せです。「すっごく気持ちよかった(はぁと)」なんて言ってもらえれば男冥利につきます。ね?喜び配達人でしょ僕。


だけどね、誰でもってわけじゃないのよ。誰にでも身を粉にするわけじゃありません。言ってるでしょ世界の平和までは求めていないって。

だから相手は好きな人限定。少なからず愛を感じる人なんだ。男の勝手な愛だけれどね。

してやりたい人にされたいのだな。「夜のお付き合い」は奥が深いのだ。


そういうわけで喜び配達人は今日も行く。


AD

東京砂漠

テーマ:
ハローハロー皆様お元気?つか、ちょっとサボってる間に誰もいなくなった?そうかそうか。

しかし暑い。もう誰もがそんなこと言ってたり書いてたりするんで改めて書きたくないんだけど書きます。暑い。
もうパンツにシミができそうなくらい暑いでんなあ。
という厳しい残暑のなか久々の更新です。生きているんだぞ、と。


そして今日はこんな殺人太陽光線を避けながら(いや、やられっぱなしでしたが)新宿で、ある美女とランチ。お誘いありがとうございますーwakaはお誘いに飢えております。

なんせこの太陽、あまり移動をすると命が危ない。それに美しい人を紫外線に曝すのは男としていかんと思って待ち合わせ場所のアルタ地下のイタリアンの店へ。ここは前にきたときまあまあ美味しかったので、と思ったのですがランチは3種類(パスタとカレーとあと何か、つうかイタ飯にカレー?)しかなくて選べねえよバカヤローと却下。面目丸つぶれ。いやこの店、夜はよいのよ、よかったのよ(あとで聞いたら今までランチはやってなかったんだって、しかしあれじゃあねえ)

そいでいきなり流浪の民。美女さんごめんなさい、夜は強いんだけどね(飲み屋ね)、昼は富士ソバくらいしか思い浮かばない。つうかせっかくなんだから調べとこうよ俺。
つうことで紫外線の中引っ張り回したわけですな、ダメな男です。地下行くと店が見つからん気がしてね。

結局伊勢丹の向こうまでいってやっばイタ飯屋。しかしランチ時はやっぱこんなもんなのね。
そいでパスタやピザを食べながらいろんなお話し。世間話から互いの恋愛話やら恋愛感やらだんだんセクシャルなお話まで。ええ真っ昼間のオサレなイタ飯屋、客もいっぱいですがなにか?
しかしあれですな、美女のセクシャルな話はいいですな、明るい内だとなおキキマスな。ぼきーん!一度お相手願いたい。つうか僕じゃ役不足って感じですけど。
いやいや色々勉強になりました、大人の世界を垣間見ましたー。

名残惜しかったのですが僕は仕事途中だったのでまたお誘い下さいと別れました。仕事場では飯食いに行くと言ったまま3時過ぎまで帰ってこない僕に「どこへ行ってたんすか!」
「いや越前までカニ食いに」と言ったんですがウケませんでした。季節外れだったか。



そして夜は熱帯夜、お湯の中をクロールするようでグッタリなんですがカラオケに連れていかれました(残念ながら美女とではない)。くそ暑いんだYO~!と言ってるのにサンボマスターの熱唱というか絶叫を聞かされますますグッタリしながら帰る電車でこれを打っています。という感じで更新遅れがちですが、またね。
AD

たまにはコメントから

テーマ:

下の記事のコメントから少し


「プラトンさんの愛」より

いやだなぁsaeさん、kotoriさん、男のロマンがわかってないなぁ。
プラットニックですって時代は。ヤッたら終わりだったりするのですよ(え?それは愛とは言わない?)

例えば贅沢は敵だった僕の幼少時はクリームソーダなんて食った(飲んだ?)ことなくて、もう欲しくて欲しくて頭んなかでとんでもなく凄いものとなってたんですね。寝ても覚めてもクリソばかりで父母はうるさいうるさいと意固地になって僕に食わせないわけです(なんて大人げない)。結局憐れに思った従姉がこっそりサ店に連れてってご馳走してくれたわけです。
ご対面したときゃ興奮しましたねぇ。初めて女の子の裸を生でみたときも(それは中学生の時だったけれども)なぜかクリームソーダご対面の時のあの瞬間を思い出したりして。
んで食ってみると案外拍子抜けだったりして。いや凄くおいしいんだけどさ、なんせ頭んなかで膨らみすぎちゃって、それについていってない。


つまり頭んなかにあるうちが一番キモチイイってことです。そうそのほうが寝ても覚めても相手を思ったりね。


あ、だからそれはプラトニック・ラブじゃないって!趣旨外れてるって!




「ホット チャイナタウン」より

津古さんに男子の平均回数ちゅうのをご質問されました。もちろんアレです。射精です(こらこらハッキリしすぎ)

コメントにも書きましたが一回でなのか週間もしくは月間なのでわかりませんがお答えします。と言っても僕は他の人の平均を調べたことなどないので、平均ではなく僕の考えです。


一回の、つまり一日の回数ですが、やっぱ1回ですな。2回の場合はなんか特別な場合じゃないでしょうか。久々会ったとか、まだその人とは初々しいときだとか。まぁ若いときは猿みたいに何度もしたこともありますが。

普段のせっくすはやはり日常なわけで、1発入魂(?)です。ガツガツしなくなったわけですね(老いたとかいうな泣)、だってせっくすは逃げませんもん。でも相手が欲してるときはがんばりますよー。まぁそれは愛の深度にもよりますが。


週間でとなりますと、気分は毎日でもオーケー(ええっと、相手が変わったりそういう気分転換があれば。。なんて書いてはいけない)。でもそればっかなわけにはいかなくて時間がないとか酔っ払っちゃったとか相手にも予定がありますし物理的にむり。平均2,3ですかね。奥さんとは2ですな。別に1とか2とか(こらこら。

参考になりましたか?え?平均が知りたい?んじゃお手がるに調べた。コレ

あれ僕は10代~20代前半よりがんばってるじゃん。

ま、会えないと出来ないし物理的要素が多いよねぇ。


で?津古さんは?



AD

プラトンさんの愛

テーマ:

さて最近プラトニックな恋愛にあこがれているwakaです。
はぁ?って顔しないでくださいよ。いいですねぇプラトニック。がつがつしないの。そう今そんな感じです。

いやいやプラトニック!うん時代はプラトニックだ。いいよねぇなんか精神的な結びつきっていうかさ、そういう関係も。たとえば文通とかさ、いやメル友つうかメル恋人でいいんだけどさ。お互いすこしづつ理解を深めて魂を高めちゃったりしてさ。よりよい自分になれるかも。

ガマンできるかって。違うんですよ、プラトニックっていうのは耐えてするんじゃないんです。ガマンなんかいらない、もっとほら純粋なの。肉欲に突き動かされて恋愛するんではなくて、相手の人格を尊重し精神を愛していくわけですよ。知れば知るほど愛しくなるし、絆も深くなる。
・・・・・でもお互い好きになったらしちゃうよね。肉体はあるし大人だし。

それでは遠距離のほうがいいね、手ぇ出せないからさ。
すると悶々とするんですよねぇ。ああ、それもいいかも。想像力が逞しくなって。そんで自分を慰めちゃったりして、その時相手を思いますね強く。もうあんなことやこんなこと想像しちゃったりして。はぁはぁはぁ。

す、するとさぁお互い会ったときそれこそ魂の開放、もしくは魂の結合でもうそれは激しく激しく求め合っちゃうわけですよ。もうそれこそオールナイトロング!もう思いのたけを肉体にぶつけあうわけ。快感ぁぁん。
あれ?なんかズレた。プラトニックじゃなくなった。なんで?


しょうがないんです、なんせすぐおっ立っちゃう僕ですからねぇ。ガマンなんかできませんよ。

でもあこがれるなぁプラトニック・ラブ。

どう?


千年ブログ

テーマ:

また一つの僕のよく行くブログがなくなりました。ここんとこ5個なくなりました。
やっぱなんか寂しいですよね。急に空間があいたみたいで。


ブログってへんなもんですよね。ほぼ毎日更新されたりして、それを読んでいると何となくその人を知った気になったりして。でもほんとはなんも判っちゃいないんですよね。顔だってわかんないし、いま本当に幸せなのか悲しんでいるのかそれだってわかってないことが多い。


それは雑踏で誰かと擦れ違うのと同じかもしれない。一瞬心に何か引っ掛かっても、それはすぐ見えなくなって追い掛けるすべはないし、忘れてしまう。
それは気楽な関係だ。ちょっと暇潰しにマンウォッチングしたような。それはちょっと時間潰しに声をかけ世間話をしてみたような。でも寂しい気もするね、しょもないけど。
無数のブログが立ち上がって無数のブログが閉鎖してくんだろうなぁ。




話し変わって恋愛してます?


永遠に君を愛せなくてもいいか

十字架の前で誓わなくてもいいか

守れそうな約束と気の利いた名セリフを

今考えてるところ


という感じなのいいかげんさ満載なんですが、それでもいいと言われたりするとなんつうかフラフラします。

ええフラフラっす。だめぽ。


いいんだよと開き直り。この世が終わるまで恋をしまくるんだ。


思い出す 忘れない
僕はずっと君の事考えてるところ



浮上中

テーマ:

ええ僕は自他共に認める単純バカです。

ええすっごく単純だなぁと思います。どんな落ちているときだって女性に食事に誘われると嬉しいのです。それだけで元気なwakaになったりしてね。


でも今日は誘ってもらったのですが都合がつかなくって残念でした。でも、誘ってもらえたってだけでなんか気分が転換されたっていうか感謝ですよ。


普段は誘うほうなんですが落ちてるときはダメですよね。誘えない。これ以上のダメージとか地雷とか踏めないなんて身構えちゃってね。


いつか行きましょうねきっとですよ。ってその人ココ読んじゃいませんがね。きっと読んだら行ってくれないだろうなぁ。ぐすん。

下心(そんなに)ないんだけどなぁ。ちょっと癒されたいだけなのよ。


なんでこんなに単純なんだろう。でも単純バカって言われるとかっとするんですがね。


みんみんみん

テーマ:

午前中忙しく過ごしました。そして休憩。まったり。


最近はですね、忙しくするのがマイブームです。いや、忙しぶりっこをするのが。

無闇矢鱈に仕事のスケジュールをいれます。ええ、たまにミスってブッキングしたりして。

それとバーベキューだの納涼飲み会だの暑気払いだの海だの旅行だののイベントをところ狭しと入れています。

でも女関係はおとなしいもんです。メールのやりとりくらいはしますが。

Mちゃんともなんとなく会う気になれません。いやお誘いもないしね。あってもどうだろ?

なんつうかYKが旅立ってからバランスが崩れたっつうか、Mちゃんに会うのもどうかなぁって思っているのよ。それに前に書いたみたいに彼女も変化してるしね(7月のブログ参照ね)。

僕らはセミだから羽化して抜け殻すてて飛び立たなきゃあかんのよ。そうよ。きっと。


勝手なこといってますが、バランスとはそいうい微妙なことなんだな。そして誰も悲しまないってことがせめてものいいことなんだ。そして僕は空気だ。ずるいな。


旅行ボケ

テーマ:

帰ってきましたよ。ちょい疲れました。いや疲れたなんてやだな。年寄りくさくなったみたい。


さていろいろですがどーなんでしょう?どうなんでしょうなんていきなり聞かれてもねぇ皆様困るでしょうな。

いやほら、なんつーかさ・・・ちょっと腑抜け状態ですの。

なんつーかさ、」筆が進まないなんてもんじゃない(文豪かよ)。


つうことでどう腑抜けなのかは追々書こうかとかどうしようかとかそんなところ。寝てから考えます。

夢三枚

テーマ:
さて僕は旅行などでまったく知らないとこで寝ると、やたらわけのわからない夢をみます。
普段も夢を見るほうですが(夢見がちな男なので)いつもはお馴染みのやつです。
ところが環境がかわると「なぜ!?」っていうようなやつばかりを立て続けに見ます。

僕はなぜか警察官の新人研修をしています。一緒に研修を受けている新人は5人くらいいて中にはボブ・サップばりのごっつい黒人ややたらキレイだけどなにか企んでそうな女性とかいます。
まずやることは拳銃ひとつ持たされ犯罪者がいっぱいいる夜の街にほうり出され無事帰ってこいっちゅうやつでした。
ほんとになんだそりゃって感じですが、僕は一生懸命抗議しています「ちょっと待て!拳銃の使い方を教わってないぞ!」
・・・気付こうよ夢だって。

それで街中はマフィアばかりなので激しく緊張感のある夢になるわけです。寝てるのに疲れる。
そのうちキレイだけどなにか企んでそうな女性とネンゴロになってみたり、その女性がマフィアのボスの娘だったりボブ・サップが襲って来たので必死に撃ち倒したり(なかなか倒れないんでほんとびびったよ)、とってもハードボイルドでした。
結局マフィアのボスがいい人で心服して警察に反旗をひるがえすんですけどね(いったいどんな話だ・・・)

そんな壮大な夢を見て起きてもまだ4時。
ぐったりしながら寝直すと今度はなぜか渋谷の人ごみの中で官能小説を朗読させられてるの。ほんと誰に何の為読まされてるのかわかんないんだけれど、かなりエロ度の高いやつを恥ずかしさに死にそうになりながら。どーやら3Pもの。後ろから前から。
どっひゃぁ~みんな見てるよ~。というアホな夢。アホ夢2本立て。

う~ん旅はいいなぁ。