井上日徳
  • 13May
    • I.DO.I ライブです!

      5月20日(金)下北沢WAVER I DO Iで出演します!出番20時くらいです3年ぶりのライブ 是非聴きにきてくださいご来場の方には感謝の気持ちを込めてロゴ入り除菌ウエットティッシュをプレゼント!しっかし、長いブランクでした2019年のライブ以来です。その間、「地球」「汚れたダイヤモンド」をリリースして、けっこう立派なMVを作りましたさらに昨年は、問題作「百戒」「現実を見たくない男の唄」「Another World」「眠りましょう」6曲もリリースしてましたそして、間も無く11曲目となる新曲をリリースします音楽作りの進化がうかがえる曲になりましたコロナで混沌とした中、逆に創作意欲が湧いて一心不乱に作っていましたAbleton LiveというDAWを使うようになったのも大きかったですね今回はドラムに齋藤たかしくんをゲストに迎えますジャズフュージョン系のテクニカルなプレイを取り入れてI.DO.Iのサウンドと融合する試みです80年90年代、洋楽のポップスではジャズフュージョン系のドラマーを起用することが多かったのですニックカーショウでのサイモン・フィリップスピーター・ガブリエルでマヌ・カッチェスティングではオマー・ハキム最近ではTOTOでキース・カーロックだったり典型的なロックドラマーではないプレイが聴けますそんなかんじの解釈で生ドラムを入れてライブをやってみたいと思ったのですいずれ録音物で残したいですね私もコロナの3年で3つも歳を食ってしまいましたこれからどうなっていくのかわかりません突然病気でぶっ倒れて終わりかもしれませんでも、今を生きていますやれることをやりますライブ、お待ちしております音源も各配信会社で聴くことができますし、ダウンロード購入もできます。どうぞよろしくお願いいたします!!

  • 13Feb
    • SNS

      Twitter, Facebook, Instagram,とアメブロをやってます。Facebookは知人限定にしているので、目に付くところはTwitterだと思います。何かきいてみたいことなどあれば、お答えしたいです。でもアーティスト関連は難しいかなー自分のことはいいけど、アーティストとのやりとりなどはほぼ不可だとおもいます。世話になった方々に泥を塗るような暴露話もアウトですね〜良い話ならいいかもですが、プライベートなことは無理でしょうね。大して世話にならんかったやつは暴露してやる(笑)曲作りのことや、ミックスやマスタリングのこと。機材のこと、仕事の進め方とか、経験値で語れることであれば書けるとおもいます。コメント欄やTwitterのメッセージでどうぞ。また作曲、編曲、プロデュース、MIX、マスタリングなど仕事の問い合わせはメールにてPOWER MUSIC RECORDS infogate-of-kaminari-project2016@ab.auone-net.jpまで、どうぞ。

  • 25Jan
    • 鉄道ネタの画像

      鉄道ネタ

      旅に出た時に撮った鉄道の動画がYoutubeにあがってます。まだ短期間にも関わらずアクセスがありました。ちょーしに乗って、本拠地だった田端機関区の動画をアップしました。【田端機関区】の周辺を歩いてみました小、中学の頃、よく通った田端機関区(現田端運転所)の周辺を久しぶりに歩いてみました。以前とは車両も全く変わってしまいましたが、建物や配線は残っているものもあってうれしかったです。ご一緒に散歩に付き合う感じでご覧ください。音楽家ですが、鉄道はかなり好きです。メカが好きです。やや長めですが、どうぞ!youtu.be家庭や学校が殺伐として中で、鉄道は癒しでした。ほんとに田端機関区で働きたかったです。交直機の屋根上の碍子が並んだ姿が好きでしたね。今ほど情報が無かったし、写真もフィルムカメラだったので残ってる枚数も少ないです。お金なかったのでフジのネオパンとかモノクロフィルムもよく使ってましたね。カメラは親父に借りたCanon FTb50ミリのレンズで、f値は1.4後にお小遣い貯めて、質屋にあったCanon純正の135ミリの望遠を買いました。これはうれしかったですね。でもほんとは200ミリが欲しかった。鉄道雑誌には、素敵な写真がたくさんありました。そこから自然と構図や絵作りを学んだ気がします。動画はまだまだですけどね(笑)これまた変なとこですが、電車はあまり興味わかないんですよ。同じ音楽でも好みがあるように、鉄道でもそうなんです。機関車がダントツにいいですね。蒸気も電気もディーゼルも。離婚した父親が汽車会社で設計技師をやっておりました。専門は内燃機関だったみたいです。ほとんどの設計を任されて製造された機関車が落成されて、砂町の工場に見に行きました。それがこれです。秩父鉄道で稼働していたようです。連結棒が付いていて、粘着性は高そうです。砂町の工場には製造中のブルートレインや新幹線車両もありました。子供には強烈な刺激で、鉄道に取り憑かれました(笑)家が上野駅、鶯谷駅が近くだったのも影響が大きかったと思います。車両の図面を見るのも好きですね〜長年封印してきたのですが、業界にけっこう鉄がいらっしゃいまして引きずりこまれました。

  • 16Jan
    • 表と裏

      SNSで何かやろうとするといいところを見せようとするのが、大半だと思います。自分もその一味ではあるわけで。でもねー、自分の嫌な面も知ってるわけだしブチギレることもあるわけですよ。全部放り出して消えちゃおうかなーとかね。綱渡りも、ずっとやってるといつか疲れて墜落しちゃうよ。未だ地に足が着いてるかんじがしない。音楽屋ってめんどくさい。前は楽しかったけど。音楽作ってるときはいいんだけどそれ以外はなんだかダメだ。

  • 22Oct
    • 価値

      自分の価値みたいなものを意識するとあれしなきゃ、こうでなきゃとか背中にどんどん荷物が増えてくる感じがします。しばらく前にそういうものを一旦横に置いたら楽になりました。課された事をただ最大の効果になるようにってことだけ考えるようにしました。淡々とやるというのは違うんですよ。雑念が無く音に集中するかんじですかね。で、こんな時代ですから、いつ引退でもいいかなんて思ってたら、「あー価値があったのかもなー」って思う事がありました。ありがたいです。この仕事のめんどくさいところは、「仕事が多い」とか「ヒット曲」とか「有名人とつるんでる」とかで評価されちゃうことでしょうか。重要な物差しだとは思いますけど、長年この中にいるとそこに重きを置いてる人とはソリが合わないってことがわかりました(笑)自分の能力とガチで向き合ってる人とは、波長が合いますね。「ビジネス」の話しか興味ない人もいるんですよ。そういう人は音楽業界から出て行ってほしいですよ。安く作って大きな利益って。日本の音楽業界ってなかなかヘンテコになっちゃったので自分がいた業界とは違ってきてるとは思います。時代は変わるんですよね。そんな中、仕事をさせていただいてる事に感謝です。

  • 09Jul
    • たね明かし

      AnotherWorldの音作りについてリフとかの右Chはファズのギターで、左は実は歪んだシンセブラス。ベースもシンベ。リズムはAbleton Liveで作ったものを移植してProtoolsHDXでダビングしていった。ガシガシ音を録っていくにはProtoolsHDXが最強だなー。ミックスもそのまま行ったんだけど、Liveに転送してミックスしてもおもしろかったかも。コンプが独特でいいんだよね。もしかしたらデジタルのリニアな特性なのかもしれないけど。なんだか洋楽の音になるようにおもう。コーラスは自分なりのやり方があります。ラインに並行なハモはよくあるネタだけど、自分の場合、思いついたラインをまずとってそれにたいしてまた思いついたラインを上でも下でも足していく。並行ではないことが多いです。主旋律に誠実である必要はなくて、コードトーンでいくこともあるしそこから派生したラインを元に重ねることもある。良い結果、面白い結果になれば大成功。アレンジもそんなかんじ。理論で縛られてるとあたりまえのものしかできないよ。

  • 08Jul
    • I.DO.I 「Another World 」リリースしました!!

      本日、新曲をリリースしました!各配信サイトでどうぞ!spotifyだけなぜか配信が遅れております〜またまた好きに作ってしまいました(笑)どうぞ聴いてみてください。爆発的な曲を作ってみたかったので「Another World」が出来ました。何か吹っ切れたかんじの詞です。そういう気分で書きました。動と静の対比がおもしろいです。リズムが強い曲の中にやさしいサウンドを入れてみたいとおもって「眠りましょう」を作りました。聴いてると眠くなります(笑)後半、音が広がっていくのが好きです。コロナ以後にリリースした曲が4曲。早くライブで演奏してみたいです!どの曲もそうなんだけど理想はZeppみたいな大きいとこで鳴らすとかっこいいだろねーまだまだ作りますよ。I.DO.Iの「Another World - Single」アルバム・2021年・2曲music.apple.com

    • I.DO.I 「Another World 」リリース!

      本日、新曲をリリースしました!各配信サイトでどうぞ!spotifyだけなぜか配信が遅れております〜またまた好きに作ってしまいました(笑)どうぞ聴いてみてください。爆発的な曲を作ってみたかったので「Another World」が出来ました。何か吹っ切れたかんじの詞です。そういう気分で書きました。動と静の対比がおもしろいです。リズムが強い曲の中にやさしいサウンドを入れてみたいとおもって「眠りましょう」を作りました。聴いてると眠くなります(笑)後半、音が広がっていくのが好きです。コロナ以後にリリースした曲が4曲。早くライブで演奏してみたいです!どの曲もそうなんだけど理想はZeppみたいな大きいとこで鳴らすとかっこいいだろねーまだまだ作りますよ。I.DO.Iの「Another World - Single」アルバム・2021年・2曲music.apple.com

  • 13Jun
    • I.DO.I シングル

      媒体が増えてしまって、更新が滞り気味ですみません〜I.DO.I の次の一手はシングルリリースです。2曲入りでタイトルは「Another World」。カップリングはなんだか寂しいかんじの曲です。いろんなタイプの曲が出来て面白くなってきました。7月7日リリースです。Spotifyのプレイリストに入るには3週間以上前に入稿したほうがいいとかいうのがありまして、以前のようにできるだけ早く出すのはやめてます。かといってぜったいプレイリストに入るわけじゃないんですけどね〜

  • 28May
    • I.DO.I 「地球」MV 完成しました

      2020年にリリースした「地球」のMVを制作しました。今まで、映像作品はすべて自分で作ってきましたが、今回は相方ぐっしーの紹介で 映像クリエーターのSEMIOさんに依頼しました。自分とは違う発想で作られるものを期待していましたら、とても良い作品ができました。 詩の内容を汲んだ映像になっています。いつも、自分自身の映像は少なめですが、この作品では「誰が歌っているのか主体をはっきり示そう」と思いまして、ロケを行いました。テレもありますが、このような絵があることで、しっかりしたMVになったと思います。 とても寒く風が強い早朝に撮りました。現在10曲目の作品を制作中です。 9曲目と合わせて、シングルとしてリリースします。 こちらもお楽しみに。まだまだ曲を作っていきます。 コロナが明けたら、たくさんライブをやりたいと思っています。「いいね」と「チャンネル登録」お願いしまーす!(ユーチューバーみたいだ)

  • 15May
    • 山の時計の画像

      山の時計

      昨年夏から登山を始めたわけで。釣りにハマってたころに買ったCASIOのPRO TREKを電池を自分で換えて、接点を磨いて復活させました。1996年型のPRT-40っていうやつです。まだまだイケるじゃんって思ってたんです。でもね、温度の表示もずれてるし、高度も合ってるようなそうでもないような。最近はどんなのがあるのか調べたら. . .かっこいいのがたくさんあるー!!PRO TREKもそうなんだけど、GARMIN, Amazfitなど。こりゃ迷いますなー。どうやら温度計は体温の影響があるので別に用意したほうがいいみたい。GPSは電池の消耗が早くなるそうで。まあGPSはまだどれもイマイチらしいのでiPhoneでいいかー今の技術と体力じゃそんなに長期になることもないだろうし。高度はけっこう見ます。そうなりゃ高度と見易さとかっこよさですかね。いいなー、ほしいなー。こういう道具探しも登山の楽しみです。あ、財布も山用を探してます(笑)Amazonでほしい物リストがそんなものばかりになってます。もっと脚力と体力を付けようということでウォーキングをせっせとやってます。この前は青梅から奥多摩まで20キロ歩きました。御岳とかあるけど、登山道が混んでるかなーと思って登るのはやめました。しばらく前からの取り組みで体重減りました。これから梅雨に向かうので、歩く機会が減っちゃいそうです。でもなー、解除されたら、多少雨でも山行っちゃうかなー。ぼんやりと長距離を歩いてると曲のアイディアも整理できたりします。新しい発想も出てきます。山だけじゃなくて、ただ歩くのも良いです。

  • 19Apr
    • 変化の画像

      変化

      山に行くようになって普段の生活も変化しました。ウォーキング。10キロ〜20キロ。同じところじゃつまらないので、電車で移動していろんなところに行きます。最近は鉄道の車輌基地をポイントにすることも。鉄道好きだからね〜新鶴見機関区、田端機関区も行きました。田端機関区は子供のころから行きつけ。でもギター始めてからブランクがあって、15年前に一度来て以来かな。国鉄時代の車輌が残っていてうれしい。全検明けなのか、足回りもピカピカの2両。双頭連結器のついた139号機は、初めて間近にみました。EF65もぴかぴか。できれば全検のときに白ゴムにしてもらいたかったな。国鉄色がうれしいです。昔は、この脇の踏切でカメラ持ってると、機関士さんが「上がってきなよ」って、運転台にあげてくれたこともありました。のどかな時代でしたねーあの頃EF15、EF58、EF80もたくさんいましたね。81は新鋭で数が少なかったです。向こう側は新幹線が通る前は、貨物の操車場で、二軸貨車をはじめ往年の貨車がたくさん止まっていましたね。尾久の電車区には、離脱した185系もありました。昔は485系や583系、ブルートレインの客車が大量留置されていて、ワクワクする場所でした。国鉄車輌がどんどん減って寂しいかぎり。正直、音楽に進んでなかったらここで働いていたとおもいます。週に一度は入谷から自転車こいできてました。またウォーキング兼ねて、癒やしに来ようとおもいます。音楽家のブログとは思えない(笑)

  • 18Apr
    • 新曲その2

      何が良いって。成り行きで作ったところ。漠然と「ビートがきいた」とか「パンチある」とかじゃなくて落ち着いた音もつくってみたい。それをAbleton Liveでやってみたらどうなんだ?って。好きで聴いてる洋楽ってそんなに歌のバランスが大きくないし言葉もはっきりわからないくらいぼやけてるのもあって。そういうのを作ってみようってことでやってみた。I.DO.Iはあれこれアピールするけど、見向きもされずここまで来てる。でも、音を残したり、映像作りも自分の感性を残す意味では重要。シンセの音作りは好き。80〜90年ってシンセが最も発達した時期で、かなり影響を受けた。そこを攻略することが音楽作りの原動力であったことは間違いない。新しい音を生み出すのが至上命題だったし、エキサイティングなことだった。今は出尽くしているけど、けっきょくシンプルなシンセのアルペジオとかシンセベース、SEに戻ってきた。仕事始めた頃は、DX7を核にアナログシンセの音を混ぜて音作りをしてた。アナログはプロフェット、オーバーハイム、ムーグ。PPGも出てきたばかりで新鮮だった。アタック音を足すためだけにE-muやフェアライトCMIなどサンプリング系が登場したときもあった。後にAKAIのサンプラーに取って代わることになるんだけど。デジタルシンセ+アナログシンセ+サンプリングの組み合わせで作ってた。もちろん単品でも使う。打ち込みドラムの音も同様にけっこう手間がかかる音作りをしてた。自分の場合、新しいものを何でも漁って若作りしてるわけじゃない。直感で、生理に合うものを取り込んでる。オリジナリティこそ大事。だれでも作るものならAIで出来ちゃう時代。人間が作るなら、その人の生き様が音に現れたらかっこいい。なんてかっこいいこと言っても、誰も聴いてくれねーんだよな〜新曲の告知するとフォロワーが減るってなんなんだよ!!(笑)

  • 15Apr
    • 新曲

      またまたリリースです。AbletonLiveで、どんな曲ができるか。第2弾。I.DO.I用に作るには合ってる気がします。あまり定義付ける必要がないのがI.DO.Iの良いところでもあります。タイトルですが最初は「昨日見た夢」とか「夢の中に見たもの」とか付けてました。急に思いついて「現実を見たくない男の唄」にしてみたら浮世離れというか、足元みてない変なやつってかんじの詩に読めてなんだか、このほうが面白いなーということで変えてしまいました。耳あたりの良い言葉が並んでますがタイトルと照らすと「なんだか痛いわ」ってなります(笑)途中、ちょっと毒があるかんじにしました。音はLiveの操作をさらに覚えたので、作るのが楽しかった。エレクトリックなのにジャズっぽいソロ入れたら洒落てるかなーって入れてみた。自分で歌う前提だとなんでも出来ますなー聴いてみてくださいな。現実を見たくない男の唄I.DO.I · Single · 2021 · 1 songs.open.spotify.com

  • 11Apr
    • 足跡

      自分は、物を見たり聞いたり、人との関わりあっての感情や自分の意思、期待、音楽社会への希望がぐちゃぐちゃに混ざった頭で音楽を作ってるんだと思います。ツイッターとかも喜んでもらうためにやるのは、数年前に終わってんだよね。自分の記録として置いておきます。

  • 31Mar
    • お世話になった方の画像

      お世話になった方

      3月末で、お世話になったメジャーレコード会社のプロデューサーが退職されました。中森明菜さんに曲を書いたときからの縁です。自分の音楽人生を良い方向に導いてくださった方なので、エピソードを。担当アーティストが自分の音楽と合致することがなくて仕事は発生していなかったのですがなんだか、よく訪問しては近況報告していました。そんな中で、自分がDogschoolを始めて1枚目のアルバムを作ったので聴いてもらいたくて、また訪問しました。音楽も高く評価していただいて、うれしかったです。そこで、大事なメッセージをいただいた。これがこの後の運命を変えて行くのであります!「インディーズの方々って一枚はアルバムをつくったりしますが そこで終わってしまうことが多いです。  必ず2枚目を作ってくださいね!」この一言で、動き出しました。2枚目に向けて曲作りを始めました。数曲作ったところで、アメリカで盛り上がっているコンテストサイト「Garageband.com」を知りました。世界中のインディーズの音楽アーティストが参加していました。1枚目も大して売れたわけでもなく、世の中にもアピールできずでしたので「本場のやつに聴いてもらってボロクソ言われたら、潔く止めてもいいか」と思って、「春が来て」(Springtime)をコンテストに入れました。数日すると、なんだか順位がどんどん上がっていきました。ある日、とうとうメタルチャートのCoolestChillOutで1位になってしまいました!メタルチャート内に部門がいくつかあるのですが、それぞれ1〜3位くらい取っていたと思います。事務所内で、大騒ぎになり、マネージャーもこの資料を持って知り合いのディレクターに紹介していました。他に「Leave me alone」と「流血」をコンテストに入れました。それぞれベスト10に入るというとんでもない状況になりました。レビューが入るのですが、「言葉わかんないけど、最高にかっこいいぜ〜」のようなコメントがたくさんきました。北米だけでなく、いろんな国のユーザーから賞賛の言葉をいただきました。セカンドアルバムも発売になり、海外のユーザーには売れました。もうノリノリの気分の中で、PS3ローンチタイトル「Eye of Judgment」での起用が決まり、「グランツーリスモ」のBGMをやらせていただいたり、ラウド系のサウンドでやってほしいというリクエストが急激に増えていきました。ラウド系の音なら負けない!!ってつもりでやっていました。録音のノウハウもどんどん積み上げてきました。低音にエネルギーが集中している音楽なので、音作り、ミックスなど独特な判断が必要です。そうしていくうちに、2008年、森久保祥太郎くんと再びラウド系での音楽制作が始まりました。この積み重ねがさらに力を発揮していくことになります。そして現在に至ります。このジャンルを中心にやるようになったことで、逆に普通のJ-POPと呼ばれる音楽から離れてしまったかんじはあります。しかし、グランツーリスモのBGMをあるプロデューサーに聴いていただいてるときに「日徳さんってジャズっぽいのも書けますよね?」って言われましてそこで生まれたのが1位になったアノ曲です。まったく不思議です。この流れ、あの方の言葉がなければたどり着かなかったし別な道を進んでいたと思います。あらためて感謝の言葉を。○山さん、ありがとうございました!!そしてお疲れ様でした!※その後、Garageband.comはメジャーアーティストが宣伝のためにコンテストに曲を入れるようになってしまい、創設の意義が失われたとして閉鎖になってしまいました。

  • 19Mar
    • 山グッズ増えるの画像

      山グッズ増える

      雪山に行こうということでしたが、緊急事態で行けず。道具だけ、せっせと買い足してました。まず、去年の谷川岳で防水のグローブが必要だと思って購入。激安!スキーグローブって書いてあります^_^コレ、携帯のタッチパネルの反応が良いです。スポーツ店にあったものは、対応と表示してても、ほとんどダメだったのでラッキ〜で、防寒着。年明けの石割山。日の出前と強風氷点下10℃くらいで、5分も滞在できずだつたのであります。もう一枚上があったほうがいいなーと思ってました。ヒマラヤで冬物値下げでゲット。そして、新しいザック!最初、挫折するかもしれんと思って普段使いもできるColemanのカジュアルなやつにしちやつたんですよ。売り文句が「A4サイズのノートパソコンが入ります」(笑)冬は上を脱いだり着たりもあるし、今年は頂上でラーメンを食べるという目標があるので、大きめのものを検討してました。テントも泊にも対応できるもので、値段と性能でコレに決定!さらに!アイゼンも!去年は簡易アイゼンを買いましたが、雪が多く残る山では、やはりこれくらいのものが必要かと。安いやつですが、試してみます。山行くー!

  • 02Mar
  • 28Feb
    • 肯定

      自分の音楽は好きなんだけど自分自身はあまり好きじゃないんだよね〜健やかに育ってない(笑)トラウマだらけで来ちゃったからだろな何か肯定できるようにしたいけどこの年で悩める高校生みたいなこと言ってちゃいけないのかなその反動であんな曲ができるってとこは肯定だな!!それじゃ救われねーなー(笑)

  • 23Feb
    • I.DO.I 「百戒」

      新曲発表ですI.DO.I 「百戒」励ましの言葉をいただいて沸々と出てきた創作意欲。それまで漠然と考えていた、それまでと全く違う曲の作りをしたくなりました。道具として買って放置していたAbleton Liveを最新版で復活させてみたらなんだか使いやすくなっていて、すいすい作れた。やってみたいアイディアをすぐ実行できるのが良いです。音ができあがったとこで「なんだかお経みたいなかんじだなー」ということで詞もそういう方向に。これをやるにあたって、亡くなったデザイナーの山本寛斎さんが「当たり前のものが当たり前のとこにあるから何もおもしろくない」っておっしゃっていたのを思い出した。あれこれぶち壊してみようと思って構成とか音色とかいつもやらない形をあえて取り入れていこうと。ProToolsではなくLiveで作ろうと思ったのもそんな理由。自分は無宗教ではあるけど、仏教の教義というのはとてもおもしろい(笑う意味ではなく)と思っています。「〇〇したら救われる」とかの押し付けがない。一つ一つの言葉も、なんだかいいなーと思います。無常って言葉も好きです。映像も手間かかるけど、自分でまとめると筋が通るかんじがして楽しいです。仕事の枠を出たインディーズ作品でしかできない音楽があります。それを大事にしていきたいです。これで、「I.DO.I」の作品は7曲になりました。