霊障とはどのようなものなのか?①恋愛に影響する霊障 下 | HEALER MAYURI'S DAIARY
2018年05月02日 10時02分21秒

霊障とはどのようなものなのか?①恋愛に影響する霊障 下

テーマ:霊障とはどのようなものか?

霊障とはどのようなものなのか?①

恋愛に影響する霊障

霊は無意識をコントロールする 下

 

 

霊体は人の無意識を操る―自分でない感情が湧いてくる!

 

彼女には、胸のところに霊体がいました。いることは、知っていたのですが、ある程度霊体は誰にもいるものなので、ほっておいたのです。

 

他の方は知りませんが、私の場合は、よくあるホラー映画のように、人の形をした幽霊のようなものが見えているわけではありません。そこに、マイナス波動のエネルギーを発するものがいるのがわかります。磁石のように強いエネルギーを発しているので、その近くは気が歪みます。ちょっとした磁場のような感じでしょうか。

 

エネルギー体を絵にかくと、細長い火の玉の形に近いと思います。蛇のように長細いものや、火の玉のようにずんぐりむっくりのもの、小さいのから巨大なものまでいろいろです。顔はありますが、首や手足はありません。なので、ざっと絵にかくと、蛇のような形になるのです。でも、生きてる人間のような形をしているわけではありません。

 

 

 そうしたものが、胸のところにくっついているのは知っていましたが、彼女は、心身共に健康で、霊障に苦しんでいるようには見えなかったので無視しました。あえていえば、胸の霊体のおかげで、第4チャクラ(ハートチャクラ)のエネルギーが低下していて、それが恋愛に影響を与えている・・くらいかと、軽く見ていたのです。

 

でも、それは間違いでした。胸の霊体は、彼女が男性と親しくすることを心よく思っておらず、邪魔をしてきたのです。

 

 

霊体は人の深層心理を操ります。彼女は、この霊体に無意識を操られてしまい、新しい服を買ってまでデートに出かけたのに、気づいたら自分自身で、すべてを台無しにしてしまったのでした。

 

霊が恋愛をぶち壊す作業をしている間、その霊がいる胸が疼いて、ひどく痛かったのです。

 

昔の同僚現る!ー彼女の人生の邪魔をしてきた霊体

 その霊体と話してみることにしました。

 

脳波を落として、アルファー波やシータ波になると、ビジョンが見えたり、霊体と交信することができます。変性意識状態になると、次元を隔てるバリアが消えて、前世が見えるのと同じように、霊体もみえるようになります。

 

石をおくと、自然に脳波がアルファ―波やシータ波になるので、格別霊媒体質の人でなくとも、誰でもビジョンをみることができます。それを利用して行うのが、クリスタル前世セラピーです。

 

 

彼女に石をおいて、胸にいる霊体と話してもらうことにしました。

 

胸にいる霊体が、彼女のビジョンに現れました。現れるときは、霊がいるところは感触がくるので、胸が疼きます。

 

「え?**ちゃん!?」知り合いのようです。

 

 

 ビジョンとは言うのは不思議なもので、霊体の生きていたころのメモリーがあらわれます。それは霊体の意識でしょうか?彼女の胸にいる、蛇のような姿をしたエネルギー体は、生前の姿をしてビジョンに現れました。

 

その人は、20代のころの彼女の同僚でした。同期の中で、二人は、他の女性社員と違ってキャリア志向で、当時よくお互いの将来について話しあっていたのです。ところが、その人は、ある朝出勤せず、暫くして自宅で亡くなっているところを発見されたとのでした。不倫を悩んでとの噂でした。

 

「彼女の恋愛を邪魔してきたのは貴方?」

「・・・・」

「恋愛だけではない、仕事もなにもかも全部、彼女がうまくいくのを邪魔してきた」霊体は、そういいました。

 

それほど強い恨みを抱いてる風でもなかったので、光の中にいってもらいました。ビジョンの中のその人が光に包まれていくと、彼女の胸がものすごく締め付けられ、何かが胸から引きはがされるような痛みがきます。

 

ビジョンの中でかの人が光の中にさると、彼女の胸の霊体も消え、胸の痛みもなくなりました。それ以来、急にヒステリックになることもなくなり、情緒も安定して、気持ちも明るくなったとのことでした。

 

 

 20年にわたり人生の邪魔されてきた彼女

―霊体は密かに人の人生をコントロールするー

 

この事件は、15年以上前のことですが、私自身の霊障に対する認識を改めるきっかけとなりました。

 

霊障でよくあるのが、鬱や精神疾患、そこまででなくとも、急に切れる、情緒不安定など、精神的な不調です。

 

憑いてる部分に、痛みや違和感が出ることもあります。軽いものだと、医者に行くと何ともないような原因不明の不定愁訴程度ですが、ひどくなると死に至るような病気を発症することもあります。

 

生身の人間に霊体が寄生していること自体が、体力的な負担になるので、いつもだるい、だるくて何もする気がしない、眠いなどの症状が出ます。

 

中には、停電を起こしたり、怪我をさせたり、物理的な悪さをするものもあります。

 

更に、このセッションを機に「人の無意識をコントロールして、心を操り、人生を破滅に導くこと」もまた、霊障がもたらす問題だと認識を新たにしました。

 

憑依とは、人の心をコントロールして思い通りに操ることです。いわゆる狐憑きのようにな派手な話ではなく、本人も周りも気づかない程度に、密かに無意識を操りコントロールしていくのです。ひょっとしたら、皆さんも、自分ではそうと気づかずに、霊体に深層心理を操られているかもしれません・・大丈夫ですか?

 

 

霊体にコントロールされないためには?―自分の感情か霊体の感情か冷静に見分けることが大事

 

自分は大丈夫か見分ける方法は何でしょうか?

 

これは本当に「自分自身の感情」か、「自分以外の何者かの感情か」冷静に見極める姿勢が重要です。

 

「私ったら、なんでこんなに怒ってるの?」「急にイラっと来たのはなぜ?」「どうしてこの人に、こんなにムカつくの?」湧いてくる感情のままに身をまかぜずに、冷静に、その感情が本当に自分自身に由来するものかどうか顧みてください。

 

それが、貴方の無意識に住み着いて、貴方の人生を邪魔をする存在から身を守る方法なのです。

 

 

もちろん、パワフルな石を持つことも有益です。霊は波動の強い石を怖がります。十字架をこわがるドラキュラのように近寄ることができません。

 

ですがその一方で、石は霊の器になる性質ももっています。私は、クリスタルセラピストでもあるので、たくさんのパワーストーンに触れる機会がありますが、石の中には、霊が入っている石もたくさんあります。そういう石をもつと、守ってくれるどころか、かえって憑依されてしまいます。

 

「何か霊力の高そうなものをもてばいい、そうすれば、自動的に守ってくれる」という考えは捨てなければなりません。結局は、それを選択する自分自身がしっかりとしていないと、良かれと思ってしたことが逆効果になってしまうのです。

 

 

 霊体が人の無意識を操り、人々をコントロールするのは、個人のレベルに限ったことではありません。強力な霊体は、多くの人々の無意識層をコントロールすることができます。そうして、世界を徐々に破滅に導くことも可能なのです。

 

一人一人が、冷静に自分の心をみつめることが、自分の人生にとっても、世界の未来にとっても、共に重要だという事を、しっかりと自覚する時が来たように思います。

 

マユリ

この記事の上はこちら

https://ameblo.jp/heavenly-crystal/entry-12372790923.html

 

マユリ先生の講座・セッションはこちら

 

 

http://www.heavenly-crystal.com/  HP 

 

Heavenly Crystalさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス