ガッツ石島&マスクドミステリーがHEAT-UPを発展的退団、GOING-UPは解散に | プロレスリングHEAT-UPのブログ

プロレスリングHEAT-UPのブログ

田村和宏が中心となり、元STYLE-Eのスタッフ陣と共に立ち上げたプロレス団体・HEAT-UP。
所属選手とスタッフが毎日日替わりでブログを更新中!

公式ホームページでは試合レポートなども公開中!
http://heat-up.biz/


テーマ:

2月3日、神奈川・HEAT-UP事務所にて会見が開かれた。HEAT-UPからガッツ石島、マスクドミステリーが退団、それに伴いGOING-UPは終了となる。

TAMURA「HEAT-UPとGOING-UPから報告することがあります。プロレスリング・ヒートアップでは毎年1月に選手契約更新を行なっております。本年度更新の際、GOING-UPのガッツ石島選手とマスクドミステリー選手から相談を受けまして、『独立をしたい』という旨を伝えられ契約更新を行いませんでした。ガッツワールドが解散してファンの皆様の行き場がなくなってしまうのではないかと懸念し、石島選手にお願いしてGOING-UPを立ち上げました。今回の独立をしたいという思いを尊重し、我々HEAT-UPも応援させてもらい、GOING-UPは解散になります。解散興行は2月24日、王子BASEMENT MON☆STAR大会となります。」

石島「本年度の契約の際、『フリーになりたい』という意向をTAMURA代表に伝えまして。当面はミステリーと一緒にフリーという立場で活動していきますが、今後は自主興行の開催も視野に入れておりますし、最終的には新団体設立も目標に掲げております。僕も今年で38歳になりましたし、40歳を前にひとつ頑張ってみようかなと思いまして。HEAT-UPさんには半年間お世話になって、色々と経験させていただきました。ガッツワールドでは自分で団体を運営してまいりましたが、雇われる身として、半年間色々な経験をしてきました。その半年間で思ったこととして、一緒にやっているのも良いのですが、やはり僕と『田村和宏』は別々のリングで競い合いお互いを高めていかれたら、お互いにその方が良いのかなと感じました。最終的に僕が団体を設立して、HEAT-UPと対抗戦を行い、お互いに盛り上げていかれればと思っています。将来を見据えての発展的な退団という形になりました。」

ミステリー「この度HEAT-UPを退団し、フリーとして活動することになりました。入団して半年、非常に良い経験もさせていただきましたし、楽しい思いもしました。ガッツ石島から内密に話を受けた時、ちょっと驚きもありつつ『ああ、そうなんだ』と。じゃあ自分はどうしようかなと考えた時、HEAT-UPの皆さんにも、もちろんTAMURA代表にも歓迎してもらい良くしてもらっていたという気持ちはあったのですが、ガッツワールドが終わる時『次HEAT-UPに行くから、ぜひミステリーも一緒に来てくれ。俺がやりたい興行にミステリーが必要だから。』と言われたのがガッツ石島だったので、今回もその辺のことを考えて。非常に悩むこともあったのですが、ガッツ石島と行動を共にしていこう、フリーでやっていこうという決断に至りました。本当にHEAT-UPの皆様、会場に集まってくれたお客様にはありがとうという感謝の思いしかないです。」

大谷譲二、室田渓人の今後について。
石島「二人については、今回僕が退団することを伝えたのですが、『俺についてこい』とは言いませんでした。二人の気持ちを尊重した上で、HEAT-UPに残る形になりました。二人にはガッツワールド、GOING-UPの精神をリングで体現して、HEAT-UPでトップを獲って欲しいと応援しています。」

GOING-UPで印象に残っている試合は?
石島「そうですね、旗揚げ戦で行った僕とバッファローさんが組んで大谷譲二・兼平大介と戦った試合と、旗揚げ2戦目で僕と井土徹也が組んで藤原秀旺・松崎和彦と戦った試合が印象に残っていますね。ガッツワールドが解散して新しいものを創らなければいけない中で行われた2戦で、どれだけ違ったものを観せられるかとやる側の僕も不安がありましたけれど、2試合とも試合が始まったらそんな不安も関係なくなりました。新しいものを観せられたかな、これがGOING-UPだという感じのものを観せられて、お客さんからも熱い声援が送られて来た時の感覚は今も残っています。」

ミステリー「先日の木村太輔戦とか、藤原秀旺とのタイトルマッチとか、HEAT-UPのとどろきアリーナで藤原組長と組んだ試合とか、色々印象に残った試合はありました。ただ、HEAT-UPに入団したんだなということを強く感じたのは、実は王子でやった兼平選手とのシングルマッチですかね。タイトルは懸かっていなかったのですが、あの時も今もチャンピオンの兼平選手とぶつかる。兼平選手とは過去にほとんど当たったことがなく、HEAT-UPの選手にもほとんど触れずに来ていたので、ここで『この選手がHEAT-UPなんだな』とすごく感じたというか、そういう意味で半年間で一番印象に残っているのはその試合でしょうか。」

心残りはないか?
TAMURA「本当のところ、いてもらいたいという気持ちは山々なのですが、プロレス界は出会いと別れを繰り返して積み重なってきたものですから。HEAT-UPだけがプロレスの世界ではないので。旅立ってもまたどこかで出会う機会はありますから、その時を楽しみにしていたいです。」

石島「僕の基本理念は『インディー統一』を目標に、レスラー人生として掲げております。インディー統一を進めて行く上で避けて通れないのがHEAT-UP、『田村和宏』だと思っていますので、自分の理想を実現させるために頑張っていけば、また巡り会う相手だと思っています。その時は心おきなく戦おうと思っておりますので、よろしくお願いします。」

ミステリー「ひとつ敢えて言うならば、デビュー前から関わりのあった室田の今後ですね。室田にとっては僕らと一緒に来るよりもHEAT-UPに残った方が、練習の環境や試合数もありますし、周りの選手もいますので。それらを考えたら残った方が良いと思います。ひとつ心をよぎったのですが、今年平成という時代が終わるということで新しい元号になりますが、終わりばかりでなく新しく始まるというものもあります。敢えて心は残すまいと決めて、進んでいこうと思います。」

ファンの皆さんに向けて一言。
石島「この度HEAT-UPを退団しますが、自分は武骨なプロレスをずっと続けて、熱い試合を観せていかれたらと思っております。変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。」

ミステリー「HEAT-UPを退団、卒業という形になりますが、マスクドミステリーはプロレスを辞めるわけではございませんので。まだまだ皆さんの前で試合する機会を持ち『応援せざるを得ない選手だよミステリーは』と言われるように頑張ってまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。」

TAMURA「2月24日GOING-UPが最終興行となり、それ以降の日程で3月17日王子、4月7日王子、5月12日王子をGOING-UPの大会として発表しておりましたが、こちらはHEAT-UPとして興行を行います。なお、3月から開催されるパワフルタッグリーグについては石島選手、ミステリー選手の枠に他の選手が入ります。エントリーチームが決定次第発表させていただきます。」


室田渓人、大谷譲二コメント
室田「最近になってこの話を聞いたのですが、まだ実感がわかない部分がありますね。HEAT-UPでやって行くという決断はしたのですが、本当に2月24日で終わるのか?この後も王子でGOING-UP続いていくのではないか?という気持ちがなきにしもあらずなのですが。いつまでもフワフワしている訳にもいきませんし、24日が最後になりましたので、しっかり恥ずかしくないような試合をして、その後のHEAT-UPにつなげていきたいです。」

大谷「僕の短いキャリアの中で、2回ぐらい悔しい思いがありまして。1回目はやはりガッツワールドが解散した時で、僕にもっとスター性があってもっとお客さんを呼べる存在だったら、もっといい選手だったら解散しなくて良かったのかなと悔しい思いをしました。今回も結果的には解散という形になってしまうので、また悔しい思いをしています。GOING-UPは盛り上がっていた団体だったので、希望を持ったりとか、夢を持って今後に期待していたお客さんもいらっしゃったと思うので、そんな方々に対しては申し訳ないと思っております。しかし、その思いを僕に持っていただいて、僕はHEAT-UPで学んだ、ガッツさんやミステリーさんから学んだプロレスをやっていくので。GOING-UPに懸けていた思いとかをまだ持っている人は、そのまま僕に懸けてもらって、僕についてきてくれたらと今は前向きに考えています。」

なお2月24日の大会名が変更され、全カードは以下の通り。

GOING-UP最終回〜ありがとう中高年〜
日時:2019年2月24日(日)
18:30開場/19:00開始
会場:東京・王子BASEMENT MON☆STAR

▼第1試合 若狼vs陰謀ドクター
シングルマッチ30分1本勝負
飯塚優 vs スーパー・ドクター・秀

▼第2試合 CHALLENGE THE GREAT WALL
シングルマッチ30分1本勝負
黒田哲広 vs 服部健太

▼第3試合 中高年ベテランタッグバトル〜熱波軍vsアライヴァル〜
タッグマッチ30分1本勝負
松田慶三&YUJI KITO vs 松崎和彦&木村太輔

▼第4試合 SURVIVAL TAG WAR
タッグマッチ45分1本勝負
マスクドミステリー&室田渓人 vs 兼平大介&渡辺宏志

▼第5試合 GOING-UPvsアライヴァル最終決戦!
6人タッグマッチ時間無制限1本勝負
ガッツ石島&大谷譲二&井土徹也 vs 藤原秀旺&秀李&秀・オブ・ザ・イルミナティ

チケット料金
指定席:4,000円/自由立ち見:3,000円
※高校生以下は入場無料(自由席のみ)
※障がい者手帳をお持ちの方は入場無料(自由席のみ)
※別途ドリンク代500円がかかります。
※当日は各500円増となります。

プレイガイド
HEAT-UP事務局
044-712-4312
※お電話でチケットを購入された場合、送料として別途180円かかります
※大会開催5日前からの申込みは、当日受付にて取置きとなります。その場合当日受付にて「ネット(または電話)で予約しました」とお伝え下さい。
GOING-UP公式サイト
https://going-up.biz/event190224/

年間後援:ヨシザワグループ、有限会社カイト美装
HEAT-UP後援会『情熱隊』 

法人:株式会社りくつな

個人:吉内弘充税理士事務所、新百合ヶ丘総合法律事務所内田和利、野村茂雅、KOTA

プロレスリングHEAT-UPさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス