にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

 

おはようございます!

竹内エリカです。

 

スキップをしたり走っていて急に止まることができるようになってきたら、

心のコントロールを促しましょう。

 

 

体がコントロールできるようになったらしつけを始めるサイン

 

4歳になると自分を律する力である自律性が発達します。

そのため努力や我慢が出来るようになります。

 

心と体と頭はつながっているので、

子どもが走っていてお母さんが「ストップ」と言うと

止まることができるようになったら

自律性が発達している証拠です。

 

このタイミングで社会のルールや約束事を教えてあげると、

お母さんにとっても子どもにとってもしつけがしやすいです。

 

自分のことは自分で出来るように

規則正しい生活を身につけましょう。

 

しかし、あれもこれもと欲張らずに

一つ出来るようになったら

新しいものを取り入れるようにしましょう。

 

 

「~しなさい」ではなく

「どうするんだっけ?」と自分で考えさせる

 

しつけというとお母さんが「~しなさい」と

いろいろと命令すると思っていませんか?

 

それを繰り返していると自分で自分の事をするのではなく、

お母さんに命令をきいてやるようになります。

 

そのため命令をされてから動けるようにはなりますが、

それではいつまでたっても

自分で考えて出来るようにはなりません。

 

例えば子どもが外から帰ってきてすぐに遊ぼうとしたら、

「手を洗いなさい」ではなく

「どうするんだっけ?」と子どもに問いかけで

考える習慣を促してあげましょう。

 

この頃になると先を見通せる予測脳が育ちます。

お母さんの問いかけで

子ども自身がこの後いつも何をするかなと

考えることができるようになります。

 

 

スモールステップ法で、

階段を上がるように少しずつ習慣にしていく

 

お母さんとしては一度教えたら

すぐに出来るようになって欲しいと思いますが、

子どもにとって楽しくないこと、必要のないことは

なかなか自分からやるのはハードルが高いことなのです。

 

いきなり何個もの生活習慣を一気に身につけさせようとすると

お母さんも子どももストレスになってしまいます。

 

まずはお母さんが子どもの様子を見て

これならできそうだというものを選んであげましょう。

 

例えば外から帰ったら手を洗うを身につけさせたいのであれば、

子どもが玄関を入ったらすぐに

「どうするんだったかな」と問いかけてあげましょう。

 

このとき遊び始める前に毎回声をかけ続けてあげてくださいね。

 

 

「出来たね」と声に出して認めてあげると、

子どものやる気が育つ

 

子どもが手を洗いに行ったらそれで終わりではありません。

「自分で出来たね」と出来たことを

きちんと声に出して認めてあげましょう。

 

声に出して認めてあげることで、

子どもが自分で出来たと客観的に再確認でき、

お母さんからも認めてもらえたという

喜びも得ることが出来ます。

 

子どもはお母さんから認めてもらうことが大好きです。

問いかけなしで出来るになってからも

「手洗ってきたんだね」と認める言葉は続けていきましょう。

 

認める言葉は子どもをやる気にさせることが出来ます。

 

 

考える力を育てるために、「どうするんだっけ?」と声をかけよう

 

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね💕

 

 

最近発売されたこの本に気質について書いてます。

よかったら手にとってみてくださいね。

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

 

新刊発売になりました!

0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!

 

image  

 

 

竹内エリカから直接メッセージが届く無料メールアドバイズ

「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中