にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

 

おはようございます!

竹内エリカです。

 

優しさとは相手の気持ちを理解すること。

だからお母さんも気持ちを伝えてみよう

 

 

優しい子になって欲しければ、

Iメッセージを使ってみる

 

子どもには優しい子になってほしい。

 

親だったら誰だってそう思いますね。

優しさが育つのは実は5歳の接し方がとっても大事なんです。

 

5歳になったらIメッセージを意識してください。

Iメッセージとは「私は」で始まる言葉です。

 

 

人の気持ちがわかる子にしたければ、

まずお母さんの気持ちを伝えることから始める

 

「いい子ね」「えらいわね」の主語はあなた。

YOUで始まるYOUメッセージです。

 

これらをIで始まるIメッセージに言い換えてみましょう。

挨拶ができた時「いい子ね」というと、

いい子を演じる子になります。

 

そんな時は「元気よく挨拶してくれて、嬉しいわ」と言います。

自分が人を幸せに出来る存在なのだと気づきます。

 

 

挨拶の出来る子は、単に“いい子”なのではなく、

“コミュニケーション力”の高い子です

 

5歳になると人の気持ちが分かるようになります。

そして、お母さんに言われたことも理解し、

自分のことを自分で出来るようにもなってきます。

 

「きちんと挨拶してね」というと

元気よく挨拶してくれます。

 

お母さんがずっと言い続けてきた事ですから、

自分で出来るようになったら

「いい子ね」「おりこうね」と褒めたくもなります。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

お母さんは子どもにいい子になってほしくて

「挨拶しなさい」と言ってきたのですか?

 

元気よく挨拶をすると、

みんなが心地良いからですよね。

 

だったら、もう少し工夫して、

Iメッセージで伝えてみませんか?

 

 

優しさとは相手の気持ちを理解すること。

だからお母さんも気持ちを伝えてみよう

 

挨拶ができたら「気持ちがいいわ。」と伝えます。

 

うがい・手洗いができたら

「安心だわ」「あなたが病気になるとママ悲しいわ」と

素直に伝えてあげてください。

 

靴を揃えてくれたら、「気持ちがいいわ」、

さらに家族の分まで揃えてくれたら

「嬉しいわ」と伝えるのです。

 

自分の行為は、人を幸せにすることが出来るのだと

理解するでしょう。

 

 

子どもを褒める時は、「えらいわね」ではなく、

「嬉しいわ」と言ってみよう。

 

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね💕

 

 

最近発売されたこの本に気質について書いてます。

よかったら手にとってみてくださいね。

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

 

新刊発売になりました!

0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!

 

image  

 

 

竹内エリカから直接メッセージが届く無料メールアドバイズ

「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中