現役幼稚園の先生を対象とした
幼稚園免許更新講習会

私は初日の身体表現について講演しました。

幼児教育の現場は
子供が学ぶべき領域を5領域で分類しています。

①健康   
心身の健康に関する領域,人とのかかわりに関する領域
②人間関係 
他の人々と親しみ支え合って生活するために、自立心を育て人とかかわる力を養う。
③環境
身近な環境とのかかわりに関する領域
④言葉
言葉の獲得に関する領域
⑤表現
感性と表現に関する領域
です。

身体表現は⑤の表現の領域に入ります。
身体表現というと難しく感じますが
簡単にいうと
「体を使う遊び」はすべて身体表現にはいります。

もっとも重要なのは
身体的発達と認知的発達は大きく関連しているということ。
身体的発達の早い子供は
認知面での発達も早いのが一般的です。

逆にいうと認知発達の遅い子供に
運動遊びをさせることは
認知面を発達させるのに
効果的だということですね。


また、他の表現領域とことなり
体を使う遊びには
必ず移動という動作が伴います。

移動するという行為には
空間認知能力というものが必要です。

空間認知能力の発達が未熟なこどもは
人とぶつかりやすかったり
まっすぐに並ぶことが困難だったり
人との適正な距離を保つことができません。

実はこの空間認知能力は
コミュニケーション能力と
大いに関わっているんです。

簡単にいえば
まっすぐに並べない子供は
お友達とのコミュニケーション能力が未熟だったりするんです。

こうした講演とともに
実際にたくさんの遊びを通して
プログラムの展開や表現活動への発展を
実技として体験していただきました。


夢を楽しむ♪女性起業家のダンスフルな生活-??.JPG
夢を楽しむ♪女性起業家のダンスフルな生活-??.JPG
夢を楽しむ♪女性起業家のダンスフルな生活-??.JPG
夢を楽しむ♪女性起業家のダンスフルな生活-??.JPG

大変楽しんでいただき
「本など出されていないんですか?」とか
「園に講演にきてもらえませんか?」とか
「講習会にはどうしたら参加できますか?」など
うれしすぎる反響をいただきました。

また「自分が子供と本当に向き合っていたのかと反省しました」とか
「子供たちに「命令口調で支持をしていたかもしれない」などといった
現場ならではの声も聞かせていただき
わたしとしても大きな学びとなりました。

子供たちとまっすぐに向き合っている先生方と
同じ時間を共有できたとことは
貴重な体験でした。

みなさま長い時間ありがとうございました。


ご訪問ありがとうございます。
大変励みになっております。
よろしければポチット応援お願いしますおんぷ


にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村