お金の話と「親と仲直りできていない=ダメ?」に対しての答え | 子育ては「聞く」が9割でうまくいく~自己肯定感の作り方

子育ては「聞く」が9割でうまくいく~自己肯定感の作り方

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒントが詰まっています。

こんにちは。和久田ミカです。

 

1月の記事になりますが、

 

私が私であることに腹をくくる。そして、子育てに責任を負わないこと。

 

の記事で、こんなコメントをいただきました。

 

「親と仲直りできていない=ダメ ということでしょうか?

 

 私は腹が立つので、かなり距離を取って なるべく口を利かず、付き合っています。

 

 仲直りすることが成長?みたいな感じですか?

 
ほー。
 
私の記事には「〇〇はダメ」とは書いていないのですが、そのように感じられたのですね。
 
おそらく、あいすさんご自身が
 
 「親と仲直りできていない=ダメなこと」
 
と思って記事をご覧になっているから、そう読まれたのでしょう。
 
 
私が 発した言葉は、読み手のフィルターによって 変換されて届きます。
 
発した純度100%で 届くことはありません。
 
普段の会話でも、ブログでも、誤解はしょうがないと思って伝えています。
 
 
 
あいすさんの場合もそう。
 
今回のコメントは、あいすさんが持っている「アンテナ」が 私の言葉をねじ曲げてしまった結果ともいえるかもしれません。
 
人は「気になっている情報を 自動的に集めるアンテナ」を持っているのです。
 
 
 
たとえば、妊婦のときには やたらと妊婦が目に付きませんでしたか?
 
この高齢少子化の時代に そんなに妊婦はいないはずなのに。
 
私が車を買ったときもそうでした。
 
新しい車種なので そんなに走っているわけはないのですが、やたらと 目にしました。
 
気になるものは、目に付きやすくなるのですよね。
 
 
 
心の仕組みもそうです。
 
気になっているものを 大きく映し出します。
 
気にしている情報を 拾い集めようとします。
 
 
あいすさんの場合は、(推測になってしまいますが)「両親への罪悪感」という情報です。
 
両親と口をききたくない、と言いながらも、いつも 無意識に、
 
「仲直りできない自分はダメだ」
 
と 自分を責めていると、自分を責めるための情報が集まってくるのです。
 
 
私の記事もそのひとつなんじゃないかな?
 
「ほ~ら、やっぱり わたし、ダメじゃん」
 
と思いたくて、アンテナに引っ掛けてくるのです。
 
 
ちなみにですが、私の記事趣旨は、
 
私は、〇〇ができるからよい、○○ができないからダメ、
 
ということではありません。
 
自分と仲よくしようね、ということを 伝えたくて 書きました。
 
 
「どんな自分も受け入れていこう」という生き方になったことで、おまけとして、私は 両親と仲直りできました。
 
別に 両親と仲直りしたくて、自分と向き合い始めたわけではありません。
 
 
生きづらくてしょうがなくて、もがいているときに
 
「自分との関係をよくすること」
 
に目を向けようと思ったというのが 正直なところ。
 
あいすさんは、両親との和解という「おまけ」の部分に アンテナが立っちゃったんですね、たぶん。
 
 
こういう、おまけの部分に アンテナが立つ、というのは よくあることです。
 
たとえば、
 
「本当に好きなことや、自分が喜ぶことにお金を使っていったら、増えていく」
 
という考え方。
 
これね、私は経験則として 真実だと思っています。
 
でも、落とし穴もあるの。
 
 
それは、結果として
 
「あれれ~?お金増えてないじゃん」
 
という悩み。
 
お金使ったら減るよ、当たり前。
 
浪費ではなく、投資にしていかないと、増えない。
 
 
それにね。
 
たとえば 減ったとしても、本当~~に 自分が喜ぶことに使っていたなら、たとえお金が戻ってこなくても 気にならないの。

心が満たされているもの。
 
「損したー!お金が戻ってこないー!!」
 
なんて 嘆かないのです。
 
損得で考えていること自体がもう、「本当に好きなこと」にお金を使っていないということ。
 
 
お金への執着をなくして、本当に心の喜ぶことに使っていると、
 
「おまけ」として お金が増えていくことはよくあることだけどね。
 
 
私自身、お金に無頓着なタイプ。
 
使いたいだけ使う。
 
そんでも なぜか生活できているのは、「本当にやりたい」ことに使っているからだと感じています。
 
禅問答のように聞こえるかもしれないけど、「お金を増やすため」に「お金を使っても」増えないよ、ということです。
 
 
そして、
 
両親と仲直りするために 心の勉強をしても なんも変わらないよ、
 
子どもを良くしようとして 子育ての勉強しても 子どもは良くならないよ、
 
幸せになろうとすると 幸せじゃない自分ばかり 目に付くよ、
 
私は 毎日 やせたいと思っているのに、体重が増え続けていくよ
 
そゆこと。
 
わかるような わかんないような、で おけー。
 

 

 

 

和久田ミカの

 

●フェイスブックはこちら

 

●インスタグラムはこちら

 

●今後の募集予定はこちら
 

 よろしかったら、フォローしてねん。

 

 

 募集中・募集予定の講座