☆空気感って?~ハートセーバーCPR・AED講習~☆ | はーとりんく♡くまもとのブログ

昨日は横浜で開催の


AHA ハートセーバーCPR AEDコースの進行を担当することに・・・



救急救命士・応急手当普及員・ピラティスインストラクター


さまざまなバックグラウンドの受講者




コースとしての展開は


見ながら学習のスタイルなので


教材にまかせるとして・・・




講習の



“ 空気感 ”



にターゲットを当てて事前準備


①モチベーションと動機づけで   学ぶことが楽しいと思えるように


②このコースの位置づけを意識して   価値を感じて頂けるように


そういう思いを込めて準備をしました





学習に集中できる・・・

学びたくなる・・・


そんな“空気感”って



見えないから


難しいんだけど



見えないから


より感じるというか



感じて、早く気づいて



調整していくことが大切なんだなと・・・


会場セッティング

暑さ・寒さへの配慮(対応に限度がありますが)

体調への配慮

休憩のタイミング

視野に余計なものが入らないか、ビデオが見やすいか

混乱・困りごとが生じていないか

イメージが同じように伝わっているかの確認

笑顔・受講者を応援する気持ち

などなど



まぁ、当たり前のことじゃん・・・といわれることかもしれないけどね~


空気感を意識したからこそ確信したのでありました。






おまけ:


終了後、コースの振り返りがあり


尊敬する研修先の方から助言頂いた部分・・・次に修正してやるだけです。