☆くまもと 緊急子どもサポート ☆ | はーとりんく♡くまもとのブログ

はーとりんくより岩永です音譜



7月の活動報告ですビックリマーク


7月13日(土) 14時~18時まで


熊本市子ども緊急サポート事業におけるサポーター向け研修


http://kinsapo-kumamoto.info/



『病気の際の看護』というテーマお話してきました。




みうら小児科の看護師 田上は私の高校の同級生キラキラ


講師依頼があった時に、現場小児科の話も聞いて頂けたらと彼女と2人で講師を務めました。





ここでは、保護者に代わってお預かりする立場のサポーター。



それも病気の際、親御さんが仕事によりどうしても対応できない緊急な状況のときに駆けつけ対応されます。



いざという時に子供たちのために地域の方々の力を発揮するシステムです。




はーとりんく♡くまもとのブログ



はーとりんく♡くまもとのブログ



各病気や症状の看護はもちろんですが、



サポーター自身の安全確保

手当てや看護の中には 評価(アセスメント)もしっかり入っていること

子どものニーズをいかに引き出し、そして判断・するには・・何が必要?

笑顔とタッティング・対面抱っこなどの効果

状況次第では遊びを取り入れる(家庭を意識する)

保護者の気持ちを考えてみよう

サポーターは大きな力になっているという事




こういったことを皆さんと一緒に考える時間をとり、グループディスカッションでいろんなアイディアが出てきましたよアップ


一方的な講義になりがちな内容でしたので、モチベーションを大切に講義内容を組み立てました。

この行程は楽しく学べる気がします音譜




また、10月と来年1月にお話させて頂くことになっています。


報告でしたニコニコ