春休み中ではありますが、いかがですか?
キッズスペースも用意しています。
 
メディカルアロマってなんだろう
メディカルアロマを自宅で使ってみたい
そんな方にオススメ。
 
JMAAの吉田会長による講演、そして
おみやげにメディカルアロマのラベンダークリームを作って
楽しんでいってください。
第2部の時間帯では、お好きなジェルを作っていただけます(別料金)
 
 
お申込みはこちら
 
夏の虫さされの塗り薬、
あなたは何を使っていましたか?

私の子どものころ、家にあったのは
ウナコーワ。
それが、「滲みるからヤダ〜!」と言って
キンカンに変えてもらったのです。 

私は(今もそうなんですが)
掻きこわしてしまうことが多く、余計にしみてました。が、
「スースーして気持ちいいじゃん!」
「掻きこわすから滲みるんだよ!」
と言われるばかり。

キンカンはウナコーワよりは滲みない気がしました。

が、
結局それでも滲みるので、
大人になってからは
私は勝手にムヒSを買ってました。
 
それを思い出して
ドラッグストアに行ったついでに成分をみてきました。


【1ml中のメントールの量】
ウナコーワ クール   30mg
ウナコーワ パンチ   40mg
【100ml中のメントールの量】
キンカン   1.97g
ムヒパッチ  3g
ムヒS   5g

※マキロンパッチにはメントールが入っていませんでした。


かゆみ止めの多くにメントールが入っていました。
メントールこそ
薬の清涼感のもと。
ウナコーワの成分だけ量が違うので100倍して
他と比べてみましょう


やっぱり、ウナコーワはキンカンよりメントールが多いことになります。
子どもの頃、キンカンのほうがマシだと思ったのは間違いなかったようです。

が、しかし。
最終的に好んで使ったムヒSのほうがメントールの量が多いじゃないですか。

こんなに多くても滲みなかったのは…
ムヒSはクリームだったからでしょう。


ウナコーワとキンカンは
ご存じ、液体です。
液体だから、皮膚の層に早く浸透していく。
だからあれだけメントールが入ってたら滲みるわけです。

メントールは男性用シャンプーにも入ってたりしますね。
うちの甥っ子くんが、おじいちゃんとお風呂入ったら、おじいちゃん愛用のシャンプーで洗われてしまい、「頭がスースーして気持ち悪い」と言っておりました笑

精油ではペパーミントが特にメントールを多く含みます。
メディカルアロマでも、たびたび使います。


保湿にも虫さされにも使えて大人気の
ラベンダークリームは
精油がラベンダーだけなのでメントールは含まれていません。
全く滲みません。

滲みるのがイヤな私は
今はラベンダークリーム。



夏にワークショップをしたときは
幼稚園児がママと一緒に自分用に作って行ってくれ
虫さされると自分で塗っていたそうです。

清涼感はお好みもあると思います。
お子さまのために「滲みない選択」も考えてみてくださいね。




小さなお子さまのいるママに
家庭でメディカルアロマをぜひ導入してほしい…
横浜在住のJMAAメディカルアロマアドバイザーがお伝えします


現在開講中のメディカルアロマ講座一覧

 


いちばんオススメ!!!

■メディカルアロマQOLプランナー(健康管理士)講座

 

メディカルアロマの超入門!
■はじめてのメディカルアロマ

 

 

自分や家族のために使いたい方のための講座

■ママアンドチャイルドセルフケアセラピスト講座

■セルフケアセラピスト講座

■自分と家族のためのメディカルアロマメンテナンス体操

 

 

 

 

ワークショップはイベント出展でもやっています。

詳細は各ページをご覧ください