ものづくりの心と翻訳のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

鯉のぼり

北千住のオフィスでは、朝から晩までデスクワーク。

昨年末までは、オフィス外での仕事が多く、オフィスにはほとんど来られていなかったので、こんなに毎日朝から晩まで座っているのは、起業してここを借りて以来、本当に久しぶりのことです。

昼食は弁当持参。ほとんど外出しないので、最近は、昼食後か夕方、付近を歩くようになりました。

先日は天気も良く暖かかったため、歩いて10分の荒川の土手まで行ってみました。

平日の昼間でしたが、多くの家族連れがおり、みなそれぞれに息抜きをしていました。

鯉のぼりが大きく風に乗って泳いでいたのと、色とりどりのチューリップがとても印象に残り、良い息抜きができました。

 

          鯉のぼり

 

         チューリップ

3月の1枚

南橋本の工場街の一角で見かけた桜

 

刻々と変化するコロナ感染の状況。

学校一斉休校から1ヶ月経つ今頃はだいぶ収まっているかと思っていましたが、逆ですね。

半月前のマニラ封鎖のニュースの頃は、日本は爆発的な感染がないからこのままいけば大丈夫だなんて思っていました。

 

テレビやネットのニュースを見ていると、コロナのことばかり。

国内のニュースも海外のニュースも、不安をあおるものばかりで、精神的な浮き沈みが激しくなります。

だからといって完全に無視できるほど強くはないし、情報不足で感染したくもありません。

あふれる情報に少し距離を置きつつ、淡々と生活していくしかないですね。

 
いいように考えれば、今は様々な行事が中止となり、かつてないほど自分の時間がたくさんある。
忙しくてできなかったことに、本当にたくさん取り組めている。
コロナが収束し日常が戻るということは、あの忙しさが戻ってくるということ。
それを願ってはいるけれど、今は今という時間を大切に楽しもう、と思おう。
 
今月の1枚は桜です。
桜で有名な公園での花見はほぼできなくなりましたが、近所の桜の下を自転車や徒歩で通り抜けたり(も禁止なのかな?)、出かけた先で、公園とかではなく、道端や線路脇での桜を見つけると、うれしいし、気持ちが明るくなります。
この写真は、週一で訪問している相模原市の会社の近くで見かけた桜です。
こんなところに桜があったのかと、というような場所に咲いてました。
ひっそりと咲き誇っていました。
 
 

フィリピン、マニラ封鎖のニュース

新型コロナ感染拡大防止のため、フィリピンがマニラの封鎖を決めました。

近々フィリピンに行く予定があったため、フィリピンの動向を注視していたのですが、これで行けなくなりました。

 

ドゥテルテ大統領の演説をCNN Phillipineで観ました。

大統領の後ろには、軍服を着たフィリピン軍の一陣が座って大統領を護衛しているかのようでした。

 

フィリピンの公用語は、フィリピノ語(タガログ語)と英語です。

 

ドゥテルテ大統領の英語をきちんと聞いたのは初めてでしたが、かなり癖のある発音で、逆にわかりやすいです。

驚いたのは、大統領が2か国語で演説していたことです。

 

英語で少ししゃべると、それを今度はタガログ語で話す。

公用語が複数ある国では、トップは両方で演説しなければならないのでしょうか。
そうですね。そうしないと、一方の言葉がわかる人のみ情報が集まることになってしまいますから。
 
フィリピンはまだ感染者は日本よりも全然少ないのに、かなり早い段階でこのような厳しい措置を決めたことに対しては、私は良かったと思います。
日本と同様、首都マニラでは様々な混乱が発生しているようですが、何とか協力して爆発的な感染拡大が起こりませんように!

 

以下のサイトで演説が聞けます。(13分過ぎあたりから音声が入ります。)

 

https://www.rappler.com/nation/254101-metro-manila-placed-on-lockdown-coronavirus-outbreak

(大統領の演説は、13分30秒を過ぎたあたりから聞くことができます。)

 

       隅田川とスカイツリー

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>