夫の浮気で悩む妻のための、浮気解決カウンセリング。

夫の浮気・不倫で悩む妻のため、「浮気発覚後の対処法」「夫に浮気を止めてもらうための働きかけ方」を具体的かつ分かりやすくお伝えしていきます!


テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


夫の浮気は、夫が自分で過ちに気づいてやめてくれるのが一番です。


しかし、自発的にやめる気配のない夫には、妻がやめるきっかけを与えてあげるしかありません。


すなわち、「浮気に気づいていること」「浮気をされると辛いのでやめてほしい」と夫に伝えるのです。


夫がその段階で浮気をやめてくれればまだ良いのです。


しかし、中にはウソをついたり、逆ギレ・責任転嫁などで追及をかわし、浮気を続ける夫もいます。


こういう無反省な夫には、ただ「浮気をやめてほしい」と伝えるだけでは限界があります。


次なる対処として、※警告(「浮気をやめてくれないと●●する」と伝える)やその他の手段(浮気相手への連絡、第三者を交えるなど)も実行していくことになります。


※警告、その他の手段については、夫の不倫を解決するための電子書籍で詳しく解説しています。



夫の浮気の対処も、この段階まで来ると、夫との関係が一時的に悪化してしまうこともあります。


妻は夫の浮気を解決したい一心で、必死にあらゆる手段を尽くして頑張っているわけです。


それなのに、かえって夫の態度や言動が悪化してしまうのは辛いものです。


「こんなことになるなら、じっと我慢をして、浮気を見て見ぬフリしていたら良かった・・」と後悔することもあるでしょう。


しかし、浮気を見て見ぬフリしていれば、夫が浮気をやめていたのかと言えば、答えはおそらくNOでしょう。


妻に気づかれていない(と夫は思っている)のを幸いに、何食わぬ顔をして浮気を続けていたはずです。


妻の方は、「こっちは我慢して知らないフリをしているのに、夫はいつまで浮気を続けるのか」と、日に日にストレスと怒りをため込んでいくことになります。


そのうちに、ため込んだストレスが原因で心の病にかかってしまったり、一時的な怒りが持続的な恨みへと変わり、自らを長く苦しめてしまうこともあります。



確かに、夫の浮気を見て見ぬフリしていれば、夫との関係が一時的に悪化することは避けられるかも知れません。


しかし、一時的な関係悪化を避けられても、夫が浮気をやめてくれなければ、妻の苦しみはずっと続くことになります。


もし浮気が自然消滅したとしても、妻は傷ついた辛い気持ちを夫にぶつけることができないまま、一生心に抱えて生きていくことになります。


私は、妻にとってこれほど辛いことはないと思います。



素直に浮気をやめてくれない夫に対しては、妻としてもあらゆる手段を尽くして対処していくしかありません。


その副作用として、夫との摩擦が生じ、一時的に関係が悪化することもあります。


ただ、それは夫の浮気が解決するまでのプロセス(過程)だと思ってください。


「雨降って地固まる」ということわざがあります。



仮に一時的に夫との関係が悪化しても、最終的により良い関係に修復できれば良いのではないでしょうか。







 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります