【不倫は自分では抜け出せない~不倫の刺激】 | 浮気・不倫問題 浮気・不倫被害者救済センター 夫婦再構築ブログ

浮気・不倫問題 浮気・不倫被害者救済センター 夫婦再構築ブログ

浮気不倫に特化した唯一の相談室。専門だからわかること。専門だからできること。浮気不倫からの夫婦再構築・夫婦修復の問題点や注意点を惜しげもなくお伝えします!


テーマ:

おはようございます。

夫婦問題相談室 横浜 ハートスペース

浮気・不倫被害者救済センター

夫婦問題カウンセラー

I(愛)・修復プランナー 永松です。

 

今日は日曜日ですね。

 

ホワイトデー後の日曜日

結構、注意が必要です。

 

傍若無人になってしまっている夫以外

ホワイトデーはそこまでの証拠を撮るのは難しいです。

 

渡して終わり、なんてのも多いです。

 

ですので、今回のホワイトデー

あまり、大きく書きませんでした。

 

さてさて今日は

Yさんシリーズの最新号

 

【不倫は自分では抜け出せない~その後の変化】

 

についてお話します。

 

過去のYさんに関する記事はこちら

 

【蓋ばかりの不倫問題と決別したYさんより】

 

【夫の不倫ですべてを見つめなおし、自分軸を持ったYさん】

 

【自分軸を持って、不倫脳・お花畑の夫に向き合う覚悟を決めたYさん】

 

【゛楽になる”この意味の違和感に気付いたYさん】

 

【ご主人に出てきた変化を知ったYさん】

 

【不倫の事実を知る必要性と、水面下の危険性に気付いたYさん】

 

【不倫が終わっても・・・この気持ちと戦っているYさん】

 

【夫に最後のチャンスをと奮闘するYさん】

 

【再構築は茨の道と再認識したYさん】

 

【たかがAV、されどAV・・・不倫の後遺症】

 

【怒り。その先に見えだした感情とは?】

 

これも何度もお伝えしている内容になるのですが

シタ夫には不倫を自ら清算する能力は有りません。

 

W不倫だった場合、相手の夫から何かしらの訴えを起こされて

シタ夫が引くという事も十分に考えられます。

 

これは、シタ妻とシタ夫の差でしょうね。

 

問題を大きくすればするほど保身に走り出すのがシタ夫。

 

逃げですね。

 

ただ、愛人をコレと同じに捉えたらダメです。

 

夫の不倫と妻の不倫

 

愛人が女、男

 

これによって顕著に現れます。

 

まぁW不倫の場合は、もっと違う部分を注意しなければなりません。

 

ただ闇雲にぶつかれば?

 

グッチャっグチャになるほどに周りの人を巻き込めば?

 

という事ではありません。

 

調停は別として

※夫婦問題の解決に調停は必要ないと思ってます。

離婚の場合は別ですよ。

 

不倫の解決をする上で弁護士はいりません。

 

と言いますか、弁護士のお仕事は慰謝料請求です。

 

若しくは、合意書の類の締結

 

※不倫の解決は慰謝料を払わせる事でもなく

合意書にサインさせる事でもなく

不倫を終わらせる事です。

 

要は証拠の使い道ですね。

 

慰謝料請求するには証拠は絶対に必要。

夫は認めた、でも愛人は認めない

というケースでハジかれてしまったケースも多いです。

 

致し方ないのですが、探偵はどうしても弁護士寄りの考えを持ちます。

 

探偵の窓口になっているカウンセラーも同じ。

 

なんでって?

 

証拠を撮る事を仕事にしているのが探偵です。

 

証拠の使い道を提示できなければならない。

 

となると?

 

そういう事です。

 

それでは、本題へ

 

永松さんのブログの更新の多さに本気度を感じる毎日です

読んで私も身が引き締まります

昨日は主人が休みで私が昼からの仕事の為、
主人からモーニングデートのお誘いがありました

久しぶりに朝から喫茶店でふたりで
モーニングコーヒーを飲みながら穏やかな一時を過ごしました

以前の事になりますが主人が私に休みをあわせて欲しいと、

ひとりで家に居るのが嫌だと言っていました

ひとりで居るとろくなことを考えない気がするからと…正直に(笑)


でもそれが本心なんでしょうね…
主人なりに自分の中の闇と戦っていた

不倫中は休みでひとりで家に居るときは女と連絡していた主人
不倫がばれ、女と連絡を絶ってから隠れてAVを見あさっていた主人


以前永松さんが言っていた様に
『不倫の刺激をたっぷり浴びて戻ってきた』
その後遺症がズルズルと続いていたのだと今はわかります

麻薬中毒患者の様に自分では悪いと後悔していても、
相手が食わせものの女だったと気づいていても
『不倫の刺激』
から脱するのは容易では無いと主人を見てきて感じました


偶然に不倫相手に会うかも知れない道を通ってみたり、
共通の知り合いと連絡をしてみたり、
強制的に関係を絶たれた不倫相手が
気になっている様子がうかがえました

そして、そんな自分と主人なりに戦っていたのだと思います

そんな未練タラタラの主人の気持ちが本当に情けなかったし、
相手にそんなに未練があるならと離婚も何度も考えました

でも今ならわかります

主人の未練は女にでは無く、刺激に未練があったのだと

日常とはかけはなれた
『お花畑の住人』
で居られた楽しかった時間

私もそんな刺激を経験したらそうなるのかも知れません…

だからこそ『不倫』はダメなんです‼️
薬に手を染めちゃダメなのと同じ

自分の力で抜け出せなくなるからダメなんですよね

簡単に不倫できた人は簡単に正気になんて戻りません

そして正気になるまで何年もかかる…
それも主人を見てきて実感しています


ひとつひとつを指摘して、
苦しみを訴えて、
悲しみを訴えて、
怒りも伝えて…

向き合って疲れたら、たまにはそっぽを向いて…
すると主人が不安になり歩み寄ってくる…

そんな事の繰り返しでした

再構築とは本当に体力と気力が必要です

そして

『主の居なくなった家族を私が守り、主を主らしく私が教育してやる』

その強い気持ちが私をここまで動かしてきたのだと思います

クラス会で久しぶりに会った同級生の男性の会話ですが、
不倫の話になった時
『俺は不倫する勇気ないなぁ』
と誰かが言ったら、それに対して他の男性が

『そんなの勇気でも何でもない‼️ただのアホだ‼️』

って言ってたんです

そんな事を主人が言える様になって欲しいと夢見てます

不倫をした事を短期間で本気で後悔させるのは離婚
それは私にもわかります

元は他人…
離婚したらせいせいする想像もつきます

でも私は違う道を選びました

それはこんな自分を変えたい…
その主人の気持ちを感じられたから

変えたい気持ちが本気なら共にいばらの道を歩けるはず
15年を無駄にしない為に

そしてようやく私にも主人にも共に歩く道が見えはじめてきた…
今はそんな時です

まだまだその道は平らではないけれど…
これからが私達の新たな夫婦生活が始まるのだと実感しています

 

 

Yさんありがとうございました。

 

 

この内容はこちらからでもお読み戴けます。

 

 

今回は、以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

納得した!為になった!という方
応援クリックお願いします。めっちゃ喜びます!



浮気・不倫問題 I(愛)・修復プランナー 永松太介@夫婦問題カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります