【怒り。その先に見えだした感情とは?】 | 浮気・不倫問題 浮気・不倫被害者救済センター 夫婦再構築ブログ

浮気・不倫問題 浮気・不倫被害者救済センター 夫婦再構築ブログ

浮気不倫に特化した唯一の相談室。専門だからわかること。専門だからできること。浮気不倫からの夫婦再構築・夫婦修復の問題点や注意点を惜しげもなくお伝えします!


テーマ:

おはようございます。

夫婦問題相談室 横浜 ハートスペース

浮気・不倫被害者救済センター

夫婦問題カウンセラー

I(愛)・修復プランナー 永松です。

 

また雨かぁ

 

こうやって春になっていくのは判るんですが・・・

 

嫌な感じですね。

 

森さんによりますと

3月後半でまたまた寒波が来るとのこと。

 

天気予報なので半分半分で聞いておきます。

 

さてさて、今日は

 

今日はYさんシリーズをお話します。

 

作られた記事ではなく、リアルなお話をお伝えする事が

使命だとも思っております。

 

【怒り。その先に見えだした感情とは?】

 

過去のYさんに関する記事はこちら

 

【蓋ばかりの不倫問題と決別したYさんより】

 

【夫の不倫ですべてを見つめなおし、自分軸を持ったYさん】

 

【自分軸を持って、不倫脳・お花畑の夫に向き合う覚悟を決めたYさん】

 

【゛楽になる”この意味の違和感に気付いたYさん】

 

【ご主人に出てきた変化を知ったYさん】

 

【不倫の事実を知る必要性と、水面下の危険性に気付いたYさん】

 

【不倫が終わっても・・・この気持ちと戦っているYさん】

 

【夫に最後のチャンスをと奮闘するYさん】

 

【再構築は茨の道と再認識したYさん】

 

【たかがAV、されどAV・・・不倫の後遺症】

 

不倫をされてからの怒りの感情

 

発覚後すぐの方もいれば、落ち着いてからの方

また、思い通りにならず怒りに苛まれる方

 

それはもう様々です。

 

不倫の解決を考えた場合

この怒りの感情はあまり大切にしたらいけません。

 

=それが暴走に繋がるから。

 

相当な数のカウンセリングをお受けしてきましたが

今まで、怒りだけに支配されている方は

まずます少数です。

 

当然ですが、多かれ少なかれ怒りの感情はお持ちです。

 

それをコントロールしているのか?蓋をしているのか?

 

言い方が悪いですが、計算しているか?

 

怒りの感情

 

見えない、わからない部分が多すぎてモヤモヤ、イライラ

はたまた、「なんでお前が!」か。

 

不倫の解決を考えた場合

早々と怒りの感情は昇華させた方が良いです。

 

怒りの感情で動くのではなく、使命と言った方が近いかな?

 

夫に対しての怒り、これは持ち合わせて頂いてOKです。

 

ただ愛人に対しては・・・

 

という事。

 

また、この怒りの感情

 

解決前と解決後では意味合いが変わってきます。

 

今日はその辺りを含め、Yさんからのメッセージをお伝えします。

 

今日は私に大きな心の変化があったのでご報告します

夫婦として落ち着きだしてから、私の中の「怒り」が強くなってきました

一度は落ち着いた気持ちですが、普通に主人に接していて主人も普通に接してくる
そんな日常が受け入れられない私が居るんです

私が普通にしてるからといって調子に乗ってんじゃないか?
何事も無かった様に生活して不倫も無かった事になっていくのではないか?

日常が穏やかになればなるほど違う気持ちが沸き上がります

ヤリ得じゃね?
一言でいえばそんな感じです

子供にとっては今まで通りの生活が1番落ち着く
だから私は不倫前の生活の様に振る舞う

でも、そしたら不倫してた期間
そこがすっぽり抜け落ちただけ…
主人にとっては家庭を失わず元に戻れた、まさに「ヤリ得」

私の傷はどこに行った?
私の悔しさはどこに行った?
そんな風に振り返り、拾い集め、丸めて主人に投げたくなるんです

で、投げちゃいました❗

主人からしたら「また始まったの?」的な私のライン攻撃です
仕事中にバンバン…

私が辛かった時の状況を忘れさせるものかと…私の中の怒りのマグマが私を突き動かしている様でした

また家族を捨てて自由に好きなことすればいいなんて事も…

主人はというと、冷静でした
でもその冷静さが「凄い」と思えたんです
冷静に優しく普通の会話をする
でもちゃんと私の怒りを無視はしていない、そう感じたんですよね

散々送って落ち着いた頃

二人きりの時間が久しぶりにとれました

沢山話しました
不倫問題について

不倫をする前も、結局不倫が出来るような人だった。
いい夫いい父親を装っていたけれど、女好きは隠していた。
だから、たまたまチャンスがきて不倫をしたんだ。
どこかでばれないで不倫をしている人が羨ましかったんだ。

私が主人の本性について指摘すると、主人はあっさり認めました

そうだったんだと思う
だから、不倫したんだと思う
だから、あんな女でも…と

それを向かい合って聞いたとき

『あぁ、この人大丈夫だ』
感覚的にそう思えたんです
女の影を感じた時のピピッとアンテナが反応した時の様な感じで

憎しみに支配されていた私の中の
何かが変わりました

人は思いがけず道を外すこともある
してしまった事は消せないけど過去は変えられる
でもそれは決して蓋ではない
してしまった時の意識を変えれば後悔もついてくるし、違う道が見えてくる

主人を見てそう思いました

その後
寝ている主人を見て、不倫問題がおきてから今まで
何度も寝顔にムカついた事がありましたが…
今日は何だかいとおしくなって抱きしめました

離婚をしなくて良かったと初めて思えました

今のところは…と添えますが(笑)

これは永松さんが言っていた「意識改革」が主人の中に表れたんだなぁと思えました
そしてまた私にも…

『夫婦は鏡』ですね

ご報告でした

 

いかがでしたでしょうか?

 

Yさんのケースは解決後のお話です。

 

この内容はこちらからでもお読み戴けます。

 

今回は、以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

納得した!為になった!という方
応援クリックお願いします。めっちゃ喜びます!



浮気・不倫問題 I(愛)・修復プランナー 永松太介@夫婦問題カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります