Ruheのひとりごと

Ruheのひとりごと

お菓子作ったり、パンを焼いたりして遊んでいます。営業許可あるので販売してますが、気まぐれです。


ちょっとずつ

お菓子&パンを焼いています♪


テーマ:

やっとやっと作ったティラミス。

ずっとケーキが食べたくて。

作れなくて買ったりしたけど、

やっぱり自作は美味しい。

 

もうすごく久々にPCでアメブロ開いたら

管理ページがすっかり変わっていて

ちょっと浦島気分。

 

ホント、ブログは書かなくなりましたが、

最近はまた書きたいなという思いが

出てきました。

 

書けるかはわからないけど。

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

 

備忘録として書きたいのは

どうでもいいこと。私のこと。

私自身の備忘録だから、それでいい。

 

もうずっと調子が悪く、

まあ、思い当たることはいろいろあるのだけど、

ちょっと自分自身に関する発見なんかもあったので、

今後のために記しておこうと思った次第。

 

昔はそんなことはなかったのだけれど、

最近ではめっきり引きこもりの私。

人に会うのが嫌だし、

酷い時は宅配便の人が来た時の応対すら

嫌で仕方ない。

 

引きこもりの弊害はコミュ障になること。

人と関わっていない分、

そのやり方がわからなくなる。

これ言ってもいいのかな、とか、

逐一気になったり。

自分の世界に自分しかいないから

自分が王様になったり、

一方で自己否定に走ったり。

 

基本的には私、朝、目が覚めると

すぐに活動できるタイプなのだけど、

ここ最近は毎朝憂鬱。

それでも、朝はオートマチックに

顔を洗ったり朝食の準備をしたり。

こういうのを習慣というのだろう。

 

もともと自己否定が強い私はつい先日、

いろんな条件や事件が重なり、

完全に自分を見失った。

 

自分、行方不明。

 

何も手に付かず、

座っているか横になっているかで

時々涙が頬を伝ったり。

自分が生きている意味とか

否定的にしか考えられず、

早くこの世が終わればいいのにと考えたり。

 

どんなに奮い立たせようとしても

起き上がれない、足が立たない。

お手上げ状態。

 

何とかしようと努力したんだよ。

それでも全く歯が立たず、

今までにない虚無感。

(悪魔の仕業だっていう噂もある…)

 

 

それと同時に困っていたのは

仕事が手に付かないこと。

ここでいう仕事はお菓子の仕事。

 

そう、このお菓子の仕事に関しては

ずーっとずーっと悩み続けてきた。

好きなことだけど、

楽しいと思うことより、

しんどいと思うことの方がはるかに多く、

やめようと思ったことは数えきれないほど。

(言い訳したくないけど、HSP気質が邪魔をしているっていう噂もある…)

 

それにしても、先日のその状態の中で、

思考も正しく機能していなかったようで、

「もう絶対に無理だ」と、

お菓子の仕事を続けるのは不可能だと、

それはもう確信に近いものだった。

 

とりあえずその日はお手上げだったので、

もうどうにでもなれと、ダラダラと過ごして終わり。

 

翌日はいくらか状態は良く、

どうにかこの状況を打破できないか、

なにか対策できないかと考えてみた。

その中で面白い発見があった。

 

私はよく、仕事が丁寧だと言われる。

言われるっていうか、

言われることがよくあったなーという過去の話。

 

そうは言われてきた私だけど、

今回、紙と鉛筆を持って

自分と向き合ったとき、

私には丁寧さのかけらもないことが判明。

笑えた。

 

順を追って、

自分の状態を細かく把握し、

それぞれに「なぜ?」を付して

糸を手繰り寄せるように

その理由を探っていった。

問題の核心を突き止めたかった。

 

そこで見えてきたのが、

私は

「丁寧に生きていない」

ということだった。

 

丁寧に生きていないってどういうことか。

目の前のことに集中できていないっていうこと。

いい加減に適当にごまかして

やり過ごしているっていうこと。

今を生きていないっていうこと。

 

たぶん、だんだんとそうなっていったのだと思う。

それはいろんな状況があってのことだと思う。

 

丁寧に生きていないとどうなるのか。

やっていることに実感が湧かないのだ。

そこに意識がないから実感がないのだ。

万事がそうだから、もはや

私は生きている実感さえ得られない状況なのだと

そこに行きついた。

 

生きてる実感かぁ…。

それ、欲しいなって思えたとき、

私、救われたなって思った。

 

で、生きてる実感を手に入れるために

どうしたらいいのかな、と思ったとき、

今やっていることの逆をやればいいということに行きつき、

丁寧に生きる努力をしようと決めた。

 

丁寧に生きるってどういうことか?

さっきの逆で、

目の前のことに集中して

いい加減にやりすごさないこと。

 

具体的には、

動作をゆっくりにして、

その動作をいちいち味わうようにする。

そして、なんでも後回しにしない。

さらに、決めたことはやる。

 

これが答え。

今の私にとっての正解。

 

ちょっとしたメモでさえもゆっくりと丁寧な字で

書くようにしたのだけど、これは快感。

大好きなボールペンとノートも手伝って、

書き心地よく、美しい字が書けるのがとても嬉しい。

 

決めたことをやるというのは

レベル的には、

朝起きたらお水を飲む、とか、そんなレベル。

 

そうやって実感と達成感を積み上げていくことで

行方不明の自分を見つけることが

できるんじゃないかなって

今、思ってるところ。

 

うーん、

だけど全然前に進めていない気がする。

ちょっと進んでも、そう思えない自分っていうのも

問題アリなんだな…(HSP)

 

 

 

 

 

自分との約束を守ることで

自信は付いていくのだと。

 

自分を裏切り続けてきた私は

自信のかけらもなく、

弱い自分を守るために

感覚には歪んだフィルターを装着し、

言動はたくさんの毒針のような棘を持っている。

 

そんな私が

HAPPYという言葉を利用するのは

周囲を欺いているかのようで心が痛いし、

自嘲せざるを得ない。

 

 

以上、

恥ブログでした。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

家族で修善寺へ繰り出す。

暑いのに。

 

年配の観光客のご一行様とか、

外国の方とか、元気だなと。

 

私、ひとりでへろってただけか。。

暑すぎて、頭痛。

 

地元の歴史を調べるとかで、

弘法大師が修行したという奥の院だとか、

源範頼のお墓だとか…(誰?)

本当はもっと見るとこあったけど、

暑くて無理。

早々に退散。

 

写真は修禅寺のすぐ近くにある

日枝神社。

 

私、ここ好きで。

大きくて立派な木々が神々しい。

ここだけ異空間。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス