【iPS細胞】心臓病の治療治験申請 | ■ ハートノコト ■〜心臓手術体験記~

 

 

●「NHK NEWS WEB」2019年10月23日記事より

 

●ニュース動画iPS細胞で心臓病の治療治験申請へ 阪大の研究グループ

 

 

大阪大学の澤教授の研究グループが、

身体の様々な組織に変化する「iPS細胞」からつくった

心臓の筋肉細胞をシート状にして、

重い心臓病患者の心臓に直接貼り付けることで機能を快復させる臨床試験(治検)を

今年度中に実施予定のようです。

 

申請が通り、安全性や有効性を確認されれば、

保険が適用される一般的な治療法として確立するのが

早まるのではないかと期待されているそうです。

 

詳細が気になる方は上記リンク先をご覧ください。

 

 

心臓病について書き記し、このブログを継続して7年。

その間、iPS細胞、心筋シートのニュースを目にして、

こうやって記事にする度に、日増しに前進しているのだなあと実感しています。

数年後は、また明るいニュースが届いているのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋がだんだんと深まり、朝晩冷え込みますね。

 

みなさま、お身体を大切に、

 

実り多き、爽やかな、穏やかな秋を過ごされますように、

 

お祈りしております。