献血、断って、ゴメンナサイ。 | ■ ハートノコト ■〜心臓手術体験記~


ちょっと前に、いつも仕事上でとてもお世話になっている取り引き先の社長様から、

突然メールが入りました。

「今、○○で献血受付中!時間あればご協力を!」

仕事の取り引き先の大切な方。非常に断り辛いです。

理由は書きませんでしたが、

協力したい気持ちはありますが、
残念ながら都合つかず伺えません、と返信しました。

そういったこと、サラリと流せたらよいのですが、少し生真面目な私です。

加えて、人にお願いされたら、割と断れないタイプです。

他人に言わなくて良いこと?

普通に軽く言ってみる?

ついてよい嘘だよね?

いつもこういった場合、どういう返答を…と、しばし考えてしまいます。



以前も記事にしたことがある献血のこと。

本当なら、協力したいのですが…

心臓手術を受けた時に輸血経験あり、できません。

申し訳ないです。

次、また同じ方から連絡があったらどうしましょう。


どこかの知らない誰かに命を助けていただいたのに、
その方に直接お礼を伝えられない上に、
自分は血液を必要としている人たちに、献血、輸血の協力ができません。

おかげさまで、元気に生きていること、
それが恩返しになれば良いです。







ところで、余談ですが、
健康診断を受けた人から聞いた話です。

その方は血液検査で、血が多かったようで、お医者さんから、
「献血にでも行って血をとってもらいなさい」と言われたそうです。

血の気が多いと、血の量を減らした方が良いのですね。

どちらかというと私は貧血タイプなので、
そういうものなのだと初めて知りました。





●もうすぐ6月14日は、「世界献血者デー」
●日本の「献血の日」は8月14日