【心臓病サバイバーなんです!】 | ■ ハートノコト ■〜心臓手術体験記~

テーマ:
 
 
「がん」という病気と闘っておられる、また勝ち残った生存者は
 
「がんサバイバー」と言われています。
 
身体も心も、大変な闘いの結果、勝ち残った人たちです。
 
世の中には「心臓病」という病気と闘っている方や闘いに勝った方が沢山いるのに、
 
「心臓病サバイバー」
 
という言われ方は、全然見かけない、耳にしないです。
 
ネットだから、声を大にして言います。
 
私は、生存者。
 
「心臓病サバイバー」です。
 
 
 
 

 
 
 
 
ところで。少し話題が変わりますが。
 
私は、ブログでは心臓病のことを色々言葉にすることができるけれども、
現実社会では闘病経験を全く話せない。
 
たまに仕事関係で、自分の病気がきっかけで行動したことや、
思いついたことなどについて、
 
(フリーランスになったきっかけや、ある物事の考えにいたった理由など)
 
他人様から、「なぜそれを選んだの?」「どうしてそうしたの?」
 
などと尋ねられた時、
 
私は、本当のことがちゃんと伝えられない。
 
病気のことには全く触れず、嘘をつく。
 
なぜ、そうしたか、隠してしまう。
 
真実が伝えられない。
 
それについて、モヤモヤはしないけど、本当のことじゃないから、
 
胸のうちは、静かにフリーズ。
 
?????!!!!!
 
・・・・・・・・・・
 
ここ数年、自分で自分に問うことをずっと繰り返している。
 
まっ、いっか。
 
って、そこで気持ちを切り替えている。
 
今は健やかに生かせてもらっているので。
 
小さな葛藤。
 
きっと他人様からは、
 
どうでも良い話ではあるかと思うけれども。
 
でも私の人生で、今の私があること、考え方など、
 
心臓病との出会いがめちゃくちゃ大きく影響しているので。
 
考えることは、やめられないのである。
 
考え過ぎてしまう世間の目。
 
それを気にせず、
 
「心臓病と闘ったから、今の私がある」
 
「こういう気持ちで生きている」
 
など本当の心のうちの想いを話したいなと、実は心の片隅に少し思っている。
 
けど、話せない。
 
(場合により、相手がどう捉えるか分からないと不安に思う。
継続した仕事が得られないなどの、自分にとって不本意かつ
マイナスな流れになってほしくないから。
プラス思考で何も考えないでいきたいのですが、現実はなかなか・苦笑)
 
ちょっと勇気がいるのは、私だけだろうか。
 
 
 
(いろんな物事をもっとユルく考えられたり、
頭から消して楽しい嬉しいことばかり考えていた方が、心身にとって良いのにね。
今年はうまくオンオフを過ごせるようにしたいです)
 
 

konpekiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス