【激しい歯痛】突然の激痛 3痛話 | ■ ハートノコト ■〜心臓手術体験記~

テーマ:

 

 

前回・2痛話の続きです。

 

 

 

毎日、歯茎か歯の激痛が続いた。

ロキソニンを飲みながら、なんとか生活した。

 

素人判断だけれど、もしかして、疲れやストレスが原因かもしれないと思い、

一日7〜8時間睡眠をとるようにした。

 

ネットで血流が良くなると歯痛が増すという記事を見かけ、

お風呂(湯船)には入らず、連日シャワーで済ます。

動きもゆっくり、穏やかに過ごす日々が続いた。

 

そんなある日、姉と電話で話す機会あり。

歯茎が痛くて非常に困っている話をした。

 

姉も過去に痛くなったことがあるそうで。

 

姉の場合、以前、歯が痛くて歯医者に行ったところ、歯科医から神経を抜く話をされて。

すぐに神経を抜くよう勧められたことに不信に思い、すぐさま違う歯医者に診てもらったそうで。

 

すると、

 

「寝ている間に、"歯ぎしり”をしていないですか?」

 

と言われたらしい。

 

突然の「歯ぎしり」疑惑は、姉にとっては寝耳に水の話。

それで、医師から就寝時にマウスピースをつけて寝ると良いと言われ、

とりあえず装着して寝ることを続けたらしい。

 

その後、すっかり痛みがなくなったそう。

 

という経験から、姉曰く、

 

「歯科医に言われたからと、すぐに神経は抜かない方が良い」

 

「違う病院で診てもらった方が良いのでは?」

 

とのことだった。

 

寝ている間のことは自分には分からないが、歯ぎしりはしていない気がする。

 

う〜ん。。。

 

今、私は住んでいる地域で一番腕が良いと思われる歯医者さんに診てもらっている。

 

今の歯科医にこのまま診てもらうか、違う歯医者に足を運んでもらうか...?

 

 

 

この話は続きます。。。

 

●こちらの記事は、2018年12月末時の出来事を書いています。

 

 

 

 

konpekiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス