【乳がん検診】を受けました。 | ■ ハートノコト ■〜心臓手術体験記~

テーマ:

 

 

40代に入り初めて「乳がん検診」を受けました。

 

住んでいる町から検診クーポンと案内が届いたので、集団検診で受けました。

 

受付時、スタッフさんに笑顔で言われました。

 

「はじめての検診ですね!受けに来て下さりありがとうございます!」

 

自分のために受診したのですが、「ありがとう」と迎えてくださるとは。

世の女性はどのくらいの割合で受けているんだろう…?と思いつつ、

ありがたいクーポンで検診していただけることに感謝。

 

「こちらが、ありがとうございます」

 

 

検診内容は、問診票記入と、初の「マンモグラフィ」のみ。

触診はありませんでした。

マンモグラフィは乳房のX線撮影のことです。

乳房を上下方向と、斜め方向との2方向を撮影しました。

 

女性技師さんが乳房をギューっと引き寄せたり、引き出したりしてくれて撮影。

事前に何の知識もなかったので、こうやって検査するんだ!?とちょっぴり驚きました。

とにかくギューっとギューっ!とするので痛みを伴う検査でした。

私のぺったんこな胸を挟むのはさぞ大変だったことでしょう(ヽ´ω`)

 

ところで、事前に郵送されてきた検診案内を確認しても見当たらないのですが、

検診受付で気づいたことがありました。

 

注意書きが書かれた紙が貼ってありました。

かつ簡単に確認もされました。

 

いくつかありましたが心臓に関しては、

 

「ペースメーカーが入っている方は集団検診では受けられません。医療機関で受診して下さい」 

 

事前案内にもっと目立つように書いてあった方が良いのでは?と内心思いました。

中には私みたいに検診会場に来てから、知る人がいらっしゃるかもしれません…。

自身はペースメーカーは入っていませんが、

心臓手術を受けて心臓の中に人工弁輪が入っています。

乳房の位置に近いため、念のため確認したところ、検査しても問題ないとのことでした。

 

帰宅後、ネットで検索したところ、

ペースメーカーなどについては、

「乳房を強く圧迫するため、破損や位置のズレが起こる場合あり。また、人工物によって写真の診断が正しくできない場合があるため」とのこと。

ついでにこんな記事も見つけました。

「手術創がある方は主治医に撮影可能かご確認下さい」

ちなみに私が受けた集団検診では、これについては案内・受付とも記されていませんでした。

 

 

40代からは2年に一度、検査を受けた方が良いとのこと。

まだ検査結果は届いていませんが、早期発見、大事です。

「異常ありません」の通知が届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

konpekiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス