導線ない「ペースメーカー」日本で販売開始。 | ■ ハートノコト ■〜心臓手術体験記~

テーマ:

 

不整脈を監視し制御、心臓を正常なリズムで拍動させるペースメーカー。

このブログを訪れる方の中にも、

装着されている方がいらっしゃると思います。

 

昨秋、新聞で導線(リード)がない「リードレスペースメーカー」の

記事が掲載されていました。

ブログアップするのが遅くなりました。

 

生活する上で、煩わしい導線(リード)がない、

心臓内に直接装着するタイプのリードレスペースメーカー「Micra」

(読み:マイクラ、経カテーテルペーシングシステム)が、日本初で承認され、

アイルランドの医療機器大手の日本法人「日本メドトロニック」が、

昨年9月から販売開始したそうです。

 

「Micra」は小型軽量化され、世界最小。

(長さ2.6㎝、直径約7㎜の円筒形、1.75g、1cc)。

新聞に写真が掲載されているのを見ると、

500円玉サイズくらいで、カプセルみたいな形です。

ちなみにグッドデザイン賞(2017年度)を受賞しているみたいです。

電池寿命は約12年。

費用は150~250万円(手術・入院含・高額療養費制度利用可能)。

日本では装着するには患者の年齢などいくつか条件あり。

 

太ももの付け根からカテーテルで直接心臓(右心室)へ送り込み装着。

従来型の導線ありのペースメーカー同様の機能で、

患者が胸部皮下の膨らみを意識しないでよいそう。

また、従来型は電気を伝えるための導線(リード)が断線したり、

血管の詰まり(静脈閉塞)、本体埋め込み部分の感染症などリスクがあったそうですが、

リードレスペースメーカーは装着1年で、

これらの症状が起きる割合は48%減少しているそうです(同社の従来型比)。

身体への負担が減り、患者の生活の質

(英:Quality of Life (QOL)/ クオリティー・オブ・ライフ)

向上をもたらすことが可能になったとのことです。

 

 

ちょうど一年前、当ブログの記事「時計じかけと、心臓。」

以下のコメントをくださった心臓病サバイバーの方がおりました。

そのまま書き記します。

 

 

 

――――――――――――――――――――――――

 

私、ペースメーカーついております。

一度の手術で永久に使えるならいいですよね。

 

アメリカではリードのないペースメーカーがあり、

日本でも1年後には承認されるんじゃないの?

という話を昨年6月に先生がされておりました。

 

そのとき先生が、外から充電できればいいのにねと

おっしゃっておられました。

 

外からペースメーカーの情報を取り出すことが

できるんですから全くない話でもないような…

 

医学の世界は日進月歩

 

10年後はどうなってるんでしょうね?

 

(コメント:kyoさん)

 

――――――――――――――――――――――――

 

それが、ついに実現されたんですね!

 

明るい技術革新のお話は、嬉しい気持ちになります。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ
にほんブログ村

 

 

konpekiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。