昨日、無事退院しました〜笑い泣き

 

 

 

 

 

ただ、回復出来た訳ではなくて。

 

 

要は、もう入院していても

私の腎臓癌への打つ手はなくなったので

 

 

ずっと入院している意味がなくなったと言うこと。

 

 

 

 

 

そう、もう緩和ケアしかやる事がなく

この2週間ほどは入院中は

 

 

痛みが出る前と、痛みが強い時

麻薬の鎮痛剤を飲むだけ。

 

 

ナースやヘルパーさんが自分で出来ない事は

手を貸してくれていたけど。

 

 

 

何せ食事がほとんど食べられない状況だったので

 

数日に一度点滴をするくらい。

 

 

 

あとはひたすら家に帰れない事と

4人部屋だったので、他の患者さんが出す物音と

患者さん同士のおしゃべりにストレスMAXガーン

 

 

私の可愛い天使まめたんに会えないし

抱っこも出来ない事でイライラむかっむかっむかっ

 

 

 

 

 

入院していた大学病院は家から電車で2時間近く掛かるので

 

 

相方も頑張っても面会に来るのは週一。

 

 

 

 

 

おまけに入院患者への面会は

着替えや必要な物を届けに行くのが許可されていたけど

 

それもナースを通して渡してもらう事だけ

 

 

まぁ、でも何とかしてコソコソ短時間は

会う事は出来ていたのだけど

 

 

 

こうなるともう入院している必要がないので

家から比較的近くの緩和ケアと訪問診察と看護を

してくれる病院でお世話になるしか方法がないので

 

 

流石大学病院だけあって

ケアマネージャーさんとDrと面談して

 

 

あっ!と言う間に訪問治療をしてくれる病院との

話を通して貰えたので

 

 

明日にはもう

病院のDrと今後お世話になるケアマネージャーさんとの

面談日も明日には終わる。

 

 

 

ただ、帰宅して起きたアクシデントとしては

入院ですっかり落ちてしまった筋力の為に

 

床から立ち上がる事が出来ないのが判明ゲロー

 

 

 

 

おかげで、帰宅してからまた

トイレに行くことも出来ないショックあせる

 

 

トイレまでは這って行けたけど

便座に座れない。。。

 

 

 

一応オムツパンツを履いているけど

意識しているせいか尿が出ない汗

 

 

 

 

なので、またオシッコの管を入れて貰う事になりそうえーん

 

 

 

 

 

まぁ、そこは訪問看護をお願いすれば

管を入れた後のケアもしてもらえるからやむを得ないな

 

 

 

 

 

それに、昨日は退院手続きの午前9時半くらいから

午後の5時くらいまで車椅子に座りっぱなしでゲッソリ

 

相当疲労も溜まっているし

明日になれば多少は動けるかも。。。

 

 

帰宅して愛するまめたんをいっぱい抱っこもしたしチュー

 

 

 

 

 

何が嬉しかったって

 

 

 

私が帰って来た時の

このまめたんの表情照れ

 

 

 

 

ああ。。。

 

この表情がずっと見たかった飛び出すハート

 

 

この時の為に入院中の症状が酷くて

 

 

 

もはやここまでか?!と思えた時も耐えられた。

 

 

 

 

 

ここからしばらくはまだ

バタバタする日が続くだろうけど

 

 

この笑顔が側にあるのだから

病院のベッドの上で唸っていた時とは大違いだ

 

 

 

 

あとどれくらい生きられるか

さっぱり予測は立たないけど

 

 

 

自分だけの力で手に入れたこの部屋で

最後を迎えられるなら本望ですラブラブ

 

 

 

 

 

本当にもう悔いはないな。。。

 

 

 

 

 

と、こんな時間なのに

リビングで一人ニヤついている今の私。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢とか愚痴とか想いとか。。。 - にほんブログ村

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村