風邪薬 | RIKOの家づくり日記

RIKOの家づくり日記

“神様の宿る家” ゼロ宣言の家のリアルレポート


テーマ:
今日は節分 👹



我が家も夕飯の後に、家族みんなで豆まき 



その後、一年間の無病息災を願って豆をいただきますが…年々、豆を食べることが拷問となっております…



今年、4○粒…チーン


ま、この “神様が宿る家”に住んでいれば無病息災ではないかと 



ただ、この時期、風邪をひいている方が多いですね 💦



ってことで、元ナースのつぶやき、です



風邪をひいたら、風邪薬を飲む、というのが当たり前の思考回路な方がまだまだ多いかと思います



よく、
「風邪をひいたらどうする❓」
と、人に尋ねてみるのですが…



ほぼほぼ 、病院に行きます とか、
風邪薬を飲んでお風呂入らず寝ときますとか…



たしかに、私も幼い頃は、風邪をひいたら「お風呂入らず、風邪薬飲んで早く寝なさい」と、言われていたな…



ちなみに、病院に行ってもらうお薬はたいてい… 



抗生物質…💊



そして、AAP(アセトアミノフェン) 💊



この薬たちの説明の前に、まずは風邪のご説明を…がーん。



風邪は、細菌感染ではなく、ウィルス感染まっくろくろすけ



抗生物質は、細菌をやっつける薬…



…と、いうことは?



「あら、意味ないじゃん」



と、思えた方、素敵ですアオキラ



結構、これを話しても理解されない方が多いのです… 




中には、



「でもまぁ…、お医者さんに出されたら、それでも飲んでしまうよね…」



って方も…なぜ 
滝汗 ?



風邪は抗生物質では治りません…



飲んだから治っているのではなくて、いわゆる“日にち薬”です…



それどころか、自分の体を守ってくれる常在菌を殺してしまうことに…



これを、私なりの解釈で水爆と言っていますスカル



いや、水爆のほうがまだまし



いいのもだけど悪いのも殺すから…



風邪の場合の抗生物質は、いいのを殺して、悪いのは殺せないから…



例えば、発熱は、白血球のリンパ球部隊か、風邪のウィルスと闘っている状態 ⚔



風邪のウィルスは、38.5℃の熱でその増殖機能は抑制されます



要は、その為に体の免役システムがわざわざ熱を出してくれているわけ…



ちなみに、AAPは解熱鎮痛剤です 



「あら、ダメじゃん」



と思えた方、更に素敵です 



そう、自分の免疫システムの妨害です…



そして、免役システムが勝利チカラコブを感じたら、熱を上げる必要がなくなるので、自然に平熱に戻ります



じゃあ、風邪をひいたらどうするか…?



健康な方の場合、風邪くらいで病院には行かないで欲しいな… 



そして、


・水分補給(ぬるま湯に塩をひとつまみ)

・消化にエネルギーをとられないよう、食べすぎない(白ご飯、赤肉、甘いものは食べない)

・ビタミンCを補給

そして、寝る 💤



“免疫”とは…



まさに、“疫”を“免れる”



そのシステムがちゃんと、体には備わっているのです




でも、高齢な方や、お子さん、色んなケースもありますから、絶対病院に行くな、とは言えない部分もありますが、健康な方には一応知っておいていただきたい情報でした 



最後に年長の息子は天才に違いないと、親バカ全開で、終わりたいと思います 

{BF868685-B067-4F4F-A91A-F955538BC38A}


保育園から持って帰った息子作のオニでした👹



上手っ 

RIKOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス