脳と運動器~「運動器の不調」は「健康寿命の短縮」 | 香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

香川県 さぬき市 健康的にダイエット&美姿勢を!「ヘルシー幸房」
リバウンドしにくい体型・姿勢をサポートします♪

健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師

・ダイエットカウンセラー(認定講師)

・ハンドセラピーインストラクター

・セラピストの横山です。

 

脳と運動器~「運動器の不調」は「健康寿命の短縮」

運動器・ロコモティブシンドローム

 

運動器の不調に悩む人は50歳を過ぎると急増し、70歳代で

最も多くなっています。

私たち日本人は世界トップレベルの長寿を誇っていますが、

その分、神経や筋肉、骨、関節などの運動器を酷使し続けて

いるともいえるのです。

運動器は連携プレーをとっているため、もし、運動器のどれか

1つでも不調になれば、今まで当たり前のように行なっていた

身体活動が突如として難しく辛いものに変わってしまいます。

また、不調になった運動器の役割は他の運動器が補うものの、

その負担は計り知れず、やがて、補いきれなかった運動器までも

不調になってしまいます。

例えば、骨粗しょう症の痛みによって活動量とともに筋力が

低下すると、体重を支えるなどの筋肉の役割を腰や膝などが

補うようになりますが、こうなると、やがて、膝の関節にある

軟骨がすり減るなどして膝に痛みがあらわれるように

なります。そして、活動量はますます低下して悪循環に突入する

ことになります。

このように、運動器の不調は、日常生活だけでなく健康寿命も

脅かすのです。

そこで、 今、注目されているのが「ロコモティブシンドローム」

です。

 ロコモティブシンドロームとは、運動器が衰えて「立つ」「歩く」

といった動きが困難になり、要介護や寝たきりになって

しまうこと、または、そのリスクが 高い状態のことで、

公益社団法人日本整形外科学会によって提唱されている

言葉です。

ロコモティブ (Locomotive) は、英語で「運動の」または

「機関車」という意味であり、年齢を重ねることに否定的な

意図を持ち込まないことが大事であるとした上で、機関車の

力強く前進する能動的なイメージを取り入れて名付けられ

ました。

現在、ロコモティブシンドロームに陥っている人は、予備軍も

含めて4700万人以上もいるとされています。

気付かないうちに陥っている場合が多いため、なるべく

早いうちに自覚し対処することが必要です。

また、厚生労働省の調査によると、介護が必要となった

主な原因の順位は、認知症、脳血管疾患、高齢による衰弱、

転倒・骨折、関節疾患となっていて運動器の不調がきっかけで

要介護状態になることが決して珍しくないことが

わかっています。

ロコモティブシンドローム

 

ーこのようなことに思い当たりませんか?ー

ロコモティブシンドロームチェック

 

このチェックは、主に、神経の衰えなどによるバランス能力の

低下や、筋力の低下が考えられるかどうかをみることが

できます。 また、膝や腰の病気が疑われる場合もあるため、

もし、1つでも当てはまった人は、整形外科専門医に相談する

ことがすすめられています。

 

ロコモティブシンドロームチェック解説

 

 

 

人生100年時代といわれるようになってきました。

世界的な長寿大国である日本において、

すべての人が元気に活躍し続けられる社会、

安心して暮らすことのできる社会を

つくることが重要な課題であり、

そのために3つの柱である

「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを

バランス良く取り入れていくことが求められています。

 

食事・運動・睡眠・休養

 

あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか?

健康管理士

 

健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!

 

資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」

 

お問い合わせ・ご予約は
TEL:0120-967-984
メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ

ホームページ https://www.healthykoubou.com/

合格ヘルシー幸房合格

・香川県さぬき市寒川町神前2266-1

・受付時間 10:00~20:00