気象(秋)と健康~ぜんそくの症状~ | 香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

香川県 さぬき市 健康的にダイエット&美姿勢を!「ヘルシー幸房」
リバウンドしにくい体型・姿勢をサポートします♪

健康管理士(上級指導員)・認定エステティシャン・美容整体師

・ダイエットカウンセラー(認定講師)

・ハンドセラピーインストラクター

・セラピストの横山です。

 

気象(秋)と健康~ぜんそくの症状~

喘息・呼吸

【喘息の症状】

ぜんそくの主な症状には、のどに感じる違和感(のどが詰まる)、

背中の張り、息切れや息苦しさ、咳や痰、空咳(痰が伴わない咳)、

呼吸時に狭い気道を空気が通るために起こる喘鳴(ゼーゼー、

ヒューヒューと音がする)などがあります。

これらの症状は夜中から明け方にかけて多発し、睡眠中の

安静にした状態であっても症状が現れます。

呼吸することが困難になると、横になっていられなくなり、

前かがみに座って呼吸しなければならなくなります。

さらに重い症状になると、血液中の酸素が不足するため、

意識を失ってチアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色を帯びる)

状態に陥ります。

ぜんそくの症状は花粉症や長引く風邪かと思って気付かな

かったり、ぜんそくではない呼吸器の病気、あるいは

心筋梗塞や不整脈などの心臓の病気の場合もあるため、

気になる自覚症状がある場合は早めに医療機関で検査や

診断を受けることが大切です。

ぜんそくの症状・自己チェック

喘息・自己チェック

 

【ぜんそくの検査と診断】

ぜんそくは呼吸することが困難になるほどの症状が現れて

から受診することが多い病気です。

しかし、実際のぜんそくの症状はそれよりも前に起きている

ことが多く、気道の症状は放置しておくと悪化していきます。

風邪などによる急性の咳の多くは、1~2週間で自然に治り

ますが、2~3週間以上も続く咳は風邪以外の可能性が高く、

注意が必要です。

咳が3週間以上続いた場合は、内科、呼吸器科、アレルギー科など

の受診が勧められます。

 

くぜんそくの主な検査>

◉問診

自覚症状があって受診すると、詳しい問診が行われます。

問診では、「いつごろからどういう症状が現れているか」

「咳が続いている期間」「発作が現れる時間帯」「発作のきっかけ

で思い当たるもの」「喫煙歴やアレルギーの有無」などを

調べます。

◉血液検査

どのようなアレルギーがあるかを調べるための血液検査では、

ダニや花粉などアレルギー反応を起こす抗原に対してつく

られる特異的な抗体「アイジーイ(IgE)抗体」 などを調べます。

◉呼吸機能検査(スパイロメトリー検査)

気道が狭くなって酸素不足になっているかどうかを調べる

呼吸機能検査を行います。

「オートスパイロメーター」という器具を使って、息をすべて

吐き切った量(努力性肺活量)に占める、最初の1秒間に吐いた

量(1秒量)の割合(1秒率)を測定し、正常値と比較することで

気道の状態を調べます。

◉気道過敏性テスト

さまざまな刺激に対して気道が敏感に収縮するため、気道を

収縮させる作用のある薬を濃度の薄いものから濃いものへ

順に吸入し、どのレベルで呼吸機能が低下するかを調べ、気道の

過敏性を判断します。

また、咳が長く続いていても、別の疾患の場合もあるため、

胸部X線検査や喀痰検査などによる鑑別診断も行い、ぜんそくに

似た症状を引き起こすほかの病気があるかどうかを調べ、

似た症状を起こす病気を除外します。

喘息検査・呼吸機能検査

気温や湿度の変化などの季節の変わり目である秋の季節に

症状が悪化しやすく、ぜんそくに似た症状が起きる病気で、

特に見分けにくい病気には次のものがあります。

 

くぜんそくに似た症状が起きる病気 >

◉せきぜんそく

風邪が原因で発症する割合が高く、風邪を引いた後に

8週間以上慢性的な空咳が続き、電話や長話をしたりすると、

咳き込んだり、のどがかすれたりするのが特徴です。

気温や湿度の変化、たばこの煙、飲酒、運動、ストレス、

ハウスダストなどが誘因となって咳を招く刺激になります。

特に、ハウスダストが増える秋は注意が必要です。

ぜんそくのように呼吸が困難になったり、呼吸時に狭い気道を

空気が通るために起こる喘鳴はありませんが、ぜんそくに似て

夜間から朝方にかけて咳き込みます。

治療せずに放置しておくと、本格的なぜんそくに移行して

しまうことがあります。

◉COPD(慢性閉塞性肺疾患)

呼吸が十分にできなくなる病気のことを

「COPD(Chronic=慢性、Obstructive=閉塞性、Pulmonary=肺、

Disease=病気)」と呼び、日本語では「慢性閉塞性肺疾患」と

いわれています。

従来、常に痰が多い「慢性気管支炎」や肺が広く壊れた「肺気腫」

といわれてきた病気は混在していることが多く、明確に分ける

ことが難しくなったため、2001年にWHO(世界保健機関)が

国際的に名称を「COPD」と統一することを提言しました。

たばこの煙を主とする有害物質を長期間に渡って吸入して

いたことで生じ、過去にたばこを吸っていた人、現在吸っている

人の中でCOPDが発症するのは約15% といわれています。

近年においては、先進国や途上国を問わずCOPDの患者数死亡数

の急激な増加がみられることが分かり、2030年には世界の

死亡原因の第3位になると予測されている病気です。

COPDでは、気道の粘膜に慢性的な炎症が起こり、痰が増えて

咳き込むようになり、進行すると呼吸が苦しくなります。

また、気道の粘膜における感染を防御する機能が低下して

いるため、季節の変わり目である秋から冬の季節にかかり

やすい風邪やインフルエンザなどを発症し、増悪の原因と

なります。

COPD・咳喘息

 

 

 

人生100年時代といわれるようになってきました。

世界的な長寿大国である日本において、

すべての人が元気に活躍し続けられる社会、

安心して暮らすことのできる社会を

つくることが重要な課題であり、

 

人生100年時代

 

そのために3つの柱である

「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを

バランス良く取り入れていくことが求められています。

 

食事・運動・睡眠・休養

 

あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか?

健康管理士

 

健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!

 

資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」

 

お問い合わせ・ご予約は
TEL:0120-967-984
メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ

ホームページ https://www.healthykoubou.com/

合格ヘルシー幸房合格

・香川県さぬき市寒川町神前2266-1

・受付時間 10:00~20:00