腸と腸内細菌パワー:腸内細菌の種類 | 香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

香川県 さぬき市 トータル健康サポート「ヘルシー幸房」

香川県 さぬき市 健康的にダイエット&美姿勢を!「ヘルシー幸房」
リバウンドしにくい体型・姿勢をサポートします♪

健康管理士・認定エステティシャン・美容整体師

・ダイエットカウンセラー(認定講師)

・ハンドセラピーインストラクター

・セラピストの横山です。

 

腸と腸内細菌パワー:腸内細菌の種類

腸内細菌・腸内環境

 

腸内細菌の種類は、大きく3つに分類されます。

主に腸内に有益な働きをする善玉菌と、主に有害な働きを

する悪玉菌、どちらが優勢な方の菌になびく和見菌です。

ただ、これらの呼び名は腸内細菌の分類を分かりやすくする

ためこのものであり、科学的には正確な表現ではありません。

善玉菌は健康維持、老化防止など、悪玉菌は健康阻害、病気の

引き金、老化の促進などの働きがあり ます。

しかし、善玉菌であっても腸内環境によっては、私たちに害を

もたら菌もあれば、またその逆もあります。

 

《腸内細菌の種類》

腸内細菌の種類・善玉菌・悪玉菌・日和見筋

 

◉乳酸菌とビフィズス菌

善玉菌の代表的な菌は、乳酸菌とビフィズス菌です。

乳酸菌は、ある1種類の細菌を指すのではなく、糖質を

分解・発酵して主に乳酸をつくりだす細菌の総称です。

乳酸菌は、その形の違いから乳酸桿菌と乳酸球菌に分けられ

ます。

桿菌とは細長い円筒の形を、球菌は文字通り球形をしたもの

です。

ビフ ズス菌は、糖質から主に酢酸と乳酸をつくりだします。

通常は棒状ですが、状況によってはV字やY字のような形を

します。

また、生育環境にも大きな違いがあります。

乳酸菌は酸素の有無に関係なく生きてけますが、

ビフィズス菌は酸素があると生きていけません。

したがって、乳酸菌は主に小腸に、ビフィズス菌は主に大腸に

すんでいます。両者を比較すると、ビフィズス菌が乳酸菌の

100~1,000倍も常在しているのです。

腸内環境・ビフィズス菌・乳酸菌

 

 

◉腸内で「発酵」と「腐敗」が起きている? 

腸内細菌は、どういった働きで私たちの体に影響している

のでしょうか。

小腸で消化・吸収できなかった食べ物の残りかすは、

腸内にすみつく菌が二次利用しています。

食べ物に含まれる糖質は、腸内細菌に分解されることにより

発酵します。それを担っている菌が主にビフィズス菌であり、

生成した酸により腸内が酸性に保たれて暮らしやすい環境に

なります。また、悪玉菌の多くは酸性の環境を嫌うので、

増殖防止にもつながります。

それに対し、ウェルシュ菌などの悪玉菌は、タンパク質や脂質を

分解することにより腐敗させ、アンモニアや硫化水素などの

有害物質をつくります。腐敗が起きると、腐敗物質が壁を通して

体の中に再吸収され、さまざまな病気を引き起こす原因にも

なります。さらに、腸内で悪玉菌が優勢になると、免疫力が

低下し病気を引き起こしやすくなってしまいます。

腸内細菌・免疫力

 

このように、腸内細菌は発酵と腐敗を行っていますが、

どちらも食べ物を分解するいった意味では同じです。

では、なぜ言葉を使い分けているのでしょうか。

例として、納豆などの発酵食品は私たちの健康にいとされます。

しかし、腐敗した食品は人体に有害なものとされ廃棄されます。

これと同じで、同じ作用でも私たちの体にとって有用(善玉菌)か、有害(悪玉菌)かの価値基準で発酵と腐敗を区別しているの

です。

 

◉我慢したおならの行方は?

おならの正体は、無臭の気体(窒素、酸素、水素、メタン、炭酸ガス)

と悪臭の気体(インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素、

揮発性アミン)などが混同れたガスです。

この悪臭は、大腸内のウェルシュ菌などのタンパク質を

分解したときに発生するため、不快なおならのにおいは、

腸内が腐敗しているサインともいわれています。

おならは生理現象の1つですが、人前では意識して防ぎたく

なるものです。

おなら

 

そこで、肛門の外側の筋肉(外肛門括約筋)をぎゅっとしめて

我慢したことがあるかと思いますが、我慢した後おならが

どこかへ消えていった経験はありませんか? 実は、我慢し

続けたおならのほとんどは、時間の経過ととともに大腸の

粘膜にある毛細血管から血液中に吸収されます。

おならの量が多いと小腸までも逆流し、ここでも小腸の粘膜から血液中に吸収されます。そして、血液中に入ったおならは、

血流に乗って全身を巡り、一部は尿の成分、残りは呼気に

混じって気付かないうちに口や鼻から排出されていきます。

おなら・腸内環境

 

 

 

人生100年時代といわれるようになってきました。

世界的な長寿大国である日本において、

すべての人が元気に活躍し続けられる社会、

安心して暮らすことのできる社会を

つくることが重要な課題であり、

 

人生100年時代

 

そのために3つの柱である

「食事」「運動」「睡眠・休養」のすべてを

バランス良く取り入れていくことが求められています。

 

食事・運動・睡眠・休養

 

あなたは「健康」について誰からアドバイスを受けたいですか?

健康管理士

 

健康寿命(生涯現役)を延ばす生活習慣を目指しましょう!

 

資料:日本成人病予防協会「ほすぴ」

 

お問い合わせ・ご予約は
TEL:0120-967-984
メール ⇒ お問い合せ・ご予約ページ

ホームページ https://www.healthykoubou.com/

合格ヘルシー幸房合格

・香川県さぬき市寒川町神前2266-1

・受付時間 10:00~20:00