2017年12月12日

ワンコの足腰の老化に備えよう

テーマ:愛犬の足腰元気サポート

何で師走は忙しいんでしょうね~

私は師匠でも先生でもありませんが、何故かバタバタしております。

読みたくて買った本も、録画しておいたTV番組も溜まっていく一方で、

時間ができたと思ったら疲れ果てて寝てしまいます。

 

我家の愛犬カブ、若い頃だったら、そんな私を許してくれず

散歩に行こう、ボール投げしよう、引っ張りっこしようと

私をつっついたり、吠えたり、オシッコもらしたりしていましたが

現在のカブは、「散歩はなしね、了解、寝ますよ」ってな感じです。

それはそれで、ちょっと寂しくなり、眠気も覚めてしまって

私からカブをつっつきに行く始末。

 

 

 

 

つっついて、耳を引っ張って、その内マッサージになってきます。

最近は、お散歩に行くより、ゆっくりマッサージをしてもらう方が

嬉しいんだよね~、とでも言いたそうな気持ちよさそうな寝顔。

これはこれで、めちゃくちゃ愛おしいのです。

 

 

以前友人が、彼の友達のワンコにプレゼントしたいと

プロシアン(関節サプリ)を買ってくれました。

そのお友達のワンコは走り屋で、いつも飼い主を引きずるように

走り回っていて、ご近所では有名だったそうです。
それがここ数か月、走ろうとせず、とぼとぼ歩くようになり

病院で診てもらっても骨や関節には異常は見れれなかったとの事。

「サプリだから効果ないかもしれないけど試すだけ試してみて」と

プロシアンを渡し、毎日与えてもらい、その後友人経由で

何度か購入してくれました。
三か月目ほどで、散歩に行きたいそぶりをするようになり

今では一緒に走れるようになったらしく、その飼い主さんは

走る姿を見て涙がこぼれたとの事でした。
老化だから仕方ないと諦めなくて良かったとも話していたそうです。


その話を伝え聞いて、私こそ諦めかけていたかもしれないと猛省しました。
カブを老犬扱いしていたのはこの私。
まだまだ可能性は沢山あるのに、おじいちゃんだから可哀そうとか

シニアだから無理しなくて良いと、私がシャッターをガラガラ下していたのです。

老犬だって、下半身麻痺だって、まだまだ元気!

カブが疲れるからなんて言い訳をして、散歩をさぼりたかったのは私なのです。

 

さあ行くぞカブ!

スーパーカブになるのだ!アップ

 

 

 

 

ワンコが足を引きずるようになったり、走るのをためらうようになったら

プロシアンを試してみて下さい。
もう一度、一緒に走り回れるようになるかもしれません。
 

でもでも、決して無理はなさらないでくださいね。

あくまでも、ワンコファーストでお願い致しますラブラブ

 

 

愛犬の関節サプリ プロシアン

 

 

犬の病気・健康をプロバイオティクスで守る菅原奈美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(1)

  • ”ワンコの足腰の老化に備えよう”

    ハ〜イ タロタンだよタロタンが6歳頃シニアドッグ対策にハーブのお勉強をした頃に先生が関節にはハーブだけしゃダメだからご自分で試して比べた結果サミー酵母の入ったプロシアンが一番よかったとおっしゃってお薦めだったからタロタンも予防の為に飲みはじめてずっと飲んでるよ

    タロタンママ

    2017-12-12 17:00:29

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

コメント投稿