2017年11月16日

脱毛・痒み・色素沈着が治りました

テーマ:お客様の声

甲斐犬雑種   バジュラちゃん

 

バジュラは、市販のペットフードに含まれる鶏、羊、牛の全てに対して

強いアレルギーがあり、食べても吐いてしまうため、その他様々な素材を試しましたが
どれも続けるうちに食べられなくなり、カンガルー肉製の製品を3ヶ月程試したところ
突然脂漏、脱毛、痒みが始まり腹部は色素沈着で真っ黒になってしまいました。

 

 

(2016年12月)
この頃から口の周りがただれ始めています。
この後、かさぶたがどんどん増えてしまいました。
 

 

(2017年4月)

お腹と下半身。皮膚はゴワゴワに厚くなり色素沈着しています。

 



(2017年4月)
後ろ足の付け根部分の脱毛です。
皮膚のかさぶたは、次々と場所を変え広がってしまいました。
かゆみが酷く何か食べると直後に反応が出て

掻きむしったり顔をこすりつけたりしていました。


その後、手づくり食でなんとか持ちこたえていました。
老犬ですが、体の中からの体質改善によって痒みが治まってくれればと思い
プロバイオCaプラスを試しました。

 

16歳と老犬ですが食欲はあり、1日2回では空腹すぎるのと
見る見るうちに痩せてきたため、1日3回の食事に「プロバイオCA+」を

その都度スプーンに山盛り1杯振りかけて与えていました。

 


そして、トータルで約7カ月かかりましたが、

現在は、完治と言ってもいい状態だと思います。


膿皮症で真っ黒になっていた地肌も元の色に戻り、
抜けていた毛も生えそろいました。
この間動物病院にはかかりませんでした。


皮膚症状を見ながら茹でたヤギ肉、魚を混ぜた手作り食を与えていましたが
食べた直後に痒みが酷くなるので、9月頃から動物性食品を抜いてみました。
葉物野菜やニンジン、カボチャやサツマイモなどをやわらかく茹でたものと
ごはんやパスタを合わせて、少量のオリーブオイルと鰹節の粉末を混ぜたものです。
その頃から徐々に痒みが治まったようで、同時に皮膚も調子が良くなってきました。



(2017年11月)
お腹の皮膚の色は発症前と変わらない程度になりました。
赤く炎症を起こしたような肌色も治まっています。

 

 


(2017年11月)
後ろ足付け根もほぼ元通りになっています。

 



(2017年11月)
現在は口の周りも毛が生えそろいました。食後に掻くこともありません。


一時はどうなってしまうのかと頭を抱える程の酷い状態でしたので、
良い商品に巡り合えてほんとうによかったです。

 

 

       

 ※個人の感想です。


愛犬の脂漏・痒み・脱毛にプロバイオCaプラス

犬の病気・健康をプロバイオティクスで守る菅原奈美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿