韓国伝統喫茶 <茶楽停> 行き方(1)正面編 | 韓国人になってしまった日本人のつぶやき

韓国人になってしまった日本人のつぶやき

釜山にお越しの際は、
南浦洞 国際市場 伝統茶屋「茶楽停」へ

〔地下鉄〕

ナンポドン駅から行く場合
1番出口からまっすぐ歩いて5分ほど行くと角にロッテリアがあります。

チャガルチ駅からの場合

7番出口を出てまっすぐ行き、ロッテリアが見えたら左に入ります。そこが国際映画祭BIFF広場です。(チャガルチ駅の方が少し近いですが、ちょうど真ん中あたりです)



〔バス〕

デヨンドン方面から行く場合、41番、27番に乗って、「ナンポドンBIFF広場」で降ります。





黄色と赤のパラソルは、シアッツ(種)ホットクの屋台です。

普通のホットクとは違って、中にひまわりの種とか入っています。


パラソルがいくつもあるのですが、奥にいくにつれて人が行列になってます。

テレビに放映されたとか書いてあります。

並ぶのが嫌で人気のないホットク屋さんで買って食べたのですが、女性が直感で日本人だなとわかりました。聞いてみるとやはり日本人でした。^^

そうして、その人混みを抜け、ひたすらまっすぐ行くと「セミョン薬局」が見えます。ここがアリラン通り(아리랑거리)です。

その薬局の前にタンミョンというサツマイモ澱粉で作った春雨みたいな麺のビビン麺の屋台がずらっと並んでます。おばあちゃんたちが10人ほど商売をしているのですが、メニューはどこも同じで、どこの「お店」で食べたらいいか悩みます。ちなみに私は奥から2番目のおばあさんが好きです。

その場所をモクチャ•コルモク(먹자 골목)と言います。




このお風呂の椅子みたいなのに座って食べます。


はい、そこをくぐり抜けるともう少しです。
もうちょっと歩いて行くとお土産屋さんやメガネ屋さんが出てきます。



スマイルメガネが見えました。もう少し行くとセブランスメガネがあります。

茶楽停はその2階です。
ロッテリアで右に曲がっただけで,あとはまっすぐ行くだけです。簡単でしょう?








基本的には午前10時から夜7時まで、日曜の午前は休みです。

夜7時以降は集まりなどに活用してください。

毎週火曜日7時は、日本語勉強の集まりがあります。




メニューは、オミジャ茶、なつめ茶、漢方茶、高麗人参ジュースなどの伝統茶、そしてコーヒーもあります。




漢方茶(サンファチャ)





なつめ茶(テチュチャ)

なつめを圧力釜で煮て裏ごしたもので、お茶というよりおかゆのような感じですが、韓国の方にも人気です。