【お悩み】その問題本当に解決したいですか?

テーマ:

 

 

どうも、NLPプラクティショナーカウンセラーヒロシですニヤリ

 

 

好きな芸能人5人の画像を眺めてみても、共通点が見つかりません。

 

今回もよろしくお願いします!

 

 

僕は、ヒトにはすさまじいパワーがあると思っているわけですが、それをもってしても解決できない問題に直面することがあります。

 

 

ダイエットしたい!と思っても

 

  • 体重が減らないとか
  • 続かないとか
  • 増えるとか

 

これは大問題ですハッ

 

 

ですが、自分の本音に気づいたときに

“なぜ解決できないのか” がわかりました。

 

 

アナタの解決できないとってもつらいお悩み

 

 

解決しないほうが得をしているのかもしれません。

 

 

今の悩みや問題を解決したくて、もがいているけれど一向に解決する気配がない。

 

ずーっと抱えている問題がある。

 

 

もし、思い当たるフシがある方は是非読んでみてください。

 

もしかすると、解決への光が見えてくるかもしれません。

 

解決しないほうがメリットがある

 

ヒトが取る行動には、必ず理由があります。

 

学校の先生が、黒板に文を書いた後に「トンッ」とチョークで点をうつのも、リズムを作ったり文の区切りだったりするワケです。

 

 

アナタには、問題を抱え続ける理由があり、そのおかげでメリットを得ているのです。

 

 

このメリットがある限り、アナタの悩みは解決しません。

というより、解決しようとしないのです。

 

“自分を責める”というメリット

例えば、最初にあげたダイエットの場合

そもそも痩せようとしていない自分がいたわけです。

本当は痩せる気がないんだから、食べるし運動もしないですよね爆  笑

 

 

じゃあ、なぜわざわざ痩せようと思うんでしょうか?

 

僕の場合ですが “自分を責める” ために、本当は痩せる気がないのに痩せようとして、食べる自分や運動しない自分を責めていたわけです。

 

注意したいのが、無意識で行われているということです。

 

「さぁ!自分を責めるためにやる気がないことを無理にやるぞー!!!」

 

なんて意識的にやることではなく、アタマではわかっているけどできていない。という状態です。

 

 

自分を責めるメリットとしてはダメな自分を演じるためだったり、証明するためだったりします。

 

「ほら、ワタシは何をやってもダメ」 だったり、何もしないことの理由にするわけです。

 

自分のためならなんでもする

 

なぜ “自分を責める” ということがメリットになるんでしょうか?

 

それには、自分を守るためなら何でもするという無意識が大きく関係してきます。

 

無意識は、手段を選ばないのです。

 

現状を維持するために何もしない

無意識は、あの手この手を使って自分の安全を確保します。

 

それは例えば

新しい行動をしない理由を探したり、したとしてもあきらめる理由を探したり。

 

 

ずーっと同じ行動をしておけば環境が変わらないので、想定外のことがおこる確率がグンと減るのでとっても合理的ですよねウインク

 

 

自分を責めることで、新たな一歩を踏み出すことをためらってしまえば、今の環境にとどまりやすい。

 

そうすれば余計なリスクを背負う必要がないので、安全へとつながっていくわけです。

 

許せないから手放さない

その一方で、対人関係での悩みの場合には、相手を許したくないから問題を抱えたままという場合もあります。
 
 
今抱えている問題を解決してしまうと、相手を許すことになってしまう。
相手を許してしまえば、今までの自分の怒りや悲しみがすべて無駄になる。
 
 
そんな思いから、相手を許すことなく問題をそのままにすることだってあります。
 
 
ここに、自分を責めるメリットを加えると
相手を許すつもりがない自分に気づかないまま、相手を許すための行動をとり始め
 
「あぁ、ワタシはあの人を許したいのに許せない…。苦しい…。」
 
という、めちゃくちゃしんどいサイクルにはまっていきます。
 
 
この場合は、相手への攻撃や復讐という意味合いがつよいです。

 

 

とっても大切にしていたことが傷つけられたワケですから、そりゃあ許せないですし許したくないですよねえーん

 

 

しかし、そのままだと延々と同じことを繰り返すことになるのです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

解決する気がない自分を知る

 

素直に、解決する気がないということを受け入れてみましょう。

 

 

解決する気がないアナタはだめなのかといえば、全く違います。

疲れたら休めばいいし、休んだら進めばいいだけです。

 

 

ワタシは、この問題を解決する気はあるのだろうか?

 


それが第一歩です。

 

まとめ

 

記事のポイントまとめ!

 

四角グリーン 解決しない問題は解決する気がない可能性

 

右矢印 本当は解決する気がないのに、解決しようとしても好転しないかもしれません。(良い・悪いはありません)

 

 

四角グリーン 解決しないことにメリットがある

 

右矢印 問題を抱えている状態にメリットがあり、解決すると困るから解決しないだけかもしれません。

 

 

四角グリーン 解決したくない自分を知る 

 

右矢印 お悩みや問題を本当に解決したいのかどうかを知り、解決したいと思っていなければ受け止めてみる。

 

 

解決して、手放したいと思って苦しんでいる問題や悩みが、今まさにアナタにメリットを与えているとは驚きですよね爆  笑

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます音符

 

またお会いしましょう!

 

 ー


 ライン@のお友達登録を再開しました🤩


記事への質問はもちろん、現在募集しているカウンセリングモニターのご協力も、コチラからご連絡をお待ちしています 。


友だち追加

 

 

 

どうもー、NLPプラクティショナーカウンセラーヒロシですニヤリ

 

 

 

小さい頃、欲しかった遊戯王(カードゲーム)のカードを買って、マジマジと観察しています。

とても感慨深いものがあります爆  笑

 

 

 

ボクは、何かモノを買うときや、どこかへ行くときだったり、誰かに遊びに誘われた時などに、あるコトワリ文句を使うことがあります。

 


そしてそのコトワリ文句は、かなり高い確率で断ることができます。

 



 

 

それは

 

 

 

 

 

“お金がない”

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

今回の記事は、このコトバから気づいたことをシェアできればと思います。

 

 

 

オカネを言い訳にしている諸君!

 

 

今が成長する時だぁぁぁー!!!笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

オカネは中立です!

オカネは、いついかなるときも中立です。

 

オカネは本来オカネ持ちの家に生まれようが

貧乏な家に生まれようが“中立”なんです。

 

 

病気や骨折で出費がかさもうが、思うように働けずに稼げないとしても“中立”です。

 

 

そんな中立なはずのオカネは、オカネのせいにしているアナタにとって、どんなものなんでしょうか?

 

 

 

キタナイもの?

 

ワルイもの

 

イイもの

 

 

 

もしアナタが 『 お金はイイもの 』 だと思っているなら、オカネのことでなにも悩んでいないと思います。

 

 

では、なぜこの記事を読んでいるのでしょうか?

 

 

それは

 

 

 

 

 

アナタにとってオカネは

ワルイものである

可能性があるから

 

 

 

 

 

かもしれません。

 

 

 

あくまで可能性ですから、自分にとっての“オカネ”を考える前にこの記事を参考にしてみてください。

 

思わぬ思い込みに気づくと思います笑い泣き

 

オカネ=ワルモノという構図

オカネを擬人化して気づいた事

 

オカネはワルモノと言われると、いまいちピンと来ない人もいらっしゃるかもしれません。

 

ボクは、長い間この思い込みを持っていました。

ですが、このことに気づいてコトバにするまで

 

 

 

『 別に、オカネはワルモノじゃないと思うんだけどなぁ 』

 

 

 

ってな具合に、イイとは思えていないけどワルイものではないはずというどっちつかずな態度で、オカネさんと接していました。

 

 

『 ワルイものではないはず 』 と思ういっぽうで、欲しいものや行きたいところ、やりたいことができないことにたいして 

“オカネのせい” にしている自分がいました。

 


そこで冷静に考えてみると、こんな声が聞こえてきます。

 

 

 

 

 

『 アナタのせいで、手に入らない! 』

 

 

 

 

 

もっとストレートに表現すると

 

 

 

 

 

『 アナタがワルイからこうなってるの! 』

 

 

 

 

 

これって完全に、オカネさんのことワルモノにしてるじゃん!!!笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 


なんだか、お子さんにたいして怒っているようだったり、パートナーにたいして怒りをぶつけているようにも聞こえますよね爆  笑

 

 


でもココで重要なことは

 

やりたいことがあっても

“やらない”

 

ということなんです。

 

アナタの責任はどこへいった!?

アナタがやらないと選択している

 

今までの、ボクとオカネさんとの関わりは

大きな問題を抱えていました。

 


それは

 

 

 

 

 

ワタシの責任が行方不明

 

 

 

 

 

パートナーや家族とケンカしていて、相手にだけ原因を見出している状態ってどんなイメージでしょうか?

 



建設的でしょうか?

破壊的でしょうか? 

笑顔が戻る可能性はあるのでしょうか?

 

 

 

最初に書いた通り

“ オカネはいかなる時も中立 ”

なわけです。

 


しかし、一方的に相手に原因をなすりつけている状態があったわけです。

 


では、一方的に原因をなすりつけることで得られるものってなんでしょうか?

 

 

それはボクの場合

 

 

 

『自分の人生を生きる』 という“責任”を放棄している

 

 

 

そんな風に感じました。

それと同時に、オカネのせいという視点から

 

 

 

“できないのではなく

自分の意志でやっていない”

 

 

 

ということに気づきます。

 

本音は、オカネとは別のところにあったわけです。

 

アナタには生きるという責任がある

自分の人生をあきらめるということ

 

なぜ、オカネのせいにすることが 『人生の責任放棄』 につながるのでしょうか?

 

 

理由はカンタンルンルン

 

 

 

 

 

“アナタ” という唯一無二の存在を証明するには

アナタがやりたいこと、行きたいところ、欲しいものを

手に入れたり、表現する必要があるからです。

(手に入れないということもアリです)

 

 

 

 

 

アナタが欲しい!と思うものは

誰かのガラクタで

 

アナタが要らない!と思うものは

誰かのタカラモノです

 

 

 

アナタが手に入れたいものには、アナタがアナタであるための信念や価値観が表れているかもしれません。

 

 

その手に入れたいものを、オカネのせいにして諦めるということは

 



アナタがアナタである人生を

あきらめている

 



と、表現することもできるわけです。

 

 

ただ、手に入れないということで表現することもできるんです。

 

 

 

では、アナタは

 

 

 

 

 

“手に入れない”ということで

どんな自分を表現しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

まとめ

3分でワカルまとめ!

オカネのことについて3分以内でまとめます!

 

 

丸レッド オカネは“中立”

 

上差し オカネは、イイもワルイも、キレイもキタナイもなく、ただただ“中立な存在”です。

 

 

丸レッド オカネのせいではなくアナタの意志

 

上差し オカネがなくてできないのではなく、アナタがやらない、手に入れない、という選択をしています。

 

 

丸レッド 本音はオカネ以外にある

 

上差し 『オカネがない』 は人のせいにしている状態であり万人受けする言い訳で、本当は“別の理由があると気づいていない”だけ。

 

 

丸レッド 手に入れないことで自分を表現している

 

上差し 『手に入れられない自分』 という表現方法で、自分が持つ信念や価値観を表しています。

 

 

アナタには、手に入れたいものを手に入れるチカラがあります。

 

 

 

 

 

もし、手に入れられたらどんな自分が発見できますか?

 

 

 

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます音符

どうもー、NLPプラクティショナーでカウンセラーヒロシですニヤリ

 

 

 

やっと暖かくなってまいりましたねー!

 

サクラが咲き始めたころにこの記事を書き始めて、もう散ってきました!笑い泣き

 

 

 

 

 

突然ですが、アナタはいま

 

 

 

 

 

どんな姿勢でこの記事に目を通していますか?

 

 

 

 

 

スマホ片手に電車や歩きながらうつむき加減で読んでいるのでしょうか?

 

それとも、食事もおわってゴロゴロしながら読んでいるのでしょうか?

 

椅子に座って背筋をのばしてPCで読んでいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

もし、アナタが何気なく取っているその姿勢が、ココロに影響を与えていたとしたら?

 

 

『最近なんだか元気がでないんだよなぁ…。』

 

 

その原因が、今とっているアナタのその姿勢だとしたら?

 

 

ドキっとして背筋を伸ばした方も

そんなバカなぁ!と否定されたかたも

 

 

今回の記事をよんでいただけると、よりいい状態に自分をもっていくことができるかもしれません音符

 

 

というわけで今回は

 

 

 

姿勢がココロに与える影響

 

 

 

について、実験したことがあるので記事にしていきます。

 

気分転換だったり、緊張する場面にも使えますので

試してみると面白いかもしれません!

 

 

パワーポーズでココロが変わる!

 
結論からいうと、ココロの状態を変えるには
 
 
姿勢を変えるだけで変化が起きます
 
 
元気がないわけじゃないけど、なんだかなーショボーン
 
 
なんて時には、僕が実験したパワフルになるためのポーズ2分だけやってもらうと、変化を感じることができるので気分転換にもオススメですキラキラ
 

パワフルな ドンと来い!感に満ち溢れる!

 
 
パワーポーズをとる前と後では、ポーズをとることで 『ドンと来い!』 という感覚と、胸のあたりが軽くなる変化を明確に感じました。
 
 
 
ところで、そもそもパワーポーズってなに?』 そんな方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
才色兼備な 『エイミー・カディ』 さんが唱えているもので、この動画をご覧いただくのが一番かと思います。

(※動画は20分ほど、英語音声/日本語字幕)

 

 

(3:56 からパワーポーズについて)

 

 

動画にでてくる写真はモチロン、動画のうえの画像もパワーポーズのひとつで 『パワーポーズ』 とは、力を感じさせる姿勢の事です。
 
 
 
(この画像も、パワーポーズです)
 
 
椅子にふんぞり返ったり、両手を天高く突き上げるポーズも パワーポーズ です。
 
 
簡単に言えば、偉そうな態度ってことですね!爆  笑
 
 

腰に手をあて仁王立ち

 

やり方はカンタン!

 

 

腰に両手をあてて、足を肩幅くらいに開いて立つだけ!

 

 

僕の場合、それにプラスして

 

 

斜め上をみて、ハニカム爆  笑

(口角をあげるだけでオッケー)

 

を、やってみたところ

 

 

こんな変化が現れました!

 

ドンと来い+軽くなる感じ

 

実験のタイミングは、職場にいく前やカウンセリングをする前など力強く自分を発揮したい場面で使いました。

(※カウンセリング前は、よりよいパフォーマンスを発揮するため)

 

 

職場にいく前は、やる気全開!ではありませんが、ゲンナリまで落ち込んでいるわけではない状態です爆  笑

 

パワーポーズを取った後は 「よーし、やったろやないかー!」 という前進していく態度へと変化します。

 

 

カウンセリングの前は心拍数が上がり、手に汗をかいて、とても緊張している状態です。

 

パワーポーズを取ると緊張がほぐれ、普段のリラックスした自分でいられる感覚がありました。

 

 

その他に感じた変化は、僕自身の姿勢です。

 

背筋がのび~る!

 

この実験をするまえの自分は、どことなく背中がまるまって肩もせまくなっている感じでした。

 

 

 

 

パワーポーズを続けていると、せまくなっていた肩がひらいて背筋がおきあがるようになります。

 

というより、そうしたくなるというかそれが自然という印象です。

 

 

このようの変化をもたらすパワーポーズは、どんな場面で使えるのでしょうか?

 

自分が試されるときに使ってみる!

 

 

『エイミー・カディ』 さんによると、パワーポーズをとることで力をつかさどる 「テストステロン」 というホルモンが増え

ストレスを感じたときにつくられる 「コルチゾール」 というホルモンが減るそうです。

 

 

力強いリーダーシップを発揮されているリーダーにも、このようなホルモンバランスの傾向がみられるようで

ボス猿もまた 「テストステロン」 が高く 「コルチゾール」 が低いそうです。

 

 

これを、もっとシンプルに表現すると

 

ストレスに強くなり、ストレス自体を感じづらくする

 

ということになります。

 

 

そのため、面接やプレゼンなどの強いストレスがかかり 『自分が値踏みされるような状況』 においても効果を発揮してくれるでしょう。

 

まとめ

 

この実験を通してわかったことは、姿勢はココロに影響を与えるということ。

 

 

落ち込んでいるときにとっている姿勢(視線が下にいき背中が丸まっているなど)をとることで、気分がすこし沈みがちになることだってあるということです。

 

 

だからこそ、両手を腰にあてて仁王立ちする 『パワーポーズ』 をとることで、ココロの状態にたいして

 

ストレスに強くなり、ストレス自体を感じづらくなる

 

という変化が起きます。

 

 

そのため、面接やプレゼンなどの 『自分が値踏みされる状況』 において、本来の自分を発揮しやすくなるので有利に進められるかもしれません。

 

 

ボク自身の変化としては 『ドンと来い!』+『ココロが軽くなる感じ』 を変化として感じています。

 

 

『別に、面接とかプレゼンなんてないし』

 

 

と思っていらっしゃる方も

 

 

姿勢はココロに影響を与える

 

 

という観点から、パワーポーズをとってみると自分の中の面白い変化に気づくかもしれませんニヤリ

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます音符

 

 

イイネやコメントをいただけると、ものすごく励みになりますので、ポチッと1秒よろしくお願いします爆  笑

【悩み事】『風景を描く人』

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日は、どんな絵を描こうかなぁ』





『やぁ、こんにちは。』

『キミはいつも絵を描いているね』





『あっ、どうも』

『そうですね、絵を描くことが大好きなんです』





『そうだろうねぇ、絵を描いている顔をみていると』

『つくづく、好きなんだろうなぁと感じるよ』

『それに、キミの絵はいつみてもスゴイって思うんだ』

『いつも同じような場所で、同じような風景を描いているのに、全く別の作品に見える』

『だから、いつもキミに会うのが楽しみなんだ』





『なんだかくすぐったいくらいに褒めてくれますね』

『ありがとうございます』





『ところで、なんでキミの絵だとあの大きな木にサクラが咲いているんだい?』

『今は3月だから、時期的にも違うしそもそもサクラの木じゃないだろう?』





『あぁ、あの木はただ木ってだけです』

『イチョウである必要も、サクラである必要もない』

『だけど、ワタシのキャンバスではイチョウにだって、サクラにだって、ウメにだってなるんです』

『どんな木にするか、どんな花にするかはワタシ次第、好きなように描けるんです』

『それに、サクラだからってシロやピンクにする必要もないですし』





『そんな風に考えていたんだね』

『通りで、全く違う作品に見えるわけだ』

『キミにはどんな世界が見えてるんだい?』





『どんな世界…。』

『しいて言えば、なんの意味もないモノクロな世界ですかね』





『意味もなければ色もないの?』





『そうですね』

『ワタシが描く絵は、目の前に広がってる風景です』

『目の前の風景は、ただ風景であって何の意味もない』

『けれど、ワタシが目の前の芝生をムラサキにしたいと思えばできるんです』

『それにムラサキの芝生に意味なんてないですしね』

『好きな色を使って描きたいように描くだけです』

『現実だって、同じことだと気づけばいいのにっておもいます』





『現実も同じ?』





『同じですよ、現実の出来事は出来事でしかないから』

『出来事にどんな色を付けるのかは、その人次第ですもん』

『ムラサキがイヤなら、ミドリでもアカでもなんにでも変えればいいんです』

『アカとアオを混ぜればムラサキになるけど、みんな知らないだけ』

『もしかしたら、知る気がないのかもしれないけど』





『なんだか胸に刺さることを言うね』





『あはは、もしお兄さんがこの風景を描くなら』

『どんな風に描きますか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はぁ…。

 

 

なんでワタシはこんなにも

 

 

ダメなところだらけなんだろう…。

 

 

 

仕事をすればいつもミスをして

 

上司にこれでもかと怒られて

 

気を利かせようとしても空回り。

 

 

 

こんな私はどうすればいいんだろう…。

 

 

 

 

 

そういえば、いつからだっけ

 

 

ダメな所ばかり気にしはじめたのは。

 

 

高校生のときは、いっぱいバカなことして

 

 

友達と笑ってたっけ。

 

 

いつからだろう

 

 

こんなに笑えなくなったのは。

 

 

小学校の頃は、自分のダメな所なんて

 

 

気にもしなかったなぁ。

 

 

ただ、笑って、遊んで、怒って、泣いて。

 

 

怒られても、次の日にはケロっとしてたのにね。

 

 

 

 

 

『ねぇねぇ、相談があるんだけど』

 

 

 

『どうしたの?』

 

 

 

『応募書類に長所を書きたいんだけど』

 

『全然浮かばなくって…』

 

 

 

『あぁー、よくあるよねー』

 

『まぁアンタはマジメだもんね』

 

 

 

『ほら、ワタシ空気読むの苦手じゃん』

 

『よく空回りするし』

 

『それに気も利かないってよく言われる』

 

 

 

『あはは、たしかに空気読んだ発言とかしないよね』

 

『でも、あそこまでストレートに表現するってスゴイと思う』

 

『言われた後、Aさん反省してたよ』

 

 

 

『そ、そうなんだ』

 

 

 

『そうだよー!』

 

『空回りすることもあるけど』

 

『アンタのおかげで空気がかわること沢山あるんだよね』

 

 

 

『えっ!』

 

 

 

『気が利かないのは、アンタ仕事にすごく熱心で集中してるもん』

 

『無我夢中って感じで周りが気にならないだけでしょ?』

 

『飲み会とかで細かいおつり用意してくれてたり』

 

『忘年会がしゃぶしゃぶだった時、お肉が苦手なタナカさんのために』

 

『ブリしゃぶがあるお店にしたいと直談判したの』

 

『アンタでしょ? タナカさん喜んでたよ?』

 

 

 

 

 

おかしいなぁ

 

 

ワタシにはダメな所ばっかりなのに。

 

 

 

 

 

でも、言われてみれば

 

 

先月、タナカさんに資料がよくまとまってるって

 

 

褒められたっけ

 

 

先週は佐藤さんに、ワタシに仕事を頼んだときは

 

 

次の人がやりやすくて助かってるって

 

 

いってくれたっけ。

 

 

 

あれ?案外ほめられてる?

 

 

 

一昨日は、買い物して帰ったら

 

 

母に、ちょうど買いに行くところだったから助かった

 

 

ありがとうなんていわれたよな。

 

 

昨日なんて、運転中に3台も道を譲ってあげたっけ。

 

 

 

あれ?いろいろいいことしてるじゃん?

 

 

 

なんで、ダメな所ばかり気にしていたんだろう?

 

 

 

良い所たくさんあるじゃんワタシ。

 

 

 

 

 

いつからだろう

 

 

出来ていないところを探しはじめたのは。

 

 

なぜだろう

 

 

出来ていないところを探しはじめたのは。

 

 

どうしてだろう

 

 

自分のことをダメだと決めたのは。

 

 

 

 

 

素晴らしいものを持っていると気づく日は

 

 

いつになるだろう。

 

 

自分は素晴らしいものを持っている。

 

 

そう気づく前に

 

 

いまできていることって何だろう。