こんにちは。松下です。

 

天狗岳チームと別れ、赤岳チームは硫黄岳へ向かいます。

 

午後からは天気が崩れる予報だったので、雨も強くなり、硫黄岳登頂後、すぐに、硫黄岳山荘へ向かいました。

 

お天気が予想以上に良くないため、宿泊先を硫黄岳へ変更し、濡れてしまった衣服を乾かし、暖かい温水シャワーで体を温めて、ゆっくりと過ごしました。

 

 

今回たまたま山荘に来られていた「オペラ歌手」の方のエーデルワイスを夕食時に聞きながら、夕食を頂いて、オリンピックを見ながら、のんびり夜を過ごすこととなりました。

 

翌日は天気が回復し、早朝に出発です。

 

 

途中、美しい朝日に歓声がわきます。

 

 

早朝は富士山も綺麗に見え、360度の山域が見渡せる最高と登山日和となっていました。

 

 

コマクサなどの高山植物もしっかりと保護されています。

 

 

展望の広がる中、横岳の岩場の難所を慎重に越えて、赤岳へ向かいます。

 

 

赤岳の山頂では、ブロッケン現象が待っていてくれました。日本では、御来迎といい、山の後光、仏の後光ともされ、珍しい現象です。

 

 

山頂で集合写真です。

無事に登頂できて、良かったですね。

 

悪天の中、翌日の天気の回復を待った甲斐がありました。

 

オペラ歌手の方のエーデルワイス、日の出、富士山、360度の展望、御来迎とサプライズの多いプランとなりました。

 

この度もヨガ登山にご参加頂いて有難うございました。

今後も安全に楽しんでいただけるようなプランをご用意いたします。