「悩み」は「課題」 | 栃木県 アダルトチルドレン・うつ克服 Healing Forestからのメッセージ

栃木県 アダルトチルドレン・うつ克服 Healing Forestからのメッセージ

栃木県鹿沼市のカウンセリングスペース Healing Forestでアダルトチルドレン(AC)・うつ克服のカウンセリングを主に行なっているアダルトチルドレン・うつ克服カウンセラー 須藤勝則です。
アダルトチルドレン、うつ病、カウンセリング、人間関係などお伝えしています。

皆さん、こんにちわ
栃木のアダルトチルドレン・うつ克服カウンセラー 須藤 勝則です。

 

悩みって常にあるモノですよね。
人は生きている限り、いつも何かを悩んでいる生き物と言えます。

誰もが持っている悩みですけど、それを感じさせず生き生きとしている人を見て、私はダメだなぁ…なんて思ってしまう人もいるはずです。

これはどこが違うんでしょうね?

以前にもお伝えしている通り、人はなぜ悩むのかと言えば、それは「独りでは解決出来ないことを、独りで何とかしようとしている」から悩みはどんどん深くなるんです。

では、それを感じさせない人はその悩みをどうしているんでしょう?

まず、自分で考えるところまでは同じです。
ですが、独りでは解決できないな、と結論が出たところで、じゃあ誰かに助けを求めよう、と考えられる人は、それ以上悩みは深まりません。

そしてその悩みを「自分への課題」として捉え、誰かの力を借りてそれが出来るようになることで、その悩みはその人の成長を促すことにもなっています。

つまり、生き生きとしているように見える人もあなたと同じように悩んでいるけど、それを独りで抱え込まないことが出来ている、そしてそれを自分の成長につなげている、となります。

恥ずかしくて誰にも言えない、とか、こんなことで悩んでいるなんて思われたくない、という変な思い込みがあるために、自分一人で悩み苦しんで、答えが出せないままさらに不安が募ってしまう…という状態が繰り返されます。

まず自分で考える。
けど一人では無理と思ったら、分かる誰か、出来る誰かに助けを求める。

悩みを誰かに吐き出すこと、それが出来る人と出来ない人で、その生き方は大きく違うことになるんです。

あなたはどちらになりたいですか?

※ヒーリングフォレストでは引き続き、感染防止対策を講じて営業いたします

カウンセリングが不要不急でない方は、安心してお越しください

外出が不安な方は、オンラインによるカウンセリングメニューもございますので、ぜひご利用ください

 

カウンセリング予約、講座およびイベント参加お申し込み・お問い合わせはHealingForestのホームページにて受付中です

 

カウンセリング予約は24時間 Webにて受付中!

 

********************************************
栃木県アダルトチルドレン・うつ克服カウンセリング
カウンセリングスペース Healing Forest
須藤 勝則
https://heal-forest.com/

********************************************