セラピールーム『つながり』     代表 久保田可奈のブログ

セラピールーム『つながり』     代表 久保田可奈のブログ

「人に迷惑をかけたらいけない、負担になりたくない」
と、多少無理をしてでも自分でやってしまう。

そんな、人に頼りたくても頼れないあなたをサポートします。
他の人を思うように、あなた自身も大切にしてくださいね。

長野県千曲市で、自然に囲まれた静かなセラピー・ルームを開設しています。
「誰にも言えない寂しさを抱えた人」「恋愛がうまくいかない人」
のカウンセリングを得意としています。

メルマガでは、短い時間で簡単にできるセルフ・セラピーの方法を
お伝えしています。どうぞ登録してくださいね。
Amebaでブログを始めよう!
皆さまおはようございます
セラピールーム「つながり」の久保田可奈です。
見に来てくださりありがとうございます



「別れた彼を、ふとしたときに思い出す」

「ずっと忘れていたのに、最近夢に出てきてからまた未練心が出てきてしまった」

「街で偶然見かけて、昔を思い出して恋しい気持ちになった」

など、別れた人とやり直したいと思うことはありますか?



こんなとき、
別れた人のことを自分はまだ好きなんだ
と思うかもしれません。



でももしかしたら、
その人ではなくて「パートナー」が欲しいのかもしれません。




「今だったら、もっとうまく付き合える」

「もっと愛して(優しくして)あげればよかった」


そんな思いがあり、
別れた人のことを考えていると、

不思議と過去の思い出が美化されていきます。




別れの原因となった部分や、
相手の嫌だった部分は忘れていき、
よかったことばかりが残ってしまうのですね。



実際の相手は、以前と変わっていないかもしれないし
自分もその相手に対して同じように感じるかもしれないのです。



それでもやり直せると思いますか?



その人との関係で、
やり残したように感じていることがあるのでしょうか?




「もしやり直せたなら・・・」



という思いがあるときの私たちは、

“相手のありのままを、本気で”

愛してあげたいと望んでいることでしょう。




私たちの心というのは、
「人を愛したい」と望んでいるのですね。


誰かを大切に思うことや、愛している状態は
私たちに幸せを感じさせます。


「やり直したい」人がいるとき、
その心理を見ていくと

相手のことを
過去に深く愛していたとわかります。



きっとものすごく、心から愛した人なのでしょう



その記憶から、

「もうあんなに好きになれる人はいない」

という思いが潜在的にあって、
過去の人にとらわれるのかもしれません。



ふっと、過去の人を思い出したとき、
もう一度誰かを本気で愛したいと
望んでいるときなのでしょう。



もし何かやり残したように感じる未解決の部分があれば、
次のパートナーシップで現れてくる可能性が高いものです。



新しい愛や幸せを求めて、
次のパートナーシップで出てきた課題に取り組んでもいいのですよね



ですから、気持ちがとらわれて、なかなか前に進めないとき、
過去の人にこだわるのを少し横において

「私は誰かを愛したいのかな」

と考えてみてくださいね。
そこから変化を招き入れましょう☆


今日もお読みくださってありがとうございました。
   クリックしてくださると嬉しいです
       


うまく話せなくてもいいんです。
     ちょっとラクになってみませんか


*カウンセリング・セッションメニューはこちらをご覧ください 
*お申し込み方法と流れはこちらです。 

・電   話  026-276-4052

(カウンセリング中は出られませんがメッセージをお願いします) 
・申込フォーム  http://form.os7.biz/f/80561cff/



公式メルマガ(役立つ心理学とセルフセラピーを配信中)