だれ設定?なに縛り?

テーマ:


愛の循環魔術のうえだです。


私の知人が
Facebookでこんなフレーズの
やり取りをしてました。

それって

だれ設定?
なに縛り?

めちゃめちゃハマった。
いやいや、それを言ってる彼女が
リアルに想像できてしまう。
ホント、自由やわ〜。


私も、かなり自由に生きてるつもりだけど

「え?今の考え方なに?
自分で考えてるのに、めっちゃ窮屈なんやけど」

って思うことがある。
そんな時は大抵

親設定の恥縛り

だったりする。


無意識にはびこってるこの設定は
「百害あって一利なし」この上ない。

何かあるたびに
「恥ずかしい」「みっともない」
をモノサシに判断してしまう。

失敗したら恥ずかしい。
途中で投げ出すのは恥ずかしい。
人に迷惑をかけたら恥ずかしい。
人に負けたら恥ずかしい。
弱い自分は恥ずかしい。
人を頼ると恥ずかしい。

何をもって「恥ずかしい」のか
根拠は自分でもわからない。
単なる思い込みでしかないのもわかる。
なのに、肩に力が入って
キンチョー&ストレス状態は
エンドレスに続く。
これは、かなり疲れる。


つい最近も、これに気づく出来事があった。

「何であんたは
ギリギリまで相談しないの?」
というようなことを母親に言われたけど
「自分の問題は自分で解決しないといけない」
私はそう思ってる。

なんで、そこまで頑なに思い込んだのか?

問題が起こっている時は
少なくとも本人は凹んでいるわけで
私の家族は
そんな本人に共感することはしない。
大抵は凹んでるところに
「恥ずかしい」「みっともない」の
追い打ちがかかる。
それがイヤだから
私は事後報告が全般になってた。

今回もそうだったのだけど
「私はあんたを
そんな弱い人間に育てた覚えはない」
って、なんでやねん。
さっき、事前に相談しろって言ってたやん。
と思いつつ「ナルホド、こういうことね」
妙に納得してしまった。


これは「ダブルバインド」という現象で
親の言ってることに一貫性がないと
子供は思考が混乱して
慢性ストレスを抱えることになる。
それを我慢し続けていると
統合失調症にまでなりうるらしい。

例えば

親は自分が苦労をしてきたから
子供には「苦労しないで欲しい」と思う一方で
自分が苦労してきたからと
苦労を選択するような考えを押し付けてしまう

そして
私たちは自分では望んでいない観念が
自分の中にはびこって
そのモノサシで人生を選択するようになる。

真面目で我慢強い人ほど
ダブルバインドの罠にハマりやすい
ということです。


親も、社会も
無意識にオカシナ観念を植えつけてしまうもの。

自分たちがそうされてきたことに
疑いをもたないかぎり、自分たちもまた
同じことを次の世代に渡してしまう。

理不尽な家族の神話(家系のカルマ)
こうやって強化され
その集合体である社会がより複雑に
増殖させていくのだと思う。


そこで、助われるのが

だれ設定?
なに縛り?

なのです。


自分の思考や選択に
不快感や違和感を感じたなら
まずは、自分に問いかけてみるといいですね。
その答えが見つかれば
自分にとって不具合な人生の選択から
解放されますよ☆



■ MENU ■

満たして満たされる"幸せ"愛の循環魔術は、全国どこからでも参加できるオンラインヒーリングサロンです。
一部の対面セラピーに関しましては、松江の自宅にてご予約をお受けしております。(12月より千葉は出張となります)

ご予約・お問合せはフォームよりお願いたします。
TEL:090-5888-8380
MAIL:nagomi2005@mac.com


 LINE@やってます☆
心のことで、チョコっとヒントが欲しい時
お気軽にご相談ください(*☻-☻*) 

友だち追加



もうひとつのアメブロ
神さまがパートナー ~50歳からの失敗しない恋愛法則~
記事をアップしました。

「人は鏡」ちゃんと受け入れてますか?