仲人へのお礼と挨拶は新郎新婦両家の両親がそろって、できるだけ早くお伺いするのが本来の姿です。

しかし、実際には仲人も忙しいという場合が多く、お宅に訪問する時間をいただいたとしても、なるべく早くおいとまするのが賢明です。

仲人のご都合は、結婚式が終わってすぐ、親族が退出したあとに伺っておくとよいでしょう。

その場合、「お互いに忙しい身ですから、そのご心配はなく・・・」といった返事をいただくことも多いようですから、昨今では「本来ならばあらためてお伺いするべきところでございますが、両家揃いまして、このお席を拝借し、少々お時間をいただけませんでしょうか?」とお願いして、披露宴がお開きになり、来賓の皆様のお見送りが済んだところで、控室で両家そろってお礼を言うということが多くなりました。

この場合、本来行うべき形ではありませんから、その点をよくお詫びすることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

大橋直久~カウンセラー