熊本から全国へ☆サロンを彩るお手伝い ヒーリングアート【ékou】

熊本から全国へ☆サロンを彩るお手伝い ヒーリングアート【ékou】

ekouのヒーリングアートは、言葉や色の持つイメージや自然のエネルギーを表現したオリジナルの作品です。
私自身、個展や作品展を通してこれまでに様々な出逢いと感動を頂きました。
ekouのヒーリングアートが、貴方の本質や願いを気づかせてくれるお手伝いになります様に…




見えるもの、見えぬもの この世界のエネルギーを


感じたままに表現していく ただそれだけ


ヒーリングアート【ékou】というフィルターを通して 


「ミエルセカイ」 貴方にも見えますか?

 


NEW !
テーマ:

ヒーリングアート【ékou】のblogへご訪問戴きありがとうございます。

 

先日、フラワーエッセンス&リーディングサロン「木の花」さん主催のペタルトーンエッセンス体験会へと参加しました。ペタルトーンエッセンスは、伝説の地で誕生した植物と、その精霊たちからもたらされた飲まずに使うエッセンスの事。(詳しくは、リブログ先をご覧ください)

 


 

 

この日の参加者の方は、私を入れて8名様。あと、木の花さんと輸入元のブルーオーシャンさんで計10名。顔見知りの方が何人かいらっしゃるかな~と予想していましたが、予想していた方とは別の思いがけない何人かの方と再会しました。(数年前に参加したヒーリング系のお茶会でお隣の席だった方や、以前ご縁のあったヒーリングサロンのオーナーさんなど)そのうちのお一人が、ちょうど私に聞きたい事があったそうで、数週間前からチラチラ思い浮かんでいたのだそう。お約束もしていないのに、ご縁ってあるんですね~♡

 

さて。話は戻り、体験会では数十種類のエッセンスを、それぞれのエッセンスの説明や使い方を聞きながら次から次へと試していきました。

 

  

 

 

今回、試したのは…

◇スペースクリアリングシリーズ

◇オーラプロテクションシリーズ

◇タントリックラブエッセンス

◇繁栄のエッセンス

◇シャーマニックツールズ

◇ハワイシリーズ

◇Newクリスタルトーン

◇チャクラトーン

◇プラネット(惑星)

 

それぞれのシリーズ毎に、2~3種(チャクラトーンは7種)体験したので全部で20~30種類は試したでしょうか? 通常のエッセンスとかだと、この量を使用するとエネルギー酔いの様な状態になる事もあるそうですが、ペタルトーンエッセンスの場合は上手く融合?するそうで、混ぜて使用しなければ、いくつも使えるのだそう。

 

この他、気になるエッセンスを使っていいとの事でしたので、私も2つのエッセンスをリクエストしましたよ。ひとつ目は、タイ王国のエッセンスより「スピリット・パス2」→エネルギー変換を促すエッセンス。もう一つは、プラネットより「天王星」→目覚めさせる人。

 

 

 

  

体験会の最後には公開で、オーラリーディングもされていて。1名の枠でしたので私は挙手はせずに、久し振りにお会いした方とお喋りを楽しんだり、エッセンスを選んだりしてました。お土産には「リーフ1」という土地を浄化できるエッセンスを頂いて、スプレーボトル用に別のエッセンスを1種類お持ち帰りできるという、なんとも盛り沢山の体験会。シリーズ毎のパンフレットも頂いたので、必要なエッセンスを手元に迎えたいと思っています♡

 

 

木の花さん、ブルーオーシャンさん、ご一緒した皆さん、有意義な時間をありがとうございました!

 

 

 

Information
■ホームページ(作品展のご案内など)
■
ウェブショップ(ヒーリングアートアイテム販売)
■
ヒーリングアートメニュー一覧
■ヒーリングアート教室(名前Deアート体験講座)
■
お問合せ

 


テーマ:

ヒーリングアート【ékou】のblogへご訪問戴きありがとうございます。

 

2017年の6月から始めた朝活。第1期が2017年に全3回、第2期が2018年に全5回で計8回を開催(第2期は、11/19が最終日となる予定)。定期的な朝活の他、大人の遠足やパーソナルカラー診断、zoom勉強会、同行ショッピングなども企画しました。

 

第1期は、はじめましての方に向けての自己紹介(他者紹介)、SNS診断(他者からの見え方)、各自のデモンストレーション+写真撮影の内容で開催。(詳しくはリブログをご覧ください)


 
 

第2期は、 毎回1つのテーマを元にしたシェア会として開催。テーマは「スキル」「マネー」「サービス」「ビジュアル」「ブランディング」の5項目。サロンや教室同士でなかなか直球では聞きにくい話も、テーマを設ける事で聞きやすくなるし、困っている事へのヒントも貰えます。(ただし、私の開催する朝活では募集する際に業種が重ならないような配慮はしています)

 

第2期のメンバーの方には、出展者15名の中規模イベントの主催サポートも体験して頂きました。これは、出展者としての体験は申込みさえすればいつでもできますが、主催者側の体験って誰でもできる訳でもないのかな?と。私が主催をする事で、主催側の体験を身近に感じて頂けるのではないかと思ってのことでした。(詳しくはリブログをご覧ください)




私自身、朝活を始めた頃は(出展者15名規模の)イベントを開催するとは思っておらず…。最初は、毎回の朝活の進行でさえも、車の運転中に何度か練習したり、時間の配分を考えたりしていて、朝活の時はイチイチ緊張していましたが、回数を重ねた事で随分と慣れました。(上手になったかどうかは、また別ですが…)こうして振り返ってみると、朝活も参加されるメンバーの皆さまも進化したな~と感じます。


来年2019年からは第3期へと突入しますが、今の所は以下の内容で検討中です。

1回目…Plan①:コラボ企画の立案(他のメンバーとのコラボを考える、お互いの特質を活かした内容)

2回目…Plan②:他者のニーズを満たした企画案(他のメンバーの希望を聞いた上で、その人に合うプランを提案)

3回目…Do:1回目、または2回目に出した企画を実際に動かす為の具体的な準備(日程・価格・場所・人数などの調整)

4回目…Check&Action・Adjust:3回目で実践した内容の見直し、個人のメニューにどう活かすか(個人のメニューの中で組合せて、提供内容をより深める)

5回目…必要であれば、4回目の補足


と言うような感じで考えています。(今回は、朝活当日までの宿題形式になるかも知れません)この他、セラピスト交流会やフードパル熊本でのイベント開催、モノコラボ(販売用品のコラボ)、合同販売会なども、朝活番外編として検討中。交流会やイベント、モノコラボなどはこれまでに関係してくださったヒーラー・セラピストさんにもお声掛けするかとは思いますが…。おそらく、朝活に参加頂いている方を優先的にさせていただく形になると思います。


なお、第3期の募集に関しましては第2期から継続される方の人数により、1〜2名を再募集しようかと思っております。場所は主に、熊本市北区龍田のカフェを利用、参加費は2千円程度を予定(飲食代は別途)、開催日は平日午前(午後の参加は自由)で参加者の皆さまと調整して日程を決めており、基本的には4回全てに参加できる方にさせていただきます。


ちょっと気になるな〜と言う方は、お問合せフォームよりご連絡くださいね☆その際は、よろしければご自身の活動内容も教えて頂くとありがたいです。

お問合せフォームはこちら 「朝活について」とご記入ください。

 

 

Information
■ホームページ(作品展のご案内など)
■
ウェブショップ(ヒーリングアートアイテム販売)
■
ヒーリングアートメニュー一覧
■ヒーリングアート教室(名前Deアート体験講座)
■
お問合せ

 、


テーマ:

ヒーリングアート【ékou】のblogへご訪問戴きありがとうございます。

 

10月に開催した、「ヒーリングアート展☆感謝祭イベント」にて、初めて活用した垂れ幕印刷機能。(縦長のロングサイズの印刷が出来るもの)今まで、全く使っていなかったのに一度使ってみると、他の販促ツールを作ってみようか?という気になるのです。

 

前回作ったのが↓

◇縦長案内板用

 

{08E5EF82-BA20-45EC-94B1-1B6667C953DC}


 

 

 

 

今回作ったのが↓

◇ロングタペストリー(のぼり旗の代わり)

 
 
こちらは、33㎝×110㎝の縦バージョン。使用している用紙のMAXサイズが110㎝なので、もっと伸ばしたければ後ろに紺色の和紙などを貼れば、もう少し伸ばせるはず。この縦バージョンを2つと、同じ形式の90㎝と110㎝の横バージョンをそれぞれ2つずつ。横バージョンは、長テーブルやホワイトボードに貼れるかな?と思って制作。
 
紙が良ければ、龍などの作品も作れそうですが、さすがに光沢紙はあるのだろうか?あったところで、販売するならどんな形になるのだろうか???(やっぱり、額装かな?)調べてみると、ありました光沢紙!ですが、紙だけで結構いいお値段です。額装も、特注になった上にサイズもそれなりなので、展示だけならこういうタペストリータイプになるかなぁ。パネルに貼ると収納をする時や移動の時に折れないか心配するし…。
 
 
ともあれ、タペストリーはこれで完成!持ってるものを使っただけで、イベント用ツールのバージョンアップができた気がします。次は、大きな会場用の宣伝用ツールを考え中。カフェでの個展や小さなイベント会場用から、天井の高い大きな会場用へまずはツールのシフト。
 
 
 
 

 

Information
■ホームページ(作品展のご案内など)
■
ウェブショップ(ヒーリングアートアイテム販売)
■
ヒーリングアートメニュー一覧
■ヒーリングアート教室(名前Deアート体験講座)
■
お問合せ

 


テーマ:

ヒーリングアート【ékou】のblogへご訪問戴きありがとうございます。

 

作品展ではじめてお会いする方や、アート活動以外の場所で、時々「ヒーリングアートって何ですか?」と、質問される事があります。ヒーリングアートは直訳すると『癒しの絵』ということになると思いますが、癒されるかそうでないかは絵を見るその人次第です。

 

また、一般的にはパステルアート(パステルという素材を使用して描いた絵)の柔らかい雰囲気を、ヒーリングアートとして指すことが多い気もしますが、使用している画材は何でもいいと思います。

 

 

ちなみに【ekou】では、イラストレーターというパソコンソフトを使用して描いていますが、グラフィックデザインと言うよりも、画材の一つとして使用しています。頭の中にあるイメージを手描きでラフ画に起こした後、その絵を見ながらマウスで描いていく(清書する)という感じ。以前は趣味や仕事で、(絵・イラスト・デザインなどを)手描きで描いていましたが、ハッキリとした色が出せる事や、グラデーションがキレイに出来る事から、現在はPCを画材として利用しています。

 

元々、開運やヒーリング・リーディング、宇宙の法則系に興味があり、色がもたらす癒し効果やチャクラの色を意識して描いていたのが始まりですが、描くものは翼やイルカなどのヒーリングアニマルと呼ばれるものや、龍や鳳凰などのパワーアニマルと呼ばれるものなど。目に見えるものを描くというよりは、視えないものを形にする、あるいは視えない世界を地球にあるものに形を変えて描くという感じでしょうか。ですので、私がやるアート講座では「ご自身の名前」から(漢字や音の響きから、イメージを形にする為のヒントをお伝えしながら)絵を描いていく、という事もやったりしています。

 

最近は、太陽系の惑星をアートに取り入れる事も多くなりましたが…。私の描くアートの役割について、アカシックレコードリーディングをして頂いたところ「アークトゥルス」という星の情報を暗号化して描いているのだそう。もちろん、私自身はそういうつもりはなかったので「へぇ〜」という感じなのですが…。

 

ちょっと面白いので、太陽系以外の星を色でイメージしてみる事に。

・リラ→マゼンダ~ラベンダー

・アークトゥルス→ターコイズ~エメラルドグリーン

・アンドロメダ→赤~オレンジ

・シリウス→白~シルバー、シリウスB→白~シャンパンゴールド系

・ベガ→濃オレンジ系、琴座→ゴールド系

 

 

{C8F06733-E1ED-407D-A826-AB1F76D295C5}

※画像はお借りしました

 

  

あくまで、これは私の個人的なイメージ。シリウスもAとBでは色が違う感じがするし、ベガと琴座でも音の響きでちょっとイメージが変わってしまう。惑星の色というよりは、纏っているエネルギーとか雰囲気の色。

 

私の描くアートは、日本人として生まれ、熊本という土地で育った背景があってのものだと思います。また、アートに関して専門の知識というものはなく、中学生の頃の美術の先生がイメージアートという手法を取り入れていた事や、小学生の頃の漢字の成り立ちの授業で独自の見え方を褒められたこと、あとは創造を形にするという仕事に就けたことも大きく関係しているかと思います。

 

 

結論:ヒーリングアートとは「癒しの絵」のこと。ただし、癒されるかどうかはその人次第。【ekou】の描くヒーリングアートは、ワタシに視える世界や感じるエネルギーをカタチにしたもの。何か感じるかそうでないかはあなた次第。

 

ヒーリングアート【ekou】の作品一覧はこちら

 

 

 

 

Information
■ホームページ(作品展のご案内など)
■
ウェブショップ(ヒーリングアートアイテム販売)
■
ヒーリングアートメニュー一覧
■ヒーリングアート教室(名前Deアート体験講座)
■
お問合せ

 


テーマ:

ヒーリングアート【ékou】のblogへご訪問戴きありがとうございます。

 

今年2018年は、紅葉が早いそうな?

 

 

◇紅葉

 

 

 

 

 

◇ひまわり


 
 
 
◇くまモンバルーン

 
 

 

 

秋の行楽日和、熊本県合志市カントリーパークにて。

 

 

 

 

 

Information
■ホームページ(作品展のご案内など)
■
ウェブショップ(ヒーリングアートアイテム販売)
■
ヒーリングアートメニュー一覧
■ヒーリングアート教室(名前Deアート体験講座)
■
お問合せ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス