真理子です。


2月下旬から体調を崩しまして、
いったん復活~と記事を書きましたが…

その後さらに病がバージョンアップいたしまして(;´Д`)ノ


長いあいだ38度前後で熱が上がったり下がったりして
痛みと闘っていたのですが…

先週末からインフルエンザと肺炎に罹りました。


シータヒーリング®をお仕事にするようになってから、

たいていの不調は自分自身のヒーリングで
治していましたし、
重篤にならず乗り越えられてきました。



が、今回の

「次々とウイルスや細菌等に感染する」

病気の大波は

私の顕在意識の「意欲」をこっぱみじんに破壊

する威力を持っていました。



病もね、自分で作っているのです。
自分自身が引き寄せているのです。



それが分かっているからこそ


なぜ?なんでこんなことになっちゃってるの?!

どうすればいい?



自問自答が続き、身体を布団でやすめながらも、
頭や気持ちは全然休まらずにいたのです。



でも、分かったんですね。


私は、「病気になる私を責め続けている」ということに。


健康=善
病気=悪

という二元論のなかで、

ウイルスを引き寄せてしまう私の体を「悪い」
と思っていました。


でも、真実は違っていました。


私が病気になったのは

私がウイルスまみれだろうが、どんな状態だろうが
「私は素晴らしい」
「私には価値がある」
「私は愛されている」


そのことを心底知るための出来事だったのです。


私のことを、もっとも愛していなかったのは私でした。



動けない自分のことを、私は責めていました。

お客様に延期の連絡を入れる自分を
情けなく思い、

ビジネスパートナーに
予定をキャンセルしてもらうことに罪悪感を感じていました。


・ こんな私には価値がない

・ やるって決めたことをやれない自分は最低だ

・ こんな私にヒーリングを仕事にする資格があるのか…



ネガティブな思考がぐるぐると渦巻くなか

今日も今日とて、出された処方薬を飲んで
静かに過ごしていたのですが


今日は3月11日。

時刻が14時46分になったときに、自分の思考をいったん脇に置き
シータ波になって祈りを捧げました。

 

 

 

 

 

 


そうしたら、日本中の、いえ日本にとどまらず世界各地からの

たくさんの人々の祈りと願いと愛

この瞬間に大きなエネルギーになって

至るところに溢れんばかりに響き渡っている

のを感じました。



もちろん、
大きな悲しみのエネルギーもありました。

もう二度とこのような災害が起こらないようにと
悲壮な願いが込められていることも分かりました。



それでも、ただ、
いま私はここに生きている

このように、日本中・世界中の誰かと
繋がってともに祈っている




そのことへの感謝が次から次へと
湧いて湧いて湧き起こり


目から涙が溢れて、鼻水も出続けて、
止まりませんでした。




生きている。生かされている。

病気になって動けなくても、
生きていることがどれほど素晴らしいことか。



私は、私を責め続けることで、
どれだけ自分を傷つけようとしていたのか。

私の価値をどれだけ貶めていたのか。



私は、「私を愛する」ことを深く知るため
この病気を使ったのです。




私は、何かをすることで愛されるのではない。

何かを成し遂げることで評価されるのではない。

ただ、いるだけで。
ただ、在るだけで。


愛されることも、受け入れられることも、
認められることも、喜ばれることも、

もう、すでに、元々あった。



これを読んでくださっているあなたも、そうなのです。


あなたが病気でも、

あなたがどんなに落ち込んでいても、

あなたがどんなに自分には力がないと思っていても、


あなたは、愛されているし
認められているし
受け入れられているし
喜ばれているのです。


あなたの存在は、この世の中で唯一無二の

素晴らしい宝物なのです。



もしあなたが4年前の大災害で命を落としていたとしたら

今日あなたのことを思って涙を流す人が
かならずいたのです。


生きましょう。

いっしょに、生きていきましょう。

私も、生きていきます。


生きることに、決めました。

鎮魂の祈りとともに、決意を新たにしました。