開運プロデューサー文原由紀子(ふみはらゆきこ)

開運プロデューサー 文原由紀子(ふみはらゆきこ)セラピスト売り出しコンサル、潜在意識クリアリングのお仕事。ヒーラーでもあります。趣味は神社巡り⛩筋トレお料理美味しいワインを飲むこと

NEW !
テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)



ある宗教に20年以上通って去年退会された方へ、「どうして辞めようと思われたのですか?」と昨日インタビューしました。


インタビューした理由は、かなり熱心に信仰されていたので、わたくしの中で(?)が大きく占めていたからです。

「不躾ですが辞められた理由をお聞かせ願いますか?」とメッセージを入れたところ快く応じてくださいました。



仰ったことをまとめますと、

【今までは何をするにも其処へ頼ってきた。しかし自分はそれでいいのかと疑問が湧きだし、このままで行くと子孫も同じように自分で考えられなくなるかもしれないと思い切って辞めた。】

その宗教では『視える』方々が何名か常在して、『お伺い』と依頼すればお話が出来るそうです。


例えば、

新しく事業を始めたいけれど、それは如何でしょうか?と質問すると、YesかNoを言ってもらえるとか。

この人は私にとってどのような作用を及ぼしますか?という質問とか。



あまり書いたらアレがアレで大人の事情があるのでここまでにしときます。




わたくしは宗教に関して悪いとも良いとも思ってません。
その方々それぞれの考えがあるし、そこにいることで心の癒し、支えかもしれません。



亡き母にも信仰している宗教がありました。
わたくしもそこへ一緒に行ってました。
しかしインタビューさせて頂いた方と同じように疑問が湧いてきたのです。

(ここに居たら自分は一生通わないとアカンのかな)と。

なので行くのを辞めました。
母のように、そこまでその宗教を熱心に信仰してなく、行かなくなっても何も言われません。
ただ良い方ばかりで気にはかけてくださいました。



それからヒーラーとなり、仕事を始めて。

流れるままに『自分大好き会』や『自分大好き祭り』をすることになり。(始めたきっかけは、また別日に書きます)

前までなら新しいことする時は視えると言われる方へ相談していました。
しかし直感で生きていこうと決めたので、「これをするとどうなるか」は誰にも相談してません。



良いか悪いか、それは自分自身の行いが結果を出すのではなかろうかと最近つくづく思ってます。

それと、やりたいって思えば一度やってみて、もしそれがポシャってもそこで止まればいいだけやなって考えてます。



インタビューさせて頂いた方は宗教を辞めてから占いの勉強を始められました。

自分で自分を観るのよ、そう仰ってました。

分かるわぁ、それ。と思わず言っちゃったわたくしも易鑑定を取得してるので日にちなど観ています。


後はヒーリングで脳波をシータ波にし、自分の潜在意識へアプローチして答えを出しています。

でもね、たまには人の鑑定受けて答え合わせしてみたい笑。



いろいろ書きましたが、何が言いたいのか。

【答えは自分の中にある】

そう、これこれ!



なんか変やなと感じたら止まること。
なんか違うと感じたら自ら動かないこと。




で、《自分にとってベストなことしか起こらない》と信じて毎日のやるべきことだけやる。

家事とか仕事とか子育てとか勉強とか

それをせずに外にばかり目を向けていると足元ふらつきます。

土台がしっかり出来てない家は脆い(もろい)。



わたくしは開運プロデューサーとして人様のお役に立てるような仕事をしていますが、まずは心の土台をしっかり作る事から始めます。

自分自身で答えが出せるようにします。



なんでインタビューしたくなったんだろうって理由はもう一つ。

(違う宗教に移行したのかな)と思ったから。
でもそれではなかった。

答えを自分で出せるようになったんだと聞いて嬉しくなりました。


【依存するもの】と【頼るもの】は違いますからね。



良いお話を聞かせてくださりありがとうございます。




ベルお知らせ
 
【由紀子と行く神社ツアー】
アップ最強パワースポット神社!
3月20日(火)9時あざみ野集合
お申込みはこちら⇒パワー強い神社ツアー




⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)


息子3を産んだのは32歳。

息子1が8歳、2が6歳でした。

毎日バタバタで、自分のことに目を向けてなかった時代です。


ある日、「お母さん肌がボロボロ」と2が。

「ヨンヨンヨンやり」

ヨンヨンヨンってなんじゃ?

「ドモホルン」

あー!化粧品のことね!きっと高いやん!

「俺がお父さんに頼んだる!」


6歳から言われるくらいボロボロだったのね〜。

元夫の許可が出てスターターキットを申し込み使ってみたらベタベタするけど肌が復活し出しました。(参春館製薬のまわし者ではないですよ笑)

それで本格的に全品揃えさせてもらい毎日お手入れしました。

「お母さんだいぶんマシになったで!良かったねー!」

ありがとありがと!



洗面所にそれらを並べて大事に使ってました。



ところが...

ママ友たちが家に遊びに来て、子供たちもワイワイとしてた時です。

「わははは!」と息子1がなにやらペットボトルに入れた液体をシャカシャカしながらママ友に見せに来ました。

ん?なーに?

はっ!


なんと!洗面所のドモホルン全品ブレンドしたって!(白目)




まーじーでー!?
なにしちゃってんの!?



まだたっぷり残ってたドモをまぜまぜ!!



そのあと怒ったのか、どうなったのか記憶が飛んでるので分からないけど、とにかく息子1が嬉しそうだったのは覚えてます。



なんか色々あったなぁ。。。
息子ってもんがよく分からん。



いまはネタにしてるけど、その時は必死だったなぁ...と目が遠くなります笑。



息子2は、「俺のおかげ」と未だに言います。
この話覚えてるかな、今日聞いてみよ。


{383404D7-AEDA-464F-9F85-02F7A9C5BB2A}



無茶苦茶やわぁ笑





ベルお知らせ
 
【由紀子と行く神社ツアー】
アップ最強パワースポット神社!
3月20日(火)9時あざみ野集合
お申込みはこちら⇒パワー強い神社ツアー




⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)


息子が試験なので5時に起きて朝ご飯食べてから駅まで送った後。

帰宅途中でつけたFM横浜から『中島みゆき ファイト!』が流れてきました。

5:55のことです。


去年はこの曲を聴きながら息子の受験会場まで二人で行ったなぁと感慨深く、あの人はあの時もガンバってたんやなと思わず遠い目になりました。



何回も聴いた曲ですが何度聴いても濃い内容やなと思うんです。(記事の終わりに歌詞を貼りますね)

ある女の子からお手紙が来て、この曲が出来たと何処かで聞いたんですが、間違ってたらごめんなさいね。


中卒やから、子供やから、女やから、

みんなと同じようにしなあかんとか、一人だけ違うことするなとか、

ガンバってることを揶揄されたり、努力することをけなされたり、





でもね、ホンマに思うことは一つだけ。

自分がやりたいことはやったほうがエエ
やらずに後悔するより、やって後悔したほうがまだまし
とにかく人の目を気にして小さくまとまって人生過ごすのもありやけど、やりたいことやってから死ぬほうをアタシは選ぶ


宣伝するみたいやけど人の目を気にするブロック外したらそうなりました。

外したら楽やで。


前に、「想いと気持ちは別物。ゆっこさん、どっちも出しすぎ」って誰かに言われたけど、自分の想いも気持ちも外に出せる喜びを感じて欲しいんです。


しんどい時はしんどいって言う。
好きやねんって思ったら好きって言う。
無理なこと望まれたら出来ないと断る。


人生一度きりやし、前世のカルマとか来世とか考えやんと今の自分を喜ばせることに目を向けて欲しいねん。


わたくしは離婚してるけど元夫宅の家事をしてます。
それはやりたくないけど子供がいてるしあの家が好きやからやりたい。

我慢とかちゃうんです、やりたくないけどやりたいの。


人の人生って人の数だけ違ってる。
人と同じように生きようとしても環境も生い立ちも違うから同じものはない。

人と比べて自分を低く見たり嘆いたりするのは無駄。

スタートラインが違うねんもん。

いつも今何をすれば自分が喜ぶのかを心に聞くの。

昨日までのことなんてどうでもいい。


自分のこと笑ってる他人は自分にご飯食べさせてくれへん。

自分の事は自分でどうにかせなあかんよ。



ーーー

作詞作曲:中島みゆき】

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた
女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている
ガキのくせにと頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる
悔しさを握りしめすぎた こぶしの中 爪が突き刺さる

私 本当は目撃したんです 昨日電車の駅 階段で
ころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い
私 驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった
ただ恐くて逃げました 私の敵は 私です

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから
いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく

勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの
出場通知を抱きしめて あいつは海になりました

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

薄情もんが田舎の町にあと足で砂ばかけるって言われてさ
出てくならおまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ
うっかり燃やしたことにしてやっぱり燃やせんかったこの切符
あんたに送るけん持っとってよ 滲んだ文字 東京ゆき

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

あたし男だったらよかったわ 力ずくで男の思うままに
ならずにすんだかもしれないだけ あたし男に生まれればよかったわ

ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく
諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト!
 

ベルお知らせ
 
【由紀子と行く神社ツアー】
アップ最強パワースポット神社!
3月20日(火)9時あざみ野集合
お申込みはこちら⇒パワー強い神社ツアー




⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)


高校卒業して祖父の友達が経営する病院の医事課に入社。

一年やったけど救急で搬送された患者さん担当仕事が苦痛で母が辞めていいよと退職。

叔母のダンナさんが経営する会社の事務をすることになり、それは結婚するまで続けました。



その事務員としての仕事は叔母と二人でのデスクワーク。



そんなある日のこと。

朝、出勤してきた叔母が挨拶なしで隣の社長室へ入りドアをバタンッと閉めたんです。

それまで叔母とは様々ないざこざがあり、(ああこの人はアタシのこと本当に嫌いなんや)と強く感じました。


そうしたらば勝手に身体が動いて荷造りし会社を飛び出したのです。

自宅に帰っても母に叱られるだろうと車通勤だったのでそのまま高速へ乗りました。

何にも考えずによく行っていたスキー場がある兵庫県鉢伏高原へ車を走らせました。

(このまま何処かで雇ってもらおう)と途中の店で服を買いそこで着替えて働ける場所を探しました。

しかしなかなかなくて、大阪へ帰ったら何かあるだろうと元の道を引き返しました。

一旦頭冷やしてから作戦立てようと友達が働いていた堺のホテルへチェックイン。


そして、また違う友達へ、「どっか働ける場所ない?」と電話しました。携帯電話がなかった時代なので部屋の固定電話から。


「ゆっこ!ママが心配してるで!」

既に母は行きそうなところへ連絡していたみたい。

(そうやな、お母さんはなんにも悪くないから電話入れて元気やでって言っとこう)と母に電話を。

「もしもし、お母さん」

「帰ってきなさい」母は一言だけ言いました。

この一言がメチャクチャ怖くて。

いっぱい言ってくれたら言い返せるのに何でこの人はいつもアタシを動かすような言葉を使うんやろう。
まあ親なので分かってるんですよね。


ホテル勤務の友達が、「飲みに行こう」と部屋に来ました。
「ホンマごめん帰るわ!」とそのままお金を払って。



帰ったら母は何にも言わずに「おかえり」とだけ。

それから2週間引きこもりました。

もう精神的に疲れていたんです。

何にも楽しくない、何もしたくない。
外も行きたくない、お風呂入るのもめんどう。


これ、鬱状態です。



そんな日々を過ごしていた時、母と叔母が懇意にしていた山伏さんから呼び出されました。

わたくしも何度かお会いして心の中を見透かされる人です。畏怖感たっぷりでなるべく会いたくない人物。

(絶対これ怒られるパターンやで)と思いつつ山伏さん宅へ向かいました。

そこに叔母がいてビックリ。

(なんやねん、仕組まれてるやん)と腹立たしくなり、(大人ってこうゆうとこが嫌やねん)と斜に構えて鼻じろんでいたら。

その山伏さん、叔母へ向かって。

「お前が悪い」と。

「え?!なんで私が悪いんですか!」と叔母。

(そうやそうや!おばちゃん反省せい)とわたくし。


なんでも見透かす霊能者って怖いけどニュートラルに話してくれて自分自身やっとスッキリしたのです。


「お前大人やねんから子供と張り合ってどないすんねん」と言ってくれた時ホンマ分かってるなぁと嬉しかったです。


叔母とはそれからいい関係になり、子供なわたくしへ色々教えてくれました。

今も年に一回会ってます。



不本意なことを我慢していくと鬱になるんですね。

でも周りの人に助けられて立ち直りました。




自分の事を分かってくれる人がいるだけで心は穏やかになることを知った21歳の頃の話です。





 
ベルお知らせ
 
【由紀子と行く神社ツアー】
アップ最強パワースポット神社!
3月20日(火)9時あざみ野集合
お申込みはこちら⇒パワー強い神社ツアー




⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)



なんか急に思い出したことがあって、それ書きます。


中学2年の時に引っ越してガラッと環境変わったんですよ。

まあ、それはどうでもええねんけど。

でね、好きな子出来たの。

ヤンチャグループのメンバーやねんけど、なんかいちいちちょっかいかけてくる子。


ある日ね、その子の隣の席の男子の背中見たら穴が空いててん。

あー縫ったろうって思って、「ちょっと上着貸してみ。縫うわ」って言うたの。

ほんだら好きな子が、「文原さん、◯◯のこと好きなんやー」って囃し立てたの。



ちゃいます!

と大声で言うてんけど◯◯は真っ赤になってるし、周りは(そうなんやー)的な顔してるし。


あーあー穴繕っただけやのにー(心の中で号泣)



誤解は全然とけへんかったわ。



そんな14歳の苦い思い出です。




でも今やったらどうするかな。
「穴空いてますよ」って言うだけかな。




 
ベルお知らせ
 
【由紀子と行く神社ツアー】
アップ最強パワースポット神社!
3月20日(火)9時あざみ野集合
お申込みはこちら⇒パワー強い神社ツアー




⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)



「最近ついてないなぁ」と仰る方がいました。

自分の思うように事が運ばないとのこと。


運気が低迷してるんでしょうね。




そんな時は敢えて動かずに嵐が過ぎ去るのを待つ。

自分から動かない。




何かしなくちゃいけないと、焦る気持ちは半端なものを引き寄せてしまうからです。




運勢って波があって上がったり下がったりしています。

大きな波の人もいれば、小さな波の人もいる。

いきなり上がるといきなり下がる。

わたくし、急上昇した後で、ある日突然ドンっと下がった人を多く見てきました。





運気が上がったら気を引き締め、運気が下がったと感じたら、それ以上下げないようにする。




では、それ以上下げないようにするにはどうすればいいか。



(なんか変だ)と感じたらそこから立ち去ることです。

物理的にでなく気持ち的にね。





運は感染します。

だから運気が下がり気味の方の近くにいると自分も下がります。






昔読んだ本に、運の強い人弱い人の組み合わせが書いてありました。


1.運の強い同士
2.運の強いものと弱いもの
3.運の弱い同士



1と3は大体分かりますよね。
良いも悪いも相乗効果です。

では2はどうなのか。

運の強いものがどう足掻いても上がらなくなるらしいです。



ご自身で運が強いと感じてらっしゃる方は周りを見回してください。

たとえ運気が低迷しても下げ止まるのならば周りも運が強い人です。



もう一度言います。

運は感染します。





開運プロデューサーとして運気アップの為に書いてみました。





 
ベルお知らせ
 
【由紀子と行く神社ツアー】
アップ最強パワースポット神社!
3月20日(火)9時あざみ野集合
お申込みはこちら⇒パワー強い神社ツアー




⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)



こんなことしたら笑われるとか、変な事言ったら嫌われるとか、なんかそんなもんどうでもええわって思ってます。


誰かの気を引きたいからおかしい行動する中二病でもエエと思うんです。



ここ何日間かで出会った人たちを見ていると、自由に成りたいと思いながらも自分を型にはめてる人が多いです。

なんでそこまで我慢するんやろ、世間体気にし過ぎやで、って。


やりたいことやったらエエのに。
理由つけてるのは自分やで。



ブロック外そうよって心の中で思いながらも黙ってる自分も自分なんやけど、ね。



男性も女性も大人になったらシガラミの中で生きているんやなぁ。



人の目を気にして生きてるって、もうエエんちゃう?

他人に何言われても自分の真実を出したらエエのに。



そんなことを今朝コーヒー飲みながらふと思いました。




 
お知らせ
 

⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)

昨日こんなことしてから帰宅しご飯を作っていた時のことです。






(筑波の宇宙と繋がる場所にて)


息子が、「お母さん、ジョーブログ(長い自叙伝)読んでみて!」とやってきました。


「この人、お母さんと同じ人生や!」と。


要約しますと、ジョーブログのジョーという人は幼い頃に母親が家からいなくなり、ある日突然お父さんが若い女の人を連れてきて、それが新しいお母さんやと。

ジョーの祖父は厳格で躾に厳しく、でも亡くなる前にジョーへ、「好きなことしなさいよ」と言ったのが最期の言葉。




「いやいや、アタシはお母さんとお父さんから愛情たっぷりもらって育ったよ。お父さんの会社倒産してから生活が反転して貧乏やったしヤクザが怒鳴り込んできたりしてたけど、親は違う女の人とか男の人を家に連れ込んだりしなかったよ。でもねおじいちゃんは無茶苦茶厳しかったなぁ」



「俺な、ビックリしてん。お母さんが出て行くとか、子供だけで家事するとか、分かれへん」


「世の中にはなホンマ壮絶な人生歩んでる人いっぱいいてるねんで。じゅんやが知らないこと、これから見ていくと思う。その時に自分自身と見比べないようにな。あんたはあんたやで」


「うん」



最近まで〈お知らせ〉欄に息子のブログリンクを貼っていましたがそれを外したんです。

もうすぐ就職するし、お互いの距離を保とうと話し合いの結果です。

しかし今回は貼ります。


彼、かなり吟味して言葉を選びながら書いてますが、息子の言いたいことは伝わるかと思います。

嫌なことを乗り越えて兄に負ける自分を腹立たしく思いながら結局は自分は自分、兄は兄と答えを出したことに親として嬉しく、そしてよくここまで道を外さずにガンバッてきたなと褒めたい想いです。






いつも笑顔で、苦労なんてしてないように見える人はいっぱいいます。

でもね、それは表に出してないだけ。

人の内面は本人しか分からないし、そして苦労はその人それぞれありますし。


わたくしなんてこの仕事してなかったら自分の苦労話を一生黙ってるつもりでした。

ひょんなきっかけからヒーラーになり、潜在意識と向き合うセッションを始め、自分の苦労話を書いてるのは、今はこんなに自由になったから皆んなも同じように軽く生きて欲しいなと思ってるからです。



わたくしも息子3が高校卒業して成人したら自叙伝を出版しようと考えてます。

これは三人の息子と相談したことです。

今は周りとの兼ね合いで書けないことがあるので。





自分自身、自分の人生が壮絶だったと思います。

そしてクライアントさんの相談を聞いてますと、ホンマ世の中不条理やなぁと思うのです。




親が子供捨てて、
知らない男の人を家に連れ込み、
目の前でイチャイチャし、
ご飯も作らずに、
子供が犯罪起こしたら気絶するまで殴り、




裕福な家庭で、
トップクラスの学校へ入れ、
成績が落ちるとナイフで脅し、
食事も与えず勉強させる、



お前はバカだバカだと、
何を言っても否定され、
それでも親のことは好きで、
バカだバカだと言われながらも、
親の面倒を見る、



タバコの火を押しつけられて、
それを他の大人に見せ、
かわいそうにと思ってもらうのが喜び、





まだまだありますよ。
壮絶な人生送っている人はいっぱいいる。





「自分の人生を人と見比べないように」

息子にそう伝えました。




「中途半端な気持ちで人の人生に介入してはいけないよ」

今日は二人で出掛けるので、それを話そうと思っています。





自分だけではない、苦労なんてしたくないけどしている人が多いんだ。人は笑顔の裏に涙や闇を抱えて生きているんだと気付く。
よし、自分も前を見てガンバッて歩いていこう。


そう思ってくれたらもっと嬉しいです。




 
お知らせ
 

⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)



2月18日(日)
6時〜16時まで
【無料電話相談】を致します!

ご登録された番号へ(国際電話、IP電話不可)おかけ致します。


10分くらいですがどうぞお気軽にお申し込みくださいませ(^^)

リピーター様もOKです。


お申し込みはこちら⇒無料電話相談


では、よろしくお願いします!


 
お知らせ
 

⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開運プロデューサー文原由紀子です。
(ふみはらゆきこ、と読みます)


昨日、久しぶりに緊張しました。

お友達から「自分が入ってる会においで」と誘われまして、行ってみますと8割がスーツを着た男性。

異業種交流会だったんですが、わたくし、ここに居ていいのか?と。

一人一人、自分のやっていることをお話されて。

そしてゲストの番になり、わたくしも。




どない説明したらええんやろうか。

心と身体の癒しを提供する仕事です、とかなんとかしどろもどろで。

いやぁ、ホンマに自分が苦手なことするのってキッツイわぁと思いました。



なんかね、みんな賢そうで、わたくしの話をバカにされそうでって想いが先に立ったんです。




(やばい、帰りたい病が出そう)



でも友達の顔があるのでとにかく時間内はしっかりしようと背筋伸ばして皆さんのお話を聞いてました。


そしたら、だんだん楽しくなってきましてね。


(え?こんな世界もあるんや!)

異業種交流会ですから、様々な仕事の話に夢中になってきたんです。




よかったぁ、帰らんで。




また来月もあるのでゲストとして参加させてもらうつもりです。



知らない世界を見ることは勉強になりますわ。

声かけてくれた友達に感謝や。


 
お知らせ
 

⚫︎由紀子の円満離婚記事

 

⚫︎メニュー・ご予約

 

⚫︎メニューなどへお問い合わせ

 

⚫︎由紀子のメルマガ

 

 

神奈川・東京・埼玉・千葉・長野・山梨・秋田・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・島根・宮崎・鹿児島・沖縄・海外にお住まいの方々がクライアントさんです。 遠方の皆さまどうぞお気軽にご連絡くださいませ。
 

Facebookでは日常の話や写真を載せています。  copyright(c)fumiharayukiko all rights reserved

コメント(0)  |  リブログ(0)