11/17にMさんが、ついに白猫を保護!  11/30 大熊町 活動報告  | まだおのブログ

まだおのブログ

ブログの説明を入力します。

嬉しいお知らせがあります。

 

9月下旬から、餌場に現れた白猫

その後、10月中旬まで姿を確認できなかった。

(カメラやSDの不具合もある)

この餌場は、野生対策をしていなかったため、猫が来ても

フードが残っていたかは不明。

近くの餌場カメラにも映らず・  

 

1度発見できた猫は、何としても保護したい!

見失うのは本当に辛い。

 

この餌場に留まるよう、前回活動(10/26)で餌台を設置し、

フードが1週間は持つような作業をしました。

 

翌週、Mさんから届いた写真

10/27 餌台に上がっている!  皆さまからの支援フードを

充分食べれたはず  空腹から解放されたかな。 

 

 

痩せていた白猫は、11/17 無事に

Mさんが保護してくださいました!

特徴のあるシッポだから間違いありません。

餌台のある位置から100mほど離れた場所(元依頼者さま宅)で

捕獲器の回収時、近くに白猫を発見。

そこから諦めずに、時間ギリギリで間に合ったそうです。

素晴らしい!

 

Mさん、そして応援してくださってる皆さま、

本当にありがとうございます!

 

 

 

11/30

今月は私用が重なり、今回は

最長でも4時間しか活動ができません。

 

餌台のアライグマ対策をし、給餌やカメラ関係など

間に合わないことは、翌日にMさんが活動するので

連携をとりました。

 

白猫は、無事に保護出来きて嬉しかった

 

さらに!

6月下旬がら姿を見せなくなった黒猫(顔はキジの白ソックス)を、

11/01 姿を発見!

こちらも特徴のあるシッポなので間違えはないと思う・

餌台に上がっている姿は映っていませんが、同じ猫ならOさま宅

でジャンプの経験はあるのでフードは食べれるはず。

気づかないのかな?

 

設置から1ヶ月、毎週活動しているMさんからの情報によると、

フードが残っている時と空の場合があるらしく・・

設置2日後には、案の定アライグマ・・ カラスも少々・・

上がり方や食べ方を見て仲間たちは学習し、

負の連鎖が始まります・

その結果、猫は離れてしまいます。

 

 

 

下準備した材料で、時短の設置をしていきます

前回、ひさし(屋根)?の形状を確認するのを忘れ、取り付けは

ほどほどに、強度は問題ないと思います

これで上下(過去に使っていたバケツより大きい)の対策はOK 

あとは、ジャンプ後の天板部のみ・・と、願いたい

 

こちらは、カラス対策 筒を長くしたが、手前のフードをカラスが

食べてしまう → 少々でも食べれることがわかると

日中にカラスが集まる → その数が多いと、猫は離れてしまう

 

2週間ほど前に、Mさんに付けてもらい効果はあった

カラスは見えない?モノが身体にあたるのを嫌がる傾向がある

今回は、剥がれてしまったので、臨時的に再度貼り付けます

 

作業を終え、猫が映っているかもしれない場所だけSDを回収

し、本日の活動を終了

 

 

 

 

帰宅後、しばらくしてデータを確認

11/29 果樹園 2台のカメラ  あの黒猫ですね・・

餌台の餌場には映ってなく、またこちらに戻ってきました

翌日活動のMさんに、データを送りました

 

 

 

 

12/01 午後になり、Mさんから連絡が入りました

ついに黒猫を!  Mさん、保護できたそうです!!

果樹園です  たぶん あの猫でしょう(涙)

 

詳細は、次回となります。

 

 

この数ヶ月間、カメラで確認できた猫の保護は全て終わりました。

今後、猫がカメラに映らなければ来年の3月には

活動を終えることを視野に入れ、

これからの様子をみながら考えていきたいです。