9/22  10/26 大熊・双葉町 活動 | まだおのブログ

まだおのブログ

ブログの説明を入力します。

9/22

4月から約2ヶ月間、餌場カメラ(Oさま宅・果樹園)に映っていた猫は、

現在も未だ姿が確認されていません。

 

辛いところです。

 

いつものように捕獲器をセットし、他の場所の給餌に廻ります。

 

 

大熊町

果樹園

 

Sさま宅

 

双葉町

2軒並の元依頼者さま宅 跡地  久しぶりに寄ってみましたが

更地になっていました

 

来春再開予定の双葉駅  駅前の風景  活気は戻るのか・

駅から100mほど離れると、震災直後と変わらぬ街並み

 

双葉町で給餌などの活動を終え、大熊町へ戻る

捕獲器回収、カメラ関係、給餌をして活動終了

今回も、もどかしさを残しながら帰還困難区域を後にします

信号を右折し、スクリーニング場へ向かいます

 

 

 

 

 

10/26

10月初旬、Mさんから写真が送られてきた。

9/23(前回活動の翌日)  9/28  9/30   白猫・・・

こちらのお宅は、Mさんが護ってきた餌場で

今までの中で一番多くの猫を保護してきた場所と聞いています。

 

数年前に餌台は壊れ、毎週のようにMさんが給餌をしても

野生動物は多く、フードは一週間もちません。

 

[犬猫救済の輪]代表の結さんから、お話しを受け

Mさんと相談した結果、餌台を設置することにしました。

 

 

大熊町

先ずは果樹園に捕獲器をセット

 

 

2時間で餌台を設置

3時間ほどですが捕獲器をセット(母屋裏にも1台)

 

7月より給餌を止めていた Oさま宅

こちらもMさんと打ち合わせをし、今回から給餌を再開

 

双葉町や他の給餌を終え、捕獲器を回収

 

 

捕獲器にひもを付け、イノシシに遠くに転がされないような工夫をしていた

(以前、他の場所で10mほど転がされ、慌てて探した経験がある)

 

フードは8Kg入り、餌台に捕獲器もセット出来ます

 

カラス対策の筒は長くしたので、カラス・タヌキ・イノシシ・アナグマは

フードを食べられないはず  

ハクビシンは見かけないので、今のところはOKだが

アライグマは、学習しながら一週間ほどで上り始めるでしょう・・

 

10月に入り、白猫はカメラに映っていません

(そのうち、2週間ほどカメラあるいはSDの不具合でデータなし)

今後、白猫が現れることを願い、

かつお節と、またたびを まいてきました

 

 

 

 

楢葉町の拠点

[犬猫救済の輪]さんが募集してくださったフードです(~10/26)

 

今回も、大切に使わせていただきました。

 

感謝いたします。