8/24 大熊・双葉町 活動 | まだおのブログ

まだおのブログ

ブログの説明を入力します。

大熊・双葉町を廻りました。

 

3週間ぐらい一時立ち入りが出来ない期間が年に4回ほど

ありましたが、今年度の [帰還困難区域への一時立ち入り改定]

により、 条件はありますが 8/24  活動できることになりました。

 

今回受付できるのは、7ヶ所あるスクリーニング場で

2ヶ所のスクリーニング場のみです

 

第2原発 隣接のスクリーニング場

 

大熊町ゲートまで約20分 通常利用しているスクリーニング場

はゲートまで約10分  

活動できる時間は、H30年度から9~16時の最大7時間となり、

5時間以内の制限はなくなりましたが、移動に時間が掛かります

 

 

 

 

4月から約2ヶ月間、餌場カメラ(Oさま宅・果樹園)に映っていた猫は、

現在も未だ姿が確認されていません

保護出来ると信じ、捕獲器を設置します。

 


 

 

一定期間は、Oさま宅に伺わず、果樹園に捕獲器をセット

捕獲器は、1時間ほどの間隔で確認しながら

他の大熊町、双葉町の給餌をしていきます

 

 

 

皆さまからの支援フードを給餌

 

 

 

2020年 春 再開へ  双葉駅 

 

 

捕獲器をセットしてから1時間ほど経過

捕獲器の周りでカラスが鳴いている  

扉は閉まっているが、果たして猫か!?

 

みるとカラスでした・・しかも2羽

カラスは逃がし、改めてセット

 

設置カメラ映像

1羽入っている・

警戒心の強いカラスが、通常の捕獲器に入ったのは

過去に一度だけで、とても稀なこと

ドデカ捕獲器は、扉が大きいため入ったのか・

 

3種の自製捕獲器は、動物が入って怪我をすることがないように

工夫しています

(扉の下にゴムを貼り、挟まれても怪我はないように)

 

 

その後も、給餌や捕獲器の確認をしながら活動しましたが、

保護はできず・

持ち帰ったカメラデータにも猫の姿はありませんでした

 

 

 

 

今回の活動は、[犬猫救済の輪]さんが募集してくださった

フードを使わせていただきました。

 

ありがとうございました。

 

 

活動後、飯舘村で お世話になりました 日比さん ご夫妻

宅へ、ご挨拶に伺いました。