ヒーリング・ヘナは最大のアンチエイジング!!

ヒーリング・ヘナは最大のアンチエイジング!!

東京都渋谷区代官山でヘナのみの美容室
東京、代官山で、ケミカルを一切扱わない、ヘナ専門のサロン、美容室、美容院
10年後も変わらぬ美しい髪を創り上げるヘナ職人のサロン

ヘッドセラピー・ヘナ専門美容室

自然なものの生命力は、私たちにエネルギーを与えてくれます。

ヘッドセラピーだけのサロンでも
ヘナを塗るだけ、ヘナで染めるだけの美容室でもありません。

ヘッドセラピーと、ヘナを融合させたヒーリング・ヘナのサロンです。

こころとからだの反射区でもある頭皮を癒し、
魂とこころとからだのバランシングを行ないながら、
美しく艶ある髪と頭皮を健康にするお手伝いをいたします。



Henna

きら「キレイな髪!」きらと、
誰もがうらやむツヤツヤ、天使の輪!天使の輪...(笑)
あなたもそんな髪に戻してみませんか?

あなたが、輝く美しい髪を取り戻すことは難しくはありません。




髪NISHIYAのHPは、こちら



東京、渋谷区代官山で、ケミカルを一切扱わない、ヘナ専門の美容室(プライベートサロン)
ナチョラルで豊かな、美しく艶ある髪をあなたへ!!

頭皮は、紫外線を浴び過ぎると
・やけど
・皮脂の過剰分泌によるベタつき、湿疹、臭い
・乾燥によるフケ
・たるみ
を引き起こしてしまいます。

私たちのからだは紫外線を浴びると、ダメージから守るために「活性酸素」を大量に作りだします。
 

この活性酸素は、肌の酸化を進行させてしまいます。

活性酸素は、体内の「抗酸化酵素」の働きで防ぐことができますが、


あまりにも増え過ぎてしまうと、防御が追いつかなくなってしまします。

 

 

さらに加齢に伴い、抗酸化酵素の働きは弱くなってしまいます。

防ぎきれずに残った「活性酸素」がシミの原因である「メラニン」を増やし、
 

お肌に弾力をだす「コラーゲン」を少なくするために、シミやシワなどにもつながってしまうのです。


頭皮もまた、紫外線を浴びると、肌と同じように活性酸素が発生し、乾燥が進みます。


そこで乾燥から守るために、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

しかし、コラーゲンが減少し、水分が失われているため、オイリーな質感となり、

 

頭皮もベタベタになってしまいます。


さらにその皮脂が空気や紫外線に触れることで酸化が進み、

酸化した皮脂は毛穴にも詰まりやすく、細菌が繁殖し頭皮の環境を悪化させます。

頭皮が臭い!

湿疹が出てきた!

などのトラブルに繋がってしまいます。


紫外線は頭皮環境を悪化させるだけでなく、

 

紫外線自体が頭皮の奥まで入り込むと「光老化」を引き起こし、

 

徐々に細胞を壊し、毛根がダメージを受けてしまうと、細毛、抜け毛、白髪の原因となってしまいます。

 

一度傷んでしまった髪は、完全にはもとに戻らないという事実があります。

 

そして一度生えてから抜けるまでの髪の寿命は5〜7年といわれているので、

 

その期間中、ダメージを受ければ受けるほど髪質への影響は深刻なものとなってしまいます。

 

だからこそ日頃のケアが重要となってきます。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

気候がなかなか安定せず、髪の状態が揺らぎやすいこの季節は、

 

紫外線対策が必要な時季だということをご存知でしたか。

 

春の紫外線量は、真夏にも負けないほど強力なものです。

 

本格的な春はまだまだだからと対策を怠っていると、頭皮や髪にダメージを与えてしまいます!

 

 

だからこそヘアケアとして、ヘナを始めるべきなのです。


春の紫外線UVAは、真夏と変わらない量だということ!?


紫外線には、UVBとUVAの2種類があり、

 

一般的に日焼けと呼ばれるものは全紫外線の約10%を占める、UVBの仕業です。

 

エネルギーがとっても強く、表面に作用するため、ダメージの原因に・・・

 

一方のUVAは、紫外線の残り約95%を占めるものですが、エネルギー自体はさほど強くありません。

 

しかし、肌の奥、真皮層にまで到達すると考えられており、

 

肌のハリや弾力のもとになる細胞組織を破壊するといわれています。

 

 

UVBは真夏に最も多く降り注ぎますが、UVAは4月の春から多くなり、

 

その量は真夏と変わらないほどといわれています。

 

例えば、春になると肌にトラブルが出たり、赤みやかゆみが出る人は、

 

紫外線によるダメージだとも考えられます。

 

 

1年の中でも最も強くUVAが降り注ぐこの時季だからこそ、念入りな紫外線対策が大切となります。

 

 

UVAが多くなり、髪が傷む時期の始まりといえます。

 

そのために、髪の深部にまで侵入してくるUVAから、いかにガードするかが大切となってきます。


髪は、肌に比べると、メラニン色素が多いので紫外線には強いのですが、

 

浴び過ぎると髪のたんぱく質に悪影響を及ぼします。

 

紫外線によって、たんぱく質の結合が切れ、髪がもろくなってしまうのです。

 

その結果、乾燥やパサつき、枝毛や切れ毛の原因となってしまいます。

 

さらに、髪の根元にある毛母細胞がダメージを受けると抜け毛や薄毛、白髪の原因にもなりえます。

 

そして、紫外線により活性酸素が過剰に発生すると

 

正常な細胞が傷つき頭皮のたるみなど老化が進行します。

 

また、肌のお手入れを十分にしていても、頭皮に近いところにある肌は、

 

その影響をダイレクトに受けてしまい、シワやシミなど肌老化も進行してしまいます。

 


ヘナのオレンジ色素は、ローソンと呼ばれています。

 

実はこのローソンが秀逸な紫外線対策を施してくれるのです。

 

ローソンは、

 

紫外線を強く吸収し、水で抽出できるため”サンレスタンニングサンスクリーン剤”として使われています。

 

 

一度傷んでしまった髪は、完全にはもとに戻らないという事実があります。

 

そして一度生えてから抜けるまでの髪の寿命は5〜7年といわれているので、

 

その期間中、ダメージを受ければ受けるほど髪質への影響は深刻なものとなってしまいます。

 

だからこそ日頃のケアが重要となってきます。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

久しぶりの投稿となります。


美髪を育むために、重要なこととして、

 

シャンプーやコンディショナーなど、個々の髪質に合ったものを選択していくことや、

 

シャンプーの方法、髪を乾かすことなど、普段の個々のお手入れも含まれます。

 

 

シャンプー後の髪が濡れた状態というのは、

 

髪の毛の表面にあるキューティクルが開いてしまっている状態などなどの理由から、

 

髪を傷めやすく、なるべく適正な水分量へと髪を乾かす必要性があります。

 

個人に合ったシャンプーなどを使用していても、髪が痛みにくいヘアアイロンを用いてても、

 

お風呂上りに自然乾燥が当たり前となっている場合は勿体無いこととなってしまいます。

 

髪の毛のダメージだけではなく、湿った状態の頭皮を放置することもおススメ出来ない状態です。

 

頭皮が湿った状態は細菌が繁殖しやすい環境下にあり、頭皮のかゆみ・臭いの原因となります。

 

頭皮の臭いという悩みを持つ方に、意外と女性が多く見受けられ、頭皮を乾かすということは

 

とても重要なケアとなります。

 

髪の毛量が多い方や髪が長い方は、時間がかかってしまうドライが、ついつい面倒となってしまい

 

自然乾燥が常態化している方々も多いことかと思います。

 

美髪を育むためにも、髪をよい状態へと乾かせること、面倒なドライを快適にできるドライヤーを

 

選択することをお薦めいたします。

 

髪NISHIYAでは、昨年からよりよいドライが期待できるダイソンを使用しています。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

運動不足やストレス、生活習慣によって、手足のむくみや肩凝りに悩まされている方は

 

たくさんいらっしゃると思います。

 

凝りは、筋肉の血行が滞り、老廃物質が蓄積されて起こるといわれています。
 

血液は、筋肉の伸縮によって、送られ、逆に筋肉が動かない状態では血行が悪くなってしまいます。

 

同じ姿勢を続けていると、筋肉が硬くなり、酸素や栄養分が末端まで届けることができず、

 

老廃物も排出することができなくなるといわれています。


頭皮は、様々な悩みと繋がっています。
 

 

これらの様々な悩みの原因が、頭皮に蓄積された老廃物の固まりだということ、

 

そして、これらを排出することで、解消することができるといわれています。
 

老廃物は、頭皮を硬直させたり、髪をうねらせたり、

 

頭皮の血行を滞らせ、髪の成育を阻害するなどの原因を作っているといわれています。
 

さらに、顔の筋肉は頭頂部で頭皮とつながっているため、

 

顔のたるみやしわ、むくみにも関連があるといわれています。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

 

 

あなたの頭はどんな形をなさっているのでしょう。

 

私たち人間の頭は、丸い形をしているはずなのに。

 

触ってみると、丸い形ではなく、意外と凸凹しているなと感じます。


これは細胞の死骸やかけら、そして、乳酸などの老廃物が

 

頭皮などに蓄積され、癒着しているためといわれています。


例えば、「乳酸」は頭皮を硬直させたり、髪をうねらせたり、

 

頭皮の血行を滞らせ、髪の生育を阻害するなどの原因ともいわれています。
 

さらに、顔の筋肉は頭頂部で頭皮とつながっており、

 

顔のたるみやしわ、むくみにも関連があるといわれております。

 

 

髪に対する多くの悩みを根本的に解消することを目的に

 

髪NISHIYAでは、ヘナを施術しながら、頭皮や顔の皮下に蓄積された老廃物を
 

排出する手助けを行ないます。

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

 

 

当然のことですが、十分な睡眠をとれた後は、からだが元気になります。

 

気力が充実し、活気にあふれたものを感じることができます。

 

しかし、睡眠時間があまりとれていない状態のときは、

 

動きの切れがなく、頭も朦朧としています。

 

実は、「髪」も同じなのです。

 

睡眠を深くしっかりと寝ている時と、睡眠をとっているつもりでも寝ていない時とでは、

 

大きな違いとなります。

 

 

何故ならば、それは、「睡眠は、修復の時間」となっているからです。

 

 
昼間に受けたダメージなどを、寝ている間に、働く免疫細胞やホルモンによって

 

修復するのが、睡眠の時間といわれています。  

からだは、毎日の充分な睡眠によって、疲れから解放してくれます。

 

睡眠は、臓器の免疫力を高めて、体力を回復させてくれるからです。

 

睡眠が不足すると、からだの疲れがとれないだけではなく、からだの機能も低下します。

 

そして、先ず、ストップされてしまうのが、実は髪や頭皮へのバックアップということになります。

要するに、髪は他の臓器等に比べて重要度が低いと、からだが判断し、

 

優先順位の高い場所から先にケアするために、髪への栄養を送らないというシステムが

 

稼働するようになっているのです。

 

そのため、睡眠不足によって、ダメージを受けるのは、髪と頭皮ということになります。
 

ヘアケアにとって、いかに睡眠が大切だということです。

睡眠は、髪の成長が促進される、最も大切な時間といわれていますが、

 

単に、“睡眠不足に陥ると他のことを優先され、ケアが後回しになるからだけ...”ではありません。

 

なぜ「睡眠によって髪は育つ」のか? それはさらに。。。 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

 

 

※亜鉛の必要摂取量と摂取方法
 

亜鉛はどういう食物に多く含まれているのでしょう。

 

亜鉛を多く含む食物を積極的かつ効率的に摂取することで、

 

からだの機能や毛髪の成長を助けることにつながっていきます。

 

昨今、慢性的に亜鉛が不足している人が多いといわれているので、

 

継続的に亜鉛を摂取されることをおススメします。

 

食材 100gあたりの亜鉛含有量
牡蠣(生) 13.9mg
牛肩ロース 4.9mg
煮干し 7.2mg

 

など他にもたくさんありますが。。。

 


亜鉛の吸収を効果的に助けるクエン酸やビタミンCを合わせて摂取するのもいいといわれています。


亜鉛不足を引き起こす食生活
 

その一方で、亜鉛不足を助長する食べ物があることも覚えておいてほしいものです。

 

スナック菓子やファストフード類は、亜鉛の吸収を邪魔するフィチン酸が含まれているので、

 

このようなものばかりを食べていると、亜鉛不足に陥りやすくなります。

 

スナック菓子やファストフードのようなフィチン酸を含む食材はできるだけ控えたほうがいいと思います。

また、レトルト食品ばかりという食事もあまりおススメできません。

 

レトルト食品には、ポリリン酸といった亜鉛の吸収を阻害する成分が

 

食品添加物として使用されているといわれているからです。

反対に、健康を意識しすぎるあまり、野菜ばかりに食事が偏るのもひとつの問題です。

 

野菜に多く含まれている食物繊維や、ほうれん草、キャベツ、レタスなど

 

多くの野菜に含まれているシュウ酸が亜鉛の吸収を妨げるといわれているからです。

 

そのため、肉や魚を一切食べず、野菜や果物のみといった食生活を送っていると

 

亜鉛が不足するといわれています。

さらには、せっかく亜鉛を摂取する食事を心がけても、

 

アルコールを一緒に飲むと意味がなくなってしまいます。

 

アルコールは、体内で分解される際に、亜鉛を消費してしまうため、相性がよくないといわれています。

このように亜鉛は、組み合わせによっては吸収が妨げられたり、消費されるというです。
 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

 

 

ケラチンは18種類のアミノ酸によって構成されています。


その中でも割合が多く含まれているのが、シスチン・グルタミン酸・ロイシンとなります。

 

しかし、それらを多く摂取するだけでは、体内のケラチンを増やすことはできないのです。

 

体内でケラチンを生成するために、必要な栄養素を摂ることが重要になります。

 

 

そのケラチンの形成に必要な栄養素が「亜鉛」です。

 

 

 亜鉛が不足するとケラチンの生成が滞るため、

 

髪のハリ、コシがなくなり、髪のサイクルが乱れて、髪に元気がなくなる原因ともなります。

 

 

ただし、亜鉛はあくまでもケラチンの生成に必要な成分です。

 

亜鉛を摂取したからと、すべての毛髪トラブルに改善・予防効果があるわけでもありません。

 

髪のトラブルを引き起こしている原因として、亜鉛不足も考えられますが、

 

他の原因があるかもしれないということは、念頭に置いておくことは大切です。


※亜鉛はからだで作れない!?
 

亜鉛は、体内で合成することはできない成分といわれています。

 

また、一度摂り入れた亜鉛は、しばらくすると消費される、もしくは排泄されるため、

 

食事などから定期的に摂取する必要があります。

さらに、亜鉛は体内にある数多くの酵素の活性化にも寄与します。 
 

 

酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・分布・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に

 

関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。

 

 

この酵素を正常に作用させるために不可欠なのが亜鉛といわれています。

 

亜鉛が不足すると、からだのいたるところで不調をきたしやすくなります。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

 

ケラチンを不足させないためには、食事が大切となります。


その中でも「シスチン」「グルタミン酸」「ロイシン」などは、身近な食材から摂取できる


アミノ酸といわれています。

これらのアミノ酸は、どのような食材に含まれているのでしょうか。

 

シスチン 穀物類(米や小麦粉など)、豆類、魚介類、肉類
グルタミン酸 豆類、ごま、緑茶、トマト
ロイシン 牛肉、レバー、アジ、鮭、ほうれん草、乳製品、大豆製品

 

補足として、

「グルタミン酸(うまみ成分としても有名です。)」
出汁として使われる魚介類・昆布・椎茸に含まれていることは、ご存知の方も多いことと思います。
出汁を取るのもいいですが、昆布や椎茸は出汁を取るだけでなく、そのものを食べるのもおすすめ。

「ロイシン」
摂取しすぎると免疫低下に繋がる可能性があるともいわれています。
下記の食材については、過剰摂取や不足がないように注意してくださいね。

髪の毛の主成分であるケラチンは、健康な髪にはなくてはならない存在です。
 

日々の食事に対して、ちょっとした心遣いで、摂取することができる食材なので、

 

食事制限によるダイエットなどは避け、バランスの取れた食事を心がけてください。


バランスのよい食事で、健康な髪のための土台作りを育みましょう。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA 

 

 

ケラチンが不足すると、髪はどうなるのでしょうか。
 

ケラチンが不足すると、髪に変化が現れてきます。

 

髪の主成分であるケラチン!!

ですが、タンパク質の不足やアミノ酸の不足によって、ケラチン自体が枯渇しはじめると、

髪が細くなり、弱くなる。
髪の成長が遅くなる。
髪のツヤが無くなる。


といった変化が現れてきます。

個体差はあるものの、アミノ酸の不足によって、髪が育ちが遅くなり、

 

薄毛の原因になることもあります。

健康な髪を育て、薄毛の予防、対策のためにもケラチンやケラチンを構成するアミノ酸は

 

必要不可欠といわれています。

ケラチンを不足させないためには、まずは「食事が大切となります!!
 

でわ、どのようにすればケラチンやケラチンを構成するアミノ酸を補うことができるのでしょうか。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自然なものの生命力は、私たちにデトックスを促し、エネルギーを与え、

             ときには癒しを、ときには気づきを与えてくれます

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 


東京 渋谷、代官山、恵比寿 
ヘナ専門プライベートサロン(完全予約制 1日3名限定)
 

ヘナ専門美容室 髪NISHIYA