林歯科医院です。

 

今週のお花をご紹介させて頂きます!

今週のお花は、「シンピジューム、トルコキキョウ、クレマチス、アオモジ、桜」です。

「シンピジューム」(写真 黄色のお花)

季節:最盛期は12~5月。周年で回る花。

シンピジュームは1月9日にもご紹介させて頂きましたが、ここではおさらいとして、ご紹介させて頂きます!

シンピジュームの花言葉は、「飾らない心」、「素朴」、「高貴な美人」、「華やかな恋」です。シンピジュームは、シンビジウムとも呼ばれます。シンビジウムという名前は、ギリシア語の「Cymbe(舟)」と「eidos(形)」を語源とし、この唇弁(ラン科植物にみられるくちびる状の花びら)の形に由来すると言われています。

 

 

 

「トルコキキョウ」(写真 白いお花 大)

季節:5~8月

トルコキキョウは1月9日にご紹介させて頂きましたので、今回はおさらいとしてご紹介させていただきます!

花名のトルコキキョウは、つぼみの形がトルコ人のターバンのようであり、花の姿・色がキキョウに似ていることに由来するともいわれています。花の名前にトルコとありますが、原産地は北アメリカです。

トルコキキョウの花言葉は、「すがすがしい美しさ」、「優美」、「希望」です。色は紫、ピンク、白、黄色、緑、青など様々です。

 

 

「クレマチス」(写真 白っぽい紫色のお花)

クレマチスは、11月6日にご紹介させて頂きましたが、今回はおさらいとしてご紹介させて頂きます!

クレマチスの花言葉は、「精神の美」、「旅人の喜び」、「策略」です。花名のクレマチスはギリシア語の「klema(つる)」に由来します。その名の通り、修景用のつる植物として人気が高く、「つる性植物の女王」とも呼ばれています。クレマチスは、花が大きく観賞価値の高い品種の総称になります。

 

「アオモジ」(写真 緑の実)

季節:3月~4月(開花時期)

アオモジは、2016年11月にご紹介させて頂きましたが、今回はおさらいとしてご紹介させて頂きます!

アオモジの花言葉は「友人が多い」です。広がった小枝に葉に先立って淡黄色の花をつけます。クスノキ科のクロモジ属クロモジに対し、枝が緑色を帯びている所からアオモジと呼ばれ、芳香があることから爪楊枝の材料とされています。成熟した果実はレモンのような香りと、辛味があることからショウガノキの呼び名もあります。

 

 

「桜」(写真 つぼみ)

季節:3月~4月(開花時期)

「さくら(桜・サクラ)」の花言葉は「精神の美」「優雅な女性」。

卒業から入学の時期に咲く、日本の春の花代表ともいえるような樹木です。

桜の特徴として、開花している花は比較的短い枝に付いています。花の色は種類にもよりますが、白、薄桃色、濃い桃色などをしています。花びらも一重や八重があります。桜は種類によっては、赤い果実(さくらんぼ)を6月頃付けるものもあります。

また、日本の春の花代表である桜は種類が多く、自生している種類だけでも15種類位あります。園芸用に品種改良された桜は300品種以上もあり、一般家庭の庭、公共施設の公園、街路にも植えられている樹木です。隣に生長が早い樹木があると、桜の樹形は乱れやすいです。

 

 

三重県松阪市嬉野須賀領町507-1

医療法人尚志会 林歯科医院

0598-42-7272

http://www.hayashi-shika.com/

以前の今週のお花はこちら

AD