糖尿病

テーマ:

 

こんにちは林歯科医院スタッフの長谷川です。

 

☆治りにくいニキビと糖尿病☆

 

治りにくいニキビの場合、肝臓ではなく膵臓に関連する「インスリン」に対して抵抗性のある人は大人になってからニキビなりやすいのでは...2015年12月23掲載のJAMA Dermatologyの記事によると...(JAMA Dermatol. 2015 Dec 23:1-5.)実際に、20歳以上でニキビの症状を強く訴えている男性患者100人に対して調査を行ったところ、ニキビのある人は、インスリン抵抗性が高くなっていたという結果になりました。血糖値が上昇するとインスリンが膵臓より分泌されて、血糖値を下げます。しかし、糖尿病の人の場合、インスリンが分泌されても血糖値が下がらないで、高血糖状態が継続することによって糖尿病と診断されます。インスリンがいくら分泌されても血糖値が下がりにくい場合、「インスリン抵抗性が上昇している」と表現されます。つまり、成人でニキビができやすい人は糖尿病予備軍である、とこの研究者たちは考えています。

皮膚科に行って診てもらっても、なかなか大人ニキビが治らない人は、一度、内科で糖尿病の可能性が無いか、検査してもらった方がいいかもしれません。

糖尿病は歯周病とも関係があります。糖尿病と歯周病は、まったく別の病気というイメージがあるかもしれません。しかし、以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つであると言われてきたのです。

実際に、糖尿病の人が歯周病である確率は、通常の人に比べて約2倍というデータがあります。

糖尿病は予備軍の方が多く最初は症状も分かりにくいので、少しでも何か気になる方は早めに内科で診てもらった方がいいかもしれません。早めに分かることで、生活習慣を見直したり、薬だけで良くなる病気です。

 

三重県松阪市嬉野須賀領町507-1

医療法人尚志会 林歯科医院

0598-42-7272

http://www.hayashi-shika.com/

以前のスタッフブログはこちら

AD